金属アレルギー検査の方法・やり方・手順や使い方

金属アレルギー検査の方法・やり方・手順や使い方

金属アレルギーを疑うような症状が出たら、皮膚科で金属アレルギー検査を受けることをおすすめします。金属を含んだ試薬を皮膚に貼ることにより、簡単に調べることが出来ます。気をつけなければならないのは、試薬を貼ったまま、二日間は水に濡らすことができません。一般的に背中でテストをすることが多いので、夏の盛りなど汗をたくさんかく状況での検査は避けます。背中に水がかからなければいいので、下半身を洗うことができますので、春や秋などに検査することをおすすめします。アレルギー体質だと分かっているときには、歯の治療やピアスかぶれ防止のためにも受けてみることをおすすめします。

金属アレルギー検査の方法概要

まず金属アレルギー検査を行う上で、重要な事として、問診、受診をする必要があります。受診を行い、X線写真や、問診による検査を行うのが一般的な手順です。ご自身で判断されると中々上手く行かない事も多く、ご自分が対象の金属にアレルギーを持っていたと判断しても、実は全く違う成分に反応していたり、また実は内臓の調子が良くなくて、アレルギー反応が出ている事が原因だったり様々ですので、ご自身での判断よりも、なるべく客観的判断に努める事が重要だと言えます。病院の中でも金属アレルギーに対して強い所もそうでない所もありますので、いくつか行ってみる必要はあるかもしれません。

金属アレルギー検査の手順・方法01

金属アレルギー検査において最も有効且つ有名な方法として、パッチテストがあります。これは、もちろん自分でも行う事は出来るのですが、より専門的に48時間型パッチテストを行います。使うのはテープです。使い方はその金属成分を染みこませたテープを皮膚に貼り付け検査を行います。種類によって何十種類検査しますので、一般的に背中等の拡い範囲を利用して行われます。それを2日後にはがしてそれ以降の反応を、3日後、7日後、14日後と検査を行っていき、アレルギー反応が出るかどうかを判断します。その時点で何も反応がなければ安全と判断します。

金属アレルギー検査の手順・方法02

パッチテストを行う過程で、注意すべきなのは、パッチテスト時にはアレルギー反応をより正確に見る為に、他のお薬を使用する事を避けます。そうしないと実際に出る反応に異なりが出てよりよい効果は得られません。次にテープを添付した反応ですので、激しい運動等により汗をかくという事は出来ません。それによって皮膚にかぶれが出来てしまっては、これも正確な判断が出来ない為です。また、背中等の拡い範囲にもともとかぶれ等がある場合には、そもそものパッチテスト検査が行えない場合があります。また、最大にして2週間程度要する時間も、検査内容がはっきりしない場合には再検査になる可能性がある為に注意が必要です。

金属アレルギー検査の手順・方法03

次に金属アレルギー検査において血液検査という方法があります。これは患者白血球を培養し、金属イオンを加え、アレルギー反応のある、なしを見る方法です。具体的にはこの検査はリンパ球刺激検査といい、特に白血球、Tリンパ球を培養し、検査する方法です。この検査のメリットとしては、パッチテスト時における検査の誤差をなくす事が比較的容易に出来ます。ですので、患者自体のリスクを減らせる事が出来ます。逆にデメリットとしては、金属反応自体が、金、ニッケル、パラジウム、コバルトに対してのみ、行っている点と、コストの面もかかる点です。

金属アレルギー検査の手順・方法04

次に金属成分分析検査を行う方法です。このやり方は、特に口腔内において効力を発揮する方法です。実際に、種々の検査において原因になる金属がわかったら、その対象ななる詰め物等を削って検査する方法です。これによってより正確に反応が得られる事になります。結果的にそうした金属アレルギーを起こしている金属を除去した後に体調が改善されれば、総合的判断に繋がります。通常こうした経過観察に関しては除去後、2、3ヶ月~1年程度をみる事もあります。一般的に1年の経過観察で変化が見られる患者は50%前後、2年の経過観察においては60%の成果が得られるとされています。

金属アレルギー検査の手順・方法05

金属アレルギー検査において原因がわかり、除去できた場合においても、経過観察を行い、未然に再発を防ぐ取り組みも重要なってきます。まず、最初の内は、3ヶ月に一度程度、通院を行い、12ヶ月に一度経過観察を行う事が理想です。さらに最近では、チタンやセラミック、ジルコニア、ハイブリッドセラミック等、金属反応の出にくい物質が出てきています。然しながら、どの物質も前述した検査を行い、金属アレルギーが出ないかどうかの検査を要します。また、加えて最終的には身体の調子を整える事も重要です。中には野菜中心の食事療法を提唱する方もいます。是非参考にしてみて下さい。

金属アレルギー検査の考察

金属アレルギー検査の方法としては「パッチテスト」というものがあります。パッチテストは、皮膚科で背中などの皮膚の表面に金属を含んだ試薬を貼付けて、アレルギー反応を起こすかどうかを調べるものです。皮膚科により差はありますが、歯科やピアスなどのジュエリー類で使用される約15種類の金属について検査をする事があります。パッチテストの貼付ける時間は48時間です。診察は48時間と72時間の2回に分けて行われる事が多いです。貼り付ける試薬は水に濡れてはいけないので、貼り付けている2日間はお風呂に入る事が出来ません。夏は汗を沢山かくので、反応しやすくなることから検査に適している時期は汗をかかない時期です。

金属アレルギー検査のまとめ01(使い方や注意点など)

貼り付けた後、貼り付けた箇所がだんだんと痒くなる事があります。しかし、決して剥がしたり掻いたりしてはいけません。48時間経過すると皮膚科でパッチを剥がしてもらう事が出来ます。その際に、医師によって目視での診察が行われます。反応している箇所にマーカーで印をつけます。次に72時間後、同じように医師によって目視で診察があります。また、以前にマーカーで印をつけた部分がどのような状態になっているのかの確認があります。医師の診断により結果のシートをもらうことができます。そのシートによって自分がアレルギー反応する金属の種類が分かります。

金属アレルギー検査のまとめ02(使い方や注意点など)

金属アレルギー検査の方法にはパッチテストとの他にも血液検査があります。その名の通り、血液を採取してどの金属に反応しているのかを確かめるものです。しかし、血液検査で全ての金属に反応するのかを調べられるわけではありません。現在検査できる金属の種類は金、ニッケル、パラジウム、コバルトと限られており、また一つ一つの金属について検査費用が掛かるので、検査費が割高になるという事で、パッチテストでの検査を行うほうが効率がよく、かつ的確にアレルゲンとなる金属を見つけ出すことができるようです。血液検査の利点はパッチテストによる感作を防げ、来院回数が減らせるという事です。

金属アレルギー検査のまとめ03(使い方や注意点など)

ネックレスや指輪をつけたら体がかゆくなったりしておかしいなと感じた時、金属アレルギーかもしれないと思った時、とのように検査するのか気になるものです。そんな金属アレルギー検査方法について説明します。血液検査でまず、免疫グロブリンEの物質について調べます。アレルギーの方は免疫グロブリンEが高くなる傾向があるのですが、金属アレルギーの場合は、高くならないこともあるのです。そして、パッチテストを行います。様々な金属を混ぜ合わせたものを塗布して48時間後、一週間後の状態を確認します。皮膚が反応したら金属アレルギーの可能性が高いのです。

m001-0938

タブレット入力の方法・やり方・手順や使い方

文字をタブレット入力するときに便利なフリック入力の設定方法です。まずホーム画面の「設定」というアイコンをタップしてくださ...

m001-0963

シャツを一瞬でたたむ方法・やり方・手順や使い方

まずシャツの右肩に当たる部分を右手で摘み、縦半分の位置を左手で摘みます。 この際の左手は、肩を摘んでいる右手と直線上に...

m001-440

ツイッター登録の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ツイッターを始めるには、必ず登録が必要になります。手順としましては、まずパソコンやスマートフォンでツイッターのトップペー...

m001-070

【SIMフリー】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

携帯電話料金の高さに悩むケースが増えています。最近では、特にスマートフォンの利用が拡大し、その通信料が高くなるケースがあ...

m001-299

キャンプファイヤーの方法・やり方・手順や使い方・流れなどにつ...

キャンプファイヤーの本質とは何でしょうか。それは、第一に安全でなければならないことです。何しろ比較的規模の大きな炎を扱う...

Chief putting salad dressing

ジョセフィーヌドレッシング注文の方法・やり方・手順や使い方・...

ジョセフィーヌドレッシングは入手困難なのでなかなか注文できずに困っている人も多いと思います、なのでこれを機会にいいところ...

m001-1181

MCAFEEアンインストールの方法・やり方・手順や使い方

MCAFEE製品の削除方法は2つあります。ひとつはコントロールパネルの「プログラムと機能」(または「プログラムのアンイン...

m001-0685

ピューラックス使用の方法・やり方・手順や使い方

殺菌消毒剤である、ピューラックスは、製造日から1年間に使用することで確実な効果を得られます。消毒効果が高く、多くの病院や...

tie dye fabric background

染めの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

気に入っていた洋服でも、「何度か着ているうちに飽きてしまった」また、「買ったけど今一つ合わなくてタンスの肥やしに」といっ...

m001-1011

WINDOWS7インストールの方法・やり方・手順や使い方

WINDOWS7のインストールは簡単な手順で行えるように工夫されています。以前のWINDOWSであれば、起動ディスクを使...

m001-1239

内視鏡洗浄の方法・や...

ベッドサイドで内視鏡を洗浄する方法は、まず光源につないだ...

m001-315

約分の方法・やり方・...

約分という言葉をご存知ですか。そういえば、昔算数の時間に...

m001-0950

スマホ写真をパソコン...

スマホで撮影をした写真をパソコンに移す場合は主に二つの方...

m001-122

腰・肩・足のマッサー...

腰・肩・足に痛みやだるさが起こるのは、筋肉に凝りが生じ、...

m001-065

【うさぎ飼育】方法・...

うさぎ飼育の基本は、犬や猫と同じようにしつけても上手くい...