発電種類の方法・やり方・手順や使い方

発電種類の方法・やり方・手順や使い方


現在火力・水力・原子力のほかに、太陽光や風力、潮力、地熱、メタンガスなどの発電種類があります。市民レベルであれば太陽光パネルの購入で実現できるので、可能ですが、日常生活をまかなうほどではありません。温泉列島である日本では、地熱発電の研究も盛んですが、初期設定のコストに比べて売電のメリットが追いつかないため実施に踏み切れなくなっています。風力発電においても、騒音の問題もあって反対運動があります。取り組みとして面白いのは、潮の満ち欠けを利用した潮力発電で、これはまだ実験段階ですが、海で囲まれたわが国では魅力のある方法です。



発電種類の方法概要

水力発電は古くからある発電方法で、水の力でモーターを回して、そのモーターが回転する時に発電されるエネルギーを得る発電種類です。発電所では大規模な発電の設備が電力会社によって管理されていますが、個人でもこの発電と同じように発電を行う事ができ、そして発電を行って得ることができた電力は、バッテリーなどに蓄えられてから、一般家庭用のコンセントで活用する事ができます。自家用水力発電機の使い方は電力会社によって管理されている発電モーターと基本は同じシステムですが、一般家庭用では小規模で小さい分価格も安価です。ただし、発電電力は限られたものになります。

発電種類の手順・方法01

家庭用での水力発電では、発電する効率を上げるために通常はバッテリーと併せて発電を行う事が一般的です。バッテリーを活用せずに発電を行うことはできますが、一時的に発電を行う事ができる電力があまり大きくないことから実験的なシステムなど、使用用途が限られてしまうため実用的ではありません。そのため、一般的には通常家庭で発電する水力発電システムという場合、バッテリーを付属して発電を行うのが一般的です。水力モーターを回転させるためには大量の水が必要になるため、例えば下水道手前の排水パイプなどに設置して、水力発電の発電効率を高めるなどの工夫が必要です。

発電種類の手順・方法02

水力発電システムの要となるのは発電モーターです。これはインターネットの自家発電関連の用品が販売されているウェブショプなどにおいて販売されており、DIYで行う場合には取り寄せから設置まで自分で行う必要があります。設置工事業者に依頼して、自家発電システムを構築することも可能です。水力モーターは完全に水没する状態で、下水道手前の下水管のパイプなどに設置して、できるだけ雨水なども活用して効率よく発電する事ができるように発電システムを工夫する必要があります。モーターから発電された電力は直流の状態で回路を流れ、蓄電池に充電されます。

発電種類の手順・方法03

蓄電池の設置は家庭内において行い、ディープサイクルバッテリーと呼ばれる鉛蓄電池を活用します。このディープサイクルバッテリーは基本的に自動車に搭載されているバッテリーとほぼ同じですが、過放電や過充電に強い構造になっている高級品です。ディープサイクルバッテリーに接続された水力モーターは、発電された直流電流を活用して充電されますが、この段階ではまだ私たちが家庭用のコンセントから活用する事ができるAC100Vではありません。交流電力へと変換するためにはインバーターと呼ばれる電力変換装置を活用する必要があります。

発電種類の手順・方法04

蓄電池から送られた電力はインバーターの回路内へと入ります。インバーターの回路内では、直流の電力を交流の電力へと変換する回路があります。ここで蓄電池の直流電力が、私たちの普段の生活で活用されている交流100Vの電力へと変換されます。直流から交流電力へと変換される際に、やや複雑な回路や、手順を経由してしまうため、多少の発電ロスが生まれますが、ほとんどの電力は100%自家発電でまかなった電力で家電製品へと送られます。自家発電電力はあまり大きな電力を起こすことはできないため、エアコンなどは難しいですが、LEDテレビ程度であれば十分閲覧可能です。

発電種類の手順・方法05

水力発電のシステムにはインバーターとバッテリーを活用しましたが、このインバーターとバッテリーを設置しておくと、他の自家発電システムを増設して発電電力を増やすことも可能です。例えば最近話題性が高まっている太陽光発電もこのインバーターとバッテリーのシステムに接続をする事が可能で、水力発電で発電した電力に加えて太陽光発電で発電した電力も加えて、自家用電力として活用する事も可能になります。水力、そして太陽光以外にも、風力発電のシステムもあります。これは風が吹くと発電モーターが回転して発電を行うシステムで、風力発電システムも、太陽光と同じように追加して設置することもできます。

発電種類の考察

現代社会では電気のエネルギーを使わない生活はなかなか難しく、電気はごく一般的な生活をする上で、必要不可欠な存在となっています。そんな電気を生み出すための発電種類はその国や土地柄、時代などによってさまざまですが、現在の日本では火力発電が主流となっています。火力発電は燃料を燃やして水を加熱し、それによって発生した蒸気でタービンを回して発電するという方法です。おもに汽力と内燃料、ガスタービンとコンバインドサイクルの四種類があります。次いで多いのが原子力発電で、他にも地熱発電や水力発電などが昔から使われていて有名です。

発電種類のまとめ01(使い方や注意点など)

再生可能エネルギーは新エネルギーと呼ばれることもあり、未来の電力エネルギーとして昨今注目を集めています。その中でも有名なのが太陽光発電で、二つの太陽電池を重ねたソーラーパネルを太陽光に当てることで発電させる仕組みです。続いて注目されているのが風力発電で、こちらは風の力を利用します。簡単に考えると風車と同じ原理で、プロペラが風で回ることで、電力を発生させます。他にも潮力発電や波力発電などの海を利用した発電方法や、廃棄物を処理する際のエネルギーを利用するバイオマス発電、いろいろな熱に関する発電方法などもあります。

発電種類のまとめ02(使い方や注意点など)

人類は長い歴史の中で電気を作り上げ、その恩恵を受けて生活を進化させ続けてきました。当初はとにかく効率の良い電気を作ることが前提だったので、発展のみを目的に電気を利用してきました。しかしそれを続けた結果、燃料不足や環境破壊などの問題も出てきて、現在は今までの発電方法の技術を進化させつつも、再生可能エネルギーへのシフトが必要課題になってきています。また再生可能エネルギーは安定率こそ悪いですが、発電方法に関してはいろいろありますし、今後新たな発電方法が開発される可能性もあります。そして再生可能エネルギーの安定率を上げる技術を開発することが、今後の最大の課題と言えるでしょう。

発電種類のまとめ03(使い方や注意点など)

日常生活の中で、冷房機器は不可欠といえます。冷暖房機器を使用すれば電気を少なからず消費します。この電気は、現在のところ原発の点検、修復、核廃棄物の問題などでごく一部を除いて稼働していません。かつては、温室効果ガスを排出しないという理由で、全エネルギー生産量のほぼ30%を生産していました。今現在、火力発電で補っていますが、温室効果ガスを大量に排出することが課題となっています。自然再生エネルギーなどの発電方法に期待が寄せられていますが、この30%を補うには相当の技術革新が求められる現状、原発や核融合発電などを安全で効率よく利用できる方向性で発電種類の中核に置くべきではないかと考えます。



m001-163

100Mを速く走る方法・手順・使い方、メリットデメリットなど...

足が遅いということで走り込みをしていれば、速くなると思っている方がいますがこれは大きな間違いであります。短距離走の場合は...

m001-0778

湯煎の方法・やり方・手順や使い方

湯煎にかける方法は、鍋やボールにお湯をいれてから、ひとまわり小さい耐熱性のボールを底が湯につかるように入れて温めます。湯...

m001-0866

液晶テレビの修理方法・やり方・手順や使い方

液晶テレビが壊れたなら専門家に修理に出すことになります(自身で直そうとして分解するのは危険なのでやめましょう)。まだ保証...

pen, calculator and notebook

変動費計算の方法・やり方・手順や使い方・流れ

減価償却費や人件費という固定費と対比される、仕入れ原価に影響を受ける材料費、外注加工費等の変動費計算において、その単価と...

m001-228

古い灯油処分の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

まず古い灯油処分を行う方法として購入したガソリンスタンドに引き取ってもらうという方法があります。これは各ガソリンスタンド...

m001-1234

風量測定の方法・やり方・手順や使い方・流れ

風の量というものはその時々によって大きく変わるものです。特に天候が不順な時などには風量が逐次変わるものとなっています。そ...

m001-089

【掃除】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

お部屋掃除は、誰でもする必要があることが多いです。では、そのやり方や手順をしっかりと知っていますか。実は、その流れや掃除...

Man using tablet

【ウイルスチェック】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

パソコンやスマートフォンなどを使用している際、注意しなければならないことにウィルスへの感染があります。ウィルスに感染した...

m001-1235

皮下点滴の方法・やり方・手順や使い方・流れ

皮下点滴とは何なのか知らない人も多いと思います、このようなことは詳しく知っておく必要があるわけでやり方を覚えておく必要が...

m001-123

ブログの方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

現在では、個人がホームページを持つ事が珍しくなく、1人で複数のサイトを持っていても何の不思議もありません。その中でブログ...

m001-1298

とくとくBB解約の方...

とくとくBBを解約したいという方はBBnaviから行うの...

プールの水面

【水中ウォーキング】...

水中ウォーキングは陸上のウォーキングと全く異なる方法で歩...

Beautiful Sleeping Woman

【熟睡できる】方法・...

熟睡できる方法はいろいろあります。現代人はあまり睡眠時間...

m001-0592

筆算の方法・やり方・...

筆算とは紙に書いて行う計算のことで、足し算、引き算、そし...

m001-0526

LINE既読にならな...

LINEアプリでメッセージを送る方法は、簡単な反面、使い...