懲らしめる方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

懲らしめる方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

懲らしめるとは、悪いものだけに対して行う行為です。そしてその意味は、制裁などを用いて二度と悪いことをしないように反省させることです。ですから、それは復讐などとは全然違います。復讐とは、悪者などに酷い目に遭わされたことへの反撃です。その点、懲らしめることとは単なる反撃ではなくて、相手を反省させ悔い改めさせて、二度と悪いことをしないようにすることが最も大切な目的です。ですから、その目的が曖昧になってしまうと、「やられたからやり返す」のような傷つけ合いとなり、お互いに怨みや憎しみが増幅されるような事態となり、益々本質から離れてしまいます。

懲らしめる方法概要

悪いものを効果的に懲らしめるためには、その手順がポイントの一つになります。まず第一には、相手の何が悪いのか、どうして悪いのか、それを言葉で理解させる努力をしなければなりません。 その時、もしも相手が言葉だけで納得して反省すれば、それで目的は果たせます。そうすれば、こちらも手間が省けて助かるのです。しかし現実を考えると、言葉だけで反省してくれるような物分かりの良い悪者などは殆どいません。 しかし、それでもこの言葉の手順を省いてはいけないのです。なぜなら、言葉抜きでいきなり制裁を加えるような行為は乱暴であり、それでは単なる復讐と変わらないからです。

懲らしめる手順・方法01

最初の手順である言葉ですが、はじめから強い非難を浴びせるのは効果的とは言えません。なぜなら強い非難は相手を怒らせ、相手から冷静さを取り除いて興奮状態にしてしまうからです。そして興奮すればするほど、反省からは遠ざかってしまうのです。 ですから、はじめは説得調や説明調のような感じで、相手の悪い点を指摘して、悪い理由を伝えることが肝心なのです。どんな悪者でも少しは良心がありますので、態度では強く反発しても、心の中ではチクリと痛みを感じるものです。実はその痛みこそは、自分の悪行に対する反省や悔い改めの種のような存在なのです。

懲らしめる手順・方法02

当たり前のことですが、相手を反省させるためには、より効果的な方法を用いるべきです。そうでないと、せっかくの努力も効率が悪くなってしまいます。相手にも色々な個性がありますので、まずは相手にとって効果的な方法を探すのです。 たとえば相手が無教養で粗暴なタイプなら、こちらも難しい単語や言い回しは避けるべきです。なるべく易しい言葉を選んで臨まなければなりません。また、相手が高学歴でアカデミックなタイプなら、こちらもそれに合わせて理論的な言葉で対していくのが効果的です。 とにかく、最も効果的と思われる方法を探し出すところから始めましょう。

懲らしめる手順・方法03

もしも言葉で言っても相手が分からないとしたら、次は行動で分からせるのが自然な流れです。しかし一口に分からせる行動と言っても、鉄拳制裁のようなもの、経済制裁のようなもの、その他、制裁のやり方は沢山あります。 どうせやるなら、相手が最もダメージを受けるやり方にしましょう。どんな相手にも必ず弱点はあるはずです。弱点を見つけて、そこを攻めるのです。そうしてこそ、効果の高い制裁となるのです。 しかし、自分にも得手不得手などがあるでしょうから、当然、それも考慮しなければなりません。その上で、最も相応しいやり方を絞り込んでゆくのです。

懲らしめる手順・方法04

悪い相手を懲らしめるのは、苦しめることが目的ではありません。確かに、苦しめるだけで反省して二度と悪いことをしないケースもあるでしょう。しかし単に苦しめるだけでは、自分に対して憎悪の念をかき立てるだけで全然反省しないケースもあるのです。 ですから、「いかに苦しめるか」よりも、「いかに反省させるか」に重点を置いて懲らしめなければ意味は薄くなってしまいます。それを忘れてはなりません。 そのためには、こちらは常に頭をクールにしておかなければなりません。もしも頭に血が上ってしまうと、いつの間にか相手を苦しめることだけに気を奪われてしまいます。

懲らしめる手順・方法05

悪を懲らしめるためには、何か切り札のようなものを用意しましょう。それは相手の家族や身内、あるいは何か大切にしている宝物のようなものなど何でも構いません。もちろん、肉体的な弱点などでもいいのです。とにかく、一つでも切り札的なものを用意するのです。 しかし切り札は、決して使い方を間違えてはなりません。切り札の最善の使い方とは、ここ一番という時に、それをチラつかせるだけで使わずに済ませることです。切り札とは当たれば効果絶大ですが、その代わり、外せば形勢逆転となり、こちらがピンチに陥ってしまう危険もあります。ですから、使い方を間違えてはいけないのです。

懲らしめる方法の考察

さて、ある程度懲らしめることができてくると、あとは最後の仕上げが必要になります。要するに、相手が過去の悪行を反省すると共に、もう二度と悪いことをしないと心に誓うように上手く導くのです。その落としどころを探るのです。 つまり、相手が十分に反省していないのに制裁の手綱を緩めてはいけませんし、逆に十分に反省しているのに制裁をし過ぎてもいけないのです。その微妙な匙加減をしっかりと見極めることが、最後の仕事となるのです。 そもそも悪者が本当に反省しているかどうかは、相手の言葉だけでは分かりません。それゆえ、心を見抜かなければならないのです。

懲らしめる方法のまとめ01(使い方や注意点など)

自分が相手を懲らしめたと思っても、それが確認できるまでは油断してはいけません。何しろ相手は悪者です。口先だけなら、「私が悪うございました。もう二度と悪さはしません。勘弁してください」などと何とでも言えます。口先だけでは無くて、心の中から反省させなければ意味がないのです。 そのためには、相手の嘘を見抜くことが必要です。具体的には、相手が反省の言葉を口にしたあと、次には相手の態度をよく観察します。目つきや顔つき、動作や物腰など、体全体から発せられる雰囲気を感じ取って、本当に反省しているかどうか判断するのです。

懲らしめる方法のまとめ02(使い方や注意点など)

人間の直感というものは、いざという時には案外役に立つものです。相手が心から反省したかどうかは、相手の全体を見て総合的に判断しますが、最後の決め手は自分の直感であると言えます。最後は自分の直感を信じるのです。 ただし、そのためには直感を研ぎしましておく必要があります。怒りや憎しみ、焦りや動揺、悲しみ、疲労、ストレスなどは直感を曇らせます。直感を研ぎ澄ますためには、何よりも冷静でなければなりません。 それに自分一人の直感よりも、仲間の直感と合わせるほうが精度が高くなります。その観点からも、悪を懲らしめるためには仲間がいたほうが有利です。

懲らしめる方法のまとめ03(使い方や注意点など)

懲らしめるための流れは、事前に確認しておくのはもちろん、事後にも再確認しておくことも忘れないようにしましょう。なぜなら自分としては正しい流れで懲らしめたつもりでも、確認することで反省点が色々と見つかるものだからです。 人を懲らしめることとは、一歩間違えると残酷に復讐する自己満足だけで終わってしまう危険があります。そんな事態は絶対に避けるべきです。そのためには、一件落着したあとで反省会のような場をもつことが大切なのです。 もしも自己満足に陥ってしまうようでは、今度は自分が悪人となって誰かから懲らしめられてしまうかもしれません。そんなことも忘れないようにしましょう。

computers on the desk

パソコン設定の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

人間の中には健常者の枠から外れた人もいます。人権を保証されている彼らですが、身体能力の面で健常者よりも劣っている事は間違...

m001-0926

トマト接ぎ木の方法・やり方・手順や使い方

昨今家庭菜園を始める方が増えていると思われますが、その中でもトマトは栽培もしやすく人気の夏野菜の一つではないでしょうか。...

Calculator, pen and notebook

輸入消費税計算の方法・やり方・手順や使い方・流れ

海外から商品を輸入する際輸入消費税がかかりますが、これは単純に仕入金額に税率を乗じて計算するものではありません。輸入取引...

m001-1282

ようりん使用の方法・やり方・手順や使い方・流れ

ガーデニングを趣味としている人はたくさんいます。そのような人たちが最初に悩むのが肥料のやり方です。植物を育てるには水と光...

m001-1036

Gメールアカウント削除の方法・やり方・手順や使い方

Gメールアカウント削除の仕方がありした方がいいという場合もあります。URLが気に入らないという場合もあるわけですから削除...

m001-456

さくらんぼ計算の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

小学1年生の算数では、足し算と引き算とを学びます。最初は10以下の数字を使った足し算や引き算ですが、徐々に繰り上がりや繰...

m001-0609

星の撮影方法・やり方・手順や使い方

星撮影をするのには一般的な撮影方法では上手に撮影をすることができません。これは、星の光の量が非常に少ないためであり、上手...

Concentrated businesswoman using computer monitor in the office

画像透過の方法・やり方・手順や使い方・流れ

イラストの画像透過処理をおこなうには、それに対応しているソフトの使用が必要となってきます。透過に対応しているデータ形式と...

m001-0613

新にんにくの保存方法・やり方・手順や使い方

新にんにく保存は水分が多いため常温での保存は避けた方がいいです。すぐに使ってしまう場合は冷蔵庫に保存するのがいいですが、...

m001-454

さつまいもの保存方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

さつまいもといえばご飯のおかずとしてはもちろんおやつとしても食べられる、便利でおいしい食材です。また、食物繊維やビタミン...

m001-1106

携帯バックアップの方...

携帯バックアップについての記述をします。このバックアップ...

パソコンをする女性

パソコンを軽くする方...

パソコンは、使用し続けていることで動作が重くなったり、固...

m001-1312

ガラスブロック施工の...

ガラスブロック施工の流れとしては、まず始めに石膏ボードな...

m001-048

【パン保存】方法・手...

毎日朝食に食パンを食べる方は少なくありません。しかし、夏...

m001-044

【ヤフー・かんたん決...

現代社会ではインターネットがいつでも、どこでも利用できる...