転院の方法・やり方・手順や使い方

転院の方法・やり方・手順や使い方


現在何らかの治療で病院に入院している人が、諸事情で病院を変わらざるを得ない時があります。その際の注意点として、現在入院中の病院をいかに穏便に説得できるかが重要になります。急な引っ越しや親族との同居など、やむを得ない理由を提示するとトラブルなく転院できます。現在の病院に不満があって、それが理由だとしても、絶対に口に出さないことが重要です。新しい病院への紹介状や診断書を渡してもらえるまでは、すべてを穏便に運ぶ必要があるのです。そうでないと、新しい病院での治療体制に不備が生じてしまうことがあるからです。



転院の方法概要

自宅で倒れてしまった、思いもよらないけがをしてしまった、そんな時慌てふためいて救急車を呼んでしまうことも多いことだと思います。軽いけがや病状で意識などがはっきりしている場合は問題ないのですが、倒れて意識もなく返事にも応答しない状態であれば致し方なく誰もが救急車を呼んでしまいます。救急車を呼んで病院に向かう時にこちらから特別、指定をしない限り救急車は急性期の治療を行ってくれる病院に向かうことになります。その病院で精密な検査を受け治療を施して最悪の場合は緊急手術、あるいはその病院で入院ということになってしまうかもしれません。

転院の手順・方法01

急性期の患者の診察を行う病院では患者の病状が安定してくるころを見計らって、盛んに転院の話をしてくるようになります。急性期の患者が入る病院は主に総合病院が多く、その事業主体が自治体だったり大学だったりします。そのような病院は次から次へと救急の患者が運び込まれて、ベットの数も足りないような状態が続いています。ですから病院は急性期を脱し病状が安定してきた患者を転院させたがってきます。要するにベットの数を開けたいためです。ですから病状が安定してきてもう少し入院していようと思っても、病院側の考えで、入院したいのならほかの病院へ移ってくださいということになってしまうのです。

転院の手順・方法02

若い人が入院をしていて病状が安定して病院を出て行ってくださいという時には、いくらでも自宅で療養が可能なのですが、高齢者で特に脳疾患で入院してしまった患者さんなどは体に麻痺が起こることが多く、そう簡単に病状が安定したからと言って退院できるものではありません。麻痺がおこってしまっている人は自宅で療養するにも大変困難を極めます。そこでこのような症状の人は介護病棟つきの病院に変わることになります。急性期の病院では相談員が常勤でいますので、その相談員が転院先やこれからのことについて相談にのっくれます。この相談員とよく相談することが大切です。

転院の手順・方法03

相談員に相談する時には移る病院の候補を複数あげてもらうようにしましょう。その複数の候補から自分の目で確かめて、しっかりした病院を決めることが重要です。また評判などもよく聞いて慎重に決定してください。インターネットのサイトなどで調べてみるのも有効な方法です。相談員さんの使い方ひとつで次に行く病院の良しあしが決まってしまいます。必ず複数の候補を探してもらうようにしてください。相談員さんと相談をして、次はいよいよ病院を移るための退院という手順になってきます。次に行く病院の下調べをよくして納得した形で退院をしてください。

転院の手順・方法04

次に行く病院でしっかりとした下調べがしてないと、大変なことが起こってしまうことがあります。それは主に入院費用のことでの問題が多くなってきます。最近の病院は個室ばかりではなく、大部屋でも部屋代を徴収する病院が多く、大部屋に入院しているのに部屋代を取られてしまったなどという問題です。入念な下調べがしてあればそのようなトラブルには巻き込まれないのですが、病院はお金のことに関してはあまり話したがらないので仕方がないことなのかましれません。また高齢者の介護病棟などは何か月かで介護報酬が少なくなるのでそのころを見計らって、病院を移ってもらいたいというような話が出てきます。

転院の手順・方法05

特に高齢者の介護病棟では、ある程度入院していると頃合を見計らって病院を移るように勧めてきます。このような介護病棟に入院していると何回も何回も、病院を移っていかなくてはなりません。これが日本の実情ですから致し方ありません。病状が安定してよくなってきたところを見計らって、特に高齢者の入院に当たっては老人ホームも視野に入れるということが重要なことになってきます。老人ホームへの入居も視野に入れておいたほうが賢い選択になるでしょう。病院を定期的に探すのは困難で、老人ホームならば転居をするということも考えずに済みます。

転院の考察

病気や怪我で入院したり治療に通っている時に、医師から他の病院へ行くことを進められることがあります。そこの病院では治療が難しい症例であったり、また急性期が終わり、リハビリなどの治療を行うと言った場合に医師から告げられます。しかし、治療のために様々な検査などを行っている場合は、そのデータも一緒に次の病院に持って行くことが患者の負担にならずに済みますので、その旨はしっかりと医師に伝えます。転院するときには医師の紹介状を持参することで、様々な検査を重複して受ける手間や費用の節約が出来ますし、今までの状態も伝達して貰えますので利用していものです。

転院のまとめ01(使い方や注意点など)

転院とは、元々通院や入院していた病院を変えて、違う病院に移る事を言います。病状によって、担当の主治医から勧められ、専門の病院や専門の医者がいる病院へ移ったり、急性期の状態を脱した為、別の病院へ移るという場合が多いかと思います。前者は特に急性期の場合が多いかもしれません。後者は、リハビリ専門や療養型の病院が検討されることもあると思います。その際には、主治医はもちろんの事、担当の看護師さんや、相手の病院との調整を行う医療ソーシャルワーカーが関わってくれます。本人や家族が希望する場合も、主治医の先生の情報提供書や相手の先生の受け入れの有無やベッド状況も関係してきますので、まず相談することが必要です。

転院のまとめ02(使い方や注意点など)

体の不調は本人にとって、とても辛いものとされます。かかりつけの病院で病状がなかなか回復せず、思った結果が出せないということもあります。そのような場合、気持ちばかりが焦り途方にくれるわけです。したがって自分の体を思い、思いきって転院をする方法もあります。病院はひとつだけではないとして、そういうこともありです。今通っている病院に悪いのではないかと、気を使う人もいるわけですがそのような心配はいりません。実際に、病院の医師の方から勧めるということもあります。それは患者のことを思ってのことだとして、素直に聞いてよいとされます。

転院のまとめ03(使い方や注意点など)

病気の治療で通院しているが、担当医と相性が合わないという方は多くいます。また、治療方針に疑問を感じ転院を考える方もいます。しかし、担当医に紹介状を書いて欲しいが波風を立てたくない為どのように伝えたらよいのかと非常に悩みます。その場合、上手く伝える方法は転居するため通院出来なくなったので紹介状を書いて欲しいと伝える事が一番当たり障りのない伝え方です。また、他の病院で診てもらいたいと正直に伝えてもいいと思います。しかし、その際には治療方針の事や信頼関係の事などは一切口にせず遠回しな言い方をする事が大切です。また、紹介状は次の病院が未定の場合でも書いてもらえる為あえて伝える必要はありません。



m001-0465

キックベースの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

小学校の校庭で休み時間や放課後に同級生などと様々な遊びをした経験がある方は多いでしょうが、そういった方の中にはサッカーや...

m001-247

リンパマッサージの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについ...

人間は、食事によって栄養分を補給していますが、食べ物に含まれているのは栄養分だけではありません。体にとって栄養とならない...

m001-1150

スイカ肥料の方法・やり方・手順や使い方

スイカに適しているのは窒素・リン酸・カリの3つの要素が含まれている物です。その中でリン酸が少し多めの物が更に良いです。地...

m001-1030

NTTフレッツ光解約の方法・やり方・手順や使い方

NTTのフレッツ光解約をする場合、専用の番号に電話をすることが必要です。専用ダイヤルはつながるまで時間がかかる場合があり...

m001-0878

ラインをパソコンでする方法・やり方・手順や使い方

ラインをパソコンでするやり方は、スマホのラインはスマホでしかできないと思っている人がいるかもしれませんが、パソコンからも...

m001-368

指導の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

会社の管理職、つまり管理者は、何をしなければいけないのでしょうか。どうすれば会社の役にたっている管理者といえるのでしょう...

business people group meeting with touchpad

小集団活動の方法・やり方・手順や使い方

小集団活動を始めるにあたり、まずは作業単位ごとにリーダー、サブリーダーを選出します。リーダーはベテランでなくても、経験を...

m001-025

【視力検査】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについ...

学校や会社の健康診断では視力検査ということを行う決まりがあり、目的や理由については次の通りとなっています。主に白内障やド...

m001-0648

画面キャプチャの方法・やり方・手順や使い方

それではPCの画面キャプチャの説明をしていきます。PCの画面をキャプチャするには、まず、キーボードの【PrintScre...

m001-010

【町内会役員選出】方法・手順・使い方、メリットデメリットなど...

町内会の活動内容はどんなものか、積極的に関わっていないかぎりは意外に知られていないものです。 日々の生活に追われ、忙し...

m001-0464

キャベツの冷凍保存方...

生のまま食べても煮ても炒めても美味しいキャベツはアブラナ...

m001-1134

パズドラZアマテラス...

アマテラスオオカミ入手を入手するには玩具屋などにあるパズ...

m001-1171

アンドロイドバージョ...

アンドロイドバージョンアップは基本的には設定のアイコンか...

m001-330

爪もみ療法の方法・や...

爪に関しては女性であれば特に手の爪や足のつめにネイルでオ...

c

耳の水抜きの方法・や...

ティッシュでこよりを作って水を抜く方法です。やり方はとて...