集合写真撮影の方法・やり方・手順や使い方

集合写真撮影の方法・やり方・手順や使い方

集合写真撮影を上手に行うためにはいくつかのポイントがあります。
1つ目が並び方です。全員がしっかりと写ることができるように上手に並んでおく必要があります。そしてしっかりと水平が出るように、さらにはバックに記念になるようなものがしっかりと写っているようにするのがポイントです。
そのため、自分自身で撮影をするのには難しいものがあります。セルフタイマーを利用するか誰かに撮影を依頼するのが最もよい方法です。
さらに、露出を変えながら複数の枚数を撮影するのも大切です。めつぶりが起こって表情がわからない状態を防ぐことができます。

集合写真撮影の方法概要

家族の記念日や二人だけの記念日など記念写真を撮って思い出に残す人が多くなっています。特に集合写真はとられる機会が大変に少なく、とられている人たちもめったに会わない人たちが多く、とったのちは大切に持っていることでのちのちまで大変貴重な写真となってきます。このような写真は思い出に残る写真として上手に取ってもらいたいと思うのが当たり前の感情でしょう。このとられた写真に違和感がある写真ならばせっかくの記念が台無しなものになってしまい、またうれしかったとか楽しかっただといった感情が半減してしまうことでしょう。

集合写真撮影の手順・方法01

大変記念になる集合写真、大変思い出になる大切な集合写真ですがよく見てください。その中になぜだかぽつんと一人だけ真っ赤な目になっている人はいませんか。ただ一人、瞳が真っ赤になってまるで兎の眼をしている人はいないでしょうか。このうさぎの眼がほかの人ならまだしも、もし自分だったらどうしますか。それが自分でましてやそれがなんかの記念写真だったらがっかりとともにあんまり見たくない写真のひとつになってしまいますよね。記念写真が記念されたくない写真になってしまいます。いったいなぜこんな現象が起きてしまうのでしょうか。

集合写真撮影の手順・方法02

集合写真撮影をした中で自分一人が赤目で写っている、なにが記念写真だと思いますよねなぜこんな現象が起こってしまうのでしょうか、これは人間の眼の瞳孔は明るくなると光を目に入らせなくするように小さくなっていきます。逆に暗い所に行くと光を最大限取り込もうとして瞳孔が大きくなります。お医者さんが臨終のときに死んだ人の目に懐中電灯を当てて瞳孔反応を見て死んだことを判断しますよね、この瞳孔反応は条件反射ですから自分の意志では変えることができないものです。ですから人間がなくなったときはこの瞳孔反応をみて判断をするわけです。

集合写真撮影の手順・方法03

さてなぜ赤目ができるかについてですがこれは夜の撮影でできるのがほとんどです。撮影でフラッシュをたいたときにそのほとんどは起こってしまいます。つまりフラッシュの光の速さに人の瞳孔反応が間に合わなかったために、本来なら小さくなってしまう瞳孔のはずですが大きいままなので、瞳の奥にある毛細血管が写ってってしまっているわけです。瞳孔反応が遅かったためにこのような赤目ができてしまうのです。この赤目現象はフラッシュをたくために起こるのです。ですが夜の撮影にはフラッシュは必要不可欠なものです。何かいい対策はないものでしょうか。

集合写真撮影の手順・方法04

フラッシュの使い方を工夫しても治らないものでしょうか、フラッシュを改良しても治りそうにないですね、条件反射が早いか遅いかの問題ですので写す機械をどうにかしてもどうにもならない問題のような気がします。そこで、人間の条件反射を調整してやることによってこの赤目現象をなくしてしまいましょう。フラッシュをたく撮影のときには撮影をする前に、明るい電燈や蛍光灯をあらかじめ見ておいてから撮影に臨みましょう。そうすればあら不思議あの赤目がなくなってしまいます。あらかじめ明るいところを見るという手順を踏むことによってあらかじめ瞳孔を小さくしておくのです。

集合写真撮影の手順・方法05

このように最初から瞳孔の大きさを小さくすることによって、写真で赤目がなくなることがわかりました。最近はこの赤目対策を施したカメラやスマホがたくさん出回ってきています。もちろん上で書いたように人間の条件反射を利用した方法で撮影する機械がほとんどです。まず最初に小さな光を光らせてそのあと本格的な光を発光させて撮影するカメラや、撮影するときは二回光ってしまうスマホなど続々と赤目対策の機械が登場してきています。結局撮影する前に二回フラッシュがたかれるわけですから写されている人たちにとっては、撮影されるタイミングが難しくなってくるようですね。

集合写真撮影の考察

たくさんの友人や家族が集まったときにはその記念に集合写真撮影を、という方も多いと思います。そんなときカメラを安定して置く場所がなかったり撮影を頼めそうな他人がいないと、仕方なく友人や家族の中からひとりがカメラマンとなり本当の全員集合写真が撮れないなんてことがよくあります。そこであると便利なのが自撮り棒と呼ばれるものです。カメラに伸び縮みするその棒を装着し全員が写るところまで棒を伸ばすことで、大勢でも簡単に全員集合の素敵な写真が撮影できます。思い出たっぷりの集合写真をたくさん残せる自撮り棒は、写真好きの方に大変おすすめです。

集合写真撮影のまとめ01(使い方や注意点など)

集合写真撮影を撮影する場合、ちょっとした工夫で失敗が少なくなります。まず、撮影場所に関わらずストロボは使用したほうが良いでしょう。明るさが問題ない場所だとしても、大勢の人を撮影する場合、いつシャッターを切るのかを撮影される人がわからないと、全員が良い表情の写真はかなり撮りにくいからです。ある程度、シャッターを押すタイミングがわかれば、まばたきなどを控えることができ、せっかくの写真撮影で自分だけ目をつむってしまったと言うような結果になりにくいのです。また、何列かに並んでいる場合、二列目あたりにピントを合わせましょう。

集合写真撮影のまとめ02(使い方や注意点など)

集合写真撮影方法にはいくつかあります。 まず一つ目は大体のカメラ機能についているタイマーを使用することです。 所定の位置にカメラをセットしタイマーを押して撮る方法です。 他には最近話題となっている自撮り棒です。 カメラを自撮り棒の先端にセットし、撮影します。 腕の長い人が持つことでより多くの人数での撮影ができます。 そして最終手段として、周囲の人に頼む方法です。 誰かにお願いすることで確実に全員が入っての撮影ができます。 集合写真はみんな写っていることが重要なので、様々な方法を活用して思い出の一枚を写してください。

集合写真撮影のまとめ03(使い方や注意点など)

集合写真撮影と言っても、4,5人の少人数のものから、数十人の大人数のものまで様々です。 いくつか、上手くとるための方法をまとめてみました。 まず、枠の中に上手に収めましょう。 横一列に並んでしまうと、上下に無駄なスペースができてしまいます。 二列、三列に並んで、写真の枠を有効に使います。 そして、なるべく高い位置から撮影してみましょう。 後ろの人が前の人に隠れにくくなるからです。 ピンボケも軽減されます。 ストロボを使うこともおすすめです。 明るい場所での撮影であっても、撮影される側がいつ撮られたか分からないと不安になるからです。 最後に、三脚を使い全体を見ながらシャッターを押しましょう。

Gardening tools and houseplants – still life

除草剤散布の方法・やり方・手順や使い方

除草剤散布をする場合には、マスクや手袋、長袖などを服を用意するようにします。これは、薬剤が直接肌に触れるのを防ぐためです...

happy man listening music

ITUNESインストールの方法・やり方・手順や使い方

アップル社の提供するITUNESは無料で提供されている音楽プレーヤーアプリケーションです。ipodの普及とともにこちらも...

m001-032

【禁酒】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

大人になると仕事上の付き合いで飲酒をすることがありますが、これ自体については使い方を間違えなければ特に悪いことではないで...

体重

BMI算出の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

BMI(Body Mass Index)とは1994年にWHOで定めた肥満判定の国際基準です。日本でも健康診断で使ってい...

m001-0854

額縁縫いの方法・やり方・手順や使い方

ランチョンマットやクロスなどを制作する際は、角の始末を額縁縫いにすると美しい角になり、三つ折り始末のように布が分厚くなる...

m001-447

スピーチの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

人前でスピーチはしなければいけない、という機会でまず思い浮かべるのは結婚式ではないかと思います。しかし、実はそういう機会...

Detail of wedding dress

ビーズ刺繍の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ビーズ刺繍は大人の女性を惹きつけます。子供の頃に遊んだ思い出があり懐かしさと共にこんなおしゃれなものだったんだと改めて感...

m001-1218

ランタナ挿し木の方法・やり方・手順や使い方・流れ

ランタナ挿し木を行う際は、親株から節を長めに15センチ程とり行います。切り口をカッターなどで斜め45度程度にカットして、...

m001-1188

IPHONE操作の方法・やり方・手順や使い方

日本語かなキーボードを使っている時に、連続して「あ」を打つ場合、通常では「あ」「→」「あ」「→」「あ」と打たなければなり...

m001-238

胸を小さくする方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

胸を小さくする方法は様々なものがあります。その中でも簡単な方法としては、コルセットやサラシなどを胸に巻き胸を圧迫するとい...

m001-1060

リレーバトンパス練習...

運動会や体育祭、そして陸上大会などの花形種目のリレーは、...

Desktop computer with small cpu the important office equipment

WINDOWS7復元...

WINDOWS7の動作が不安定になってシステムの復元を行...

裾上げ

裾直しの方法・やり方...

最近では、ネットで洋服を購入する機会が多いようです。その...

m001-0745

痰を出す方法・やり方...

風邪などで咽喉に痰がつまるのはつらいものです。このような...

m001-0989

エクセル図面作成の方...

エクセルで図面作成ができます。まず表の左上にある矢印をク...