盛り塩の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

盛り塩の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

盛り塩をするという行為があります。何のために行うことであるのか、人類の塩に関する使い方の流れでは、お金と同等の価値の物として取引されていた時代もあります。古代の人々は塩を作る方法として海の水から取っていたのです。欧米では岩塩が古くから発見され、使用されていました。貴重品として扱われた塩ですが、ある時味付けを発見した者により、現在に至るまで全ての料理に欠かせない調味料ともなっています。その歴史を見ると世界中でスタイルの違いはあるものの、塩が様々な儀式にも使われて来たことが分かります。山や洞窟など神秘的な場所から採取されることから特別な物質として扱うことから始まったようです。

盛り塩の方法概要

人々は塩の腐敗を防止する作用に気が付き、傷の消毒などにも効果があることから、悪を退散させる物として各地に塩の持つ効果が根付いていったのです。また身体の弱っている者に、塩を与えると回復することなどが分かり、科学的根拠よりも特別な霊力として信じられていた時代がありました。そのため、体内摂取を行わなくとも、塩を置いただけで魔物を寄せ付けないということに発展して行ったのです。科学的に見た場合、塩化ナトリウムによる殺菌効果があるため一定の害虫駆除にも効果を表します。魔除けの方法として沢山置けば効果も大きいと、山盛りで置いた流れが盛り塩の始まりの1つとなっています。

盛り塩の手順・方法01

盛り塩の効果について思い浮かぶことは何でしょう。様々な情報や噂から、運を良くすると考えて置いている方もいらっしゃることでしょう。あるいは、先祖の代から行っている毎日の日課になっている場合もあります。験担ぎという目的や、アクセントといったこともあります。それらを行っている方は、何かしらの効果を感じると推測はされますが、置いた日置かない日で何か違いを感じることに意味があります。例えば置かなかった日は良くないことが起こったというのであれば、その場所にやはり置くことの意味があると言えます。効果が変わらないようでしたら、置く位置が違っているということもあるのです。

盛り塩の手順・方法02

飲食店の店先で円錐形に象られた盛り塩を見かけることがあります。客側が魔除けという意味しか知らないと何となく客の立場からは、嫌な感じも受ける方もいるのではと感じます。店にそぐわない者は来るなという意味に取ってしまう可能性もあります。また入り口だけではなく、手洗い他店内の至るところに置いてあるとそれも気になります。飲食店が塩を置くということは、某国皇帝の側室達が自室に来て欲しいため、皇帝の乗り物を運ぶ動物が塩が好きであるのを利用して、部屋の前に塩を置いたことに始まるのです。権力を持つ愛する人に足を運ばせるための手段だったのです。

盛り塩の手順・方法03

魔除けや運気を上げるという効果を信頼して塩を使うのであれば、手順とやり方をきちんと行うことが良いでしょう。あたりまえのことですが、置く前には掃除が肝心です。玄関と外回りをきれいにしてから行います。この掃除はとても大切なものとなります。これだけでも充分に魔除け効果があります。それらのことは風水の使い方にも出て来ますが、それを理解していなくても人が生活して行く上で、玄関を含む掃除という方法は、健康管理面においても自然な動作であり、普通の作業なのです。泥だらけの靴があり玄関先が汚れたままの状態で、御利益目的の使い方では効果無しとなってしまうのです。

盛り塩の手順・方法04

効果がある正しい盛り塩とはどのようなものでしょうか。たくさん盛ることが良いことなのでしょうか。塩を盛っても良いことが無い、風を引いた、遅刻して会社で上手く行かなかったなどと思うのであれば、それは塩以前に考え方を少し変えれば問題のないことです。所謂暗示のようなものです。もしも、嫌な事があったとしても塩のお陰でこの程度のことで済んだのだと考えられる人には効果があったという事になるのです。目に見えないものの力を頼るということは元来、人それぞれの心の持ちようとなることが多いのです。例えば、砂糖を持っておくと良いことがあると根拠があれば、果たして盛り砂糖を行う人がどのくらい居るのでしょうか。

盛り塩の手順・方法05

御利益を期待して盛り塩を行うのであれば、塩が居心地の良い環境を整えてあげることが手順の一番最初となります。塩を大切なものとして扱うということです。お猪口などに塩を入れて逆さにおいて取り外した状態で置くやり方を見かけます。その場合、地面に直接置くよりも入れ物に入れた方が良いでしょう。白い小皿は2つで一対になる物、あるいは小さな陶器を入れ物とします。また、特別なことに使用する場合以外、一般的に高い所に置かないのには、交換する際や落下により目に入ってしまうことを避けるためです。置く入れ物にもこだわりたいという方には、専用のグッズも販売されています。

盛り塩の考察

手軽な魔除け効果として重宝する塩の使い方で、盛り塩をすると家相が良くなるとして安易に置いているのなら本当に置いて良い方角や場所が正しいかということに着目する必要があります。専門家に鑑定を行ってもらって置いているという場合は良いのですが、自己判断で適所でないところに数箇所置いているなら逆効果となってしまうことがあります。塩を盛る方法について検討する必要性があるかもしれません。魔除けに対してどのくらい本気で取り組むかという気持の入れ方にも寄りますが、その1点に集中して深く考え込まないことが快適に運気を呼び込む第一歩となるということもあります。

盛り塩のまとめ01(使い方や注意点など)

盛り塩を置くことを始めたら、最低でも2日か3日で交換しましょう。塩は陰の気を好む性質がありますので、置きっぱなしということは吸い込んだ邪気を帯びたまま、その場所や家に停滞してしまうのです。そのため、入れ物も常に清潔にすることも重要です。塩を取り替える時には容器の清掃、合わせて置き場所の周囲もきれいに掃除を行うことです。それらの作業が手間となるようであれば、元々置かない方が良いと言えます。掃除だけで充分に魔除けとなるからです。また、魔除けの効果を期待するのであれば、撒くという方法も古くから行われている塩の使い方です。

盛り塩のまとめ02(使い方や注意点など)

使用する塩の種類については、賛否両論があります。霊験新たかな産地の塩、霊峰の塩、海水から採取された塩など世界中の塩が手に入る時代です。これこそが本物の厄除け魔除け効果がある塩の種類というのは、残念ながら定かではありません。塩自体の持つ成分そのものに殺菌、防腐効果があるのでどの塩でも50歩100歩のような感じはあり、天然である塩の中での優劣はつけ難いと言えます。1つ明確なのは、岩塩、天日の物が良いということ、化学的に生成されたものでないことが望ましいことです。自然のパワーを使うということが必須となるからです。

盛り塩のまとめ03(使い方や注意点など)

誰でも運気は下がるより上がることを望みます。その中で厄除け、魔除けなど目に見えないものを追い払うという効果を期待した風潮から、盛り塩という方法が生まれてきたわけです。もっとも手軽にできるやり方であり、置き場所を決めれば手順も難しくない作業です。1つ覚えておきたいことは、塩は自然が生んだ人間に与えられた大切な恩恵の1つであるということです。御利益を願った後に、盛った塩を処分する時も御礼と感謝の気持を持って廃棄することが大切です。廃棄するまでの流れも、塩をセットする時からの作法の中の手順の一環として認識しておくことも必要です。

m001-168

毛虫駆除の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

毛虫駆除をするには自分で行った方が良いのか、それとも業者に依頼した方が良いのか、どちらの方が理想的な退治をすることができ...

m001-1250

身長縮むの方法・やり方・手順や使い方・流れ

ひとは、成長していくにつれ身長が伸びていくものです。しかし、ある段階を超えることで、少しづつ身長が縮んでいくようです。そ...

m001-0563

所得税計算の方法・やり方・手順や使い方

月次給与の源泉所得税は、扶養控除申告書の提出があった場合、源泉徴収税額表の甲欄に基づき、社会保険料控除控除後の給与額、扶...

m001-0856

柿の剪定時期とその方法・やり方・手順や使い方

柿剪定時期と方法について紹介します。柿は秋から初冬にかけて収穫時期を迎え、春になるまでは休眠状態になります。剪定はその休...

Closeup portrait of a woman using smartphone

IPHONE着信音設定の方法・やり方・手順や使い方

"IPHONEでの着信音設定はとても簡単です。 まずは設定から入り、サウンドをクリックすると、着信音、通知音の設定画面...

Close up of man checking car engine oil in a car park

オイル交換の方法・やり方・手順や使い方

自動車のオイル交換は、上抜きと下抜きのどちらかの方法を選んで、行うことが出来ます。上抜きは手軽に行うことが出来るのですが...

m001-1092

新月願い事の方法・やり方・手順や使い方

新月願い事は新月になってからの48時間以内に願い事を書きます。紙にペンで手書きします。他人のことを願うことはできません。...

m001-345

上棟式の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

上棟式については木造建築と鉄筋コンクリートや鉄骨の建造物の場合で方法ややり方が大きく異なります。したがって手順や流れには...

m001-0650

茄子の保存方法・やり方・手順や使い方

茄子の旬は6月~9月で夏野菜になります。保存温度は10℃~12℃で寒いところが苦手です。5℃以下になると身が縮んで低温障...

ミニトマト

ミニトマトの肥料の方法・やり方・手順や使い方

ミニトマトを栽培する時、ミニトマト肥料には最初から土に混ぜる元肥と後から与える追肥があります。肥料の種類は基本の窒素・リ...

m001-0567

国会議事堂見学の方法...

国会議事堂見学をするポイントとしては事前の予約をすること...

m001-455

さつまいも苗と保存方...

さつまいもを食べたことがあるけど、実際に栽培したことはな...

m001-1093

消火器点検の方法・や...

消火器は火事の初期消火に重大な影響を与えるため、日頃から...

SONY DSC

顔マッサージの方法・...

美容のためにマッサージを習慣づけたいけど、面倒臭そうと感...

m001-1150

スイカ肥料の方法・や...

スイカに適しているのは窒素・リン酸・カリの3つの要素が含...