ハードル練習の方法・やり方・手順や使い方

ハードル練習の方法・やり方・手順や使い方

初心者向けのハードルの練習方法を紹介します。まずより早く上達する上で大切なことは毎日5分から10分程度でも継続して行うことが大切となります。その上で、初心者がまず行うとよい方法は「抜き足動作」を行うことになります。まずバーの横に立ちます。次にバーから遠い方の足を軸足にしてバー側の足の股関節を中心に後ろから前に動かします。この際に膝、足首、つま先がバーと平行になるくらいまで高く動かします。また、この際につま先が少し上を向くように意識して上げると足がよりスムーズに上がります。左右それぞれ5から6回程度行います。この動作に慣れたら、実際にバーで行うようにします。

ハードル練習の方法概要

一見素人には難しそうに見えますが、きちんとした手順をふんでいけば誰でも跳べるようになります。まずは跳ぶ際に先に出る足をハードルに対して垂直にすることです。この際にももがきっちり上がっていなければならないのでもも上げの練習は必須でしょう。柔軟性があればなおよしです。後から出る足は横から超えるようなイメージでもってきましょう。上にジャンプするようなイメージではうまく跳べません。なるべく低く、走り抜けるような感覚で跳ぶという意識が大切です。とびこえる、というよりはかわす、というイメージを持つといいでしょう。

ハードル練習の手順・方法01

次に跳ぶ際の体の使い方についてです。まず足は先ほど述べたように運んでください。手は素人ならそれほど気にしなくていいとは思いますが、ある程度には高く上げておくべきでしょう。足と同じくらいの角度がいいでしょう。このようなことを意識して段階をふんでいけばそれなりに跳べるようになるでしょう。最後に注意点を挙げます。走りながら跳ぶのははじめは怖いかもしれませんが、躊躇した方が余計ケガをしやすくなります。きちんとコツをつかんだら後はためらわずに向かっていくことでケガも減り、上達も早まるでしょう。そして柔軟もきちんと行いましょう。

ハードル練習の手順・方法02

ハードル走で一番大切なことは最初の1台目を飛ぶときの加速です。これで勝負が決まるともいえます。一台目をより早く飛ぶ練習の手順は、低い高さから飛ぶことです。最初はあまり高すぎる位置で飛ぶことは効果があまり出ないです。道具の使い方によっては10センチくらいまで下げることもできます。それを有効利用して最初の1台目をより加速して飛ぶということをすることが大事です。そうすることで加速と次の台に向けてのばねができます。慣れてきたら徐々に高さを上げていけばいいのです。最初からあまり無理しすぎても逆効果になることもあります。

ハードル練習の手順・方法03

低い位置で飛ぶことのほかにも抜き足などたくさんの方法があります。地面と足の距離をいかに短くして次の台を飛ぶ準備をどれだけ早くできるかというのが勝負です。なので足をできるだけリズミカルに動かし、できるだけ早く動かすというのが大事になってきます。しかし足を早く動かすことに集中しすぎてしまうと下を向いてしまうことがあるので2台先を見据えて下を向かないで走ることもポイントです。また足がもつれたり、絡まったりして転んでしまうのが一番やってはいけないミスです。ですから普段から自分のリズムを体で覚えるようにすることが大事です。

ハードル練習の手順・方法04

ハードルとは陸上競技の中でも練習がきついです。ただ走るだけでなく跳ぶという動作を入れなくてはいけないのできつく、怪我もしやすいです。そこで怪我をしないように早くなる方法について説明します。まず入念にアップをしてください。ストレッチをするのは当たり前ですが、それ以外にも例えばブラジル体操などをするのがオススメです。足の筋肉をしっかり伸ばしておかないと怪我をしてしまいます。しつこいようですが入念にアップしてください。そしてメニューですがまずは上をまたぐ形を繰り返します。為末大選手の形がキレイなので動画を見ながらを行ってください。

ハードル練習の手順・方法05

形ができるようになったら次はインターバルのチェックです。まずは自分の歩幅を大体把握してください。間隔をどれぐらいにするか決め最も歩幅にあった間隔がわかったらそれに合わせて歩幅の調節をしてください。それが出来たらあとは実践あるのみです。とにかく走りまくってください。努力は自然と結果に繋がっていきます。手順です。筋トレとして様々な道具を使うのもいいと思いますが使い方を誤るといらない筋肉がついてしまい、逆にスピードが落ちてしまうので注意してください。本番では足をしっかり伸ばす縮めるを意識して一生懸命走ってください。

ハードル練習の考察

ハードルは障害物競争みたいなものですが、まだ慣れていない小学生などは躓くことが多いのではないでしょうか。ハードルが速くなりたい人は、まず自身のフォームがしっかりしているのかどうかチェックする必要があるのでその様子を撮影できるカメラが要ります。できるだけ短い間隔で撮影できるカメラを持参しましょう。基本的には飛んでいる横から撮ることが多いですが、実は真正面や後方から撮ることもあながち間違いではありません。何故かと言うと、それによって飛ぶときの手首のひねりや足の上げ方なども別の角度から撮ることが出来るからです。

ハードル練習のまとめ01(使い方や注意点など)

練習するにあたって気を付けるべき点は何かと言うと、自身の利き足と歩数です。この競技は、障害物を同じリズムで飛んで障害物間を何歩で走るかを設定しておくことによって軽快に集中して飛ぶことが可能になります。だいたい大人くらいになるとその障害物と障害物の間に要する歩数は三歩ほどと言われています。小学生くらいになると四歩か五歩くらいで走ることになります。設定しておいた歩数で走ることで走るリズムがよくなる傾向があります。その時に足は障害物の間になるとき同じ足で飛び続けていたいなら奇数にして別々に交互に走るなら偶数に設定しておきます。

ハードル練習のまとめ02(使い方や注意点など)

ハードル競争をする時に速く走るには、あまり大げさに飛ばずに最小限の跳躍力で飛んだ方が効率がよく、疲労も最小限に抑えることができます。これを可能にするのは、身体の柔軟性にあります。大きく足を開脚する柔軟性が備わっていないとこれが実現できません。その為に足を大きく開く練習が必要となります。どのような練習をするのかと言うと、それは障害物を飛ぶときに使う前屈と腹筋の柔軟を良くするものです。後は肝心の足を開脚させるストレッチです。寝転がって仰向けになり、少し重いものを足に乗せてそれを足を使って上げたり下げたりしましょう。

ハードル練習のまとめ03(使い方や注意点など)

スポーツに関しては多岐に渡りますが、支持率が高いのはハードルです。効果的な練習方法を把握しておく事により、短期間の間で上達をする事が可能となっています。障害物を飛び越える際には、タイミングが重要な要素となります。何度も繰り返す事が感覚をつかむ為の秘訣なので、この点を理解しておく事が大事です。また、スポーツを行う際には、怪我に注意をする事が求められます。万が一、打撲が生じたら患部を氷で冷やす事が大切です。冷やす事により炎症を抑える事が可能であり、症状が悪化せずに済みます。応急処置をすれば、大きな怪我に繋がらずに済むので安心です。

Close up woman with stomachache, isolated on white background

お腹のガス抜きの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

お腹には食べ物が消化された後や、便などが蓄積した時などにガスが溜まってしまうことがあります。そのガスは、多量に溜まると腹...

m001-219

傘のラッピング方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ラッピングの知っておくとお得な情報としては、お祝い時の包み方と仏事の包み方が異なる点です。ラッピングペーパーを左・右の順...

m001-0820

自彊術の方法・やり方・手順や使い方

運動療法のひとつに自彊術があります。更年期障害症や肩こりの改善など、様々な症状の改善が期待できます。使用する道具などは特...

m001-226

好きな人がわかる方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

人はなぜ人を好きになるのか考えた時に、人は自分自身が好きだからということも1つにあります。自分自身をもっと良い気分にさせ...

チケット

チケットぴあ・購入の方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

チケットぴあという名前を一度は聞いたことがあるといった人も多いかと思います。ではこのチケットぴあとはどのようなものなのか...

手作りラベル

ラベル作成の方法・やり方・手順や使い方

容器など中身を区別や確認をするために貼りつけて使用するラベルは、自宅でもパソコンとプリンターがあれば簡単に作成することが...

m001-332

代掻きの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

春先の暖かくなってくる頃ちょうどいまではゴールデンウイーク前後に、農村地帯では一斉に田植えが始まります。田圃にコメの苗を...

s

筋トレの方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

人間の資本は何と言っても体であることは言うまでもありません。体が健康でないと、何もする事が出来ないからです。また、精神面...

m001-1110

ライン削除復活の方法・やり方・手順や使い方

復活する方法はどうすればいいかというと、ラインIDのIDの番号が気に食わないということは誰にでもあると思います。番号が気...

m

車の名義変更の方法・やり方・手順や使い方

車名義変更を行う事では、当然車の所有者が変わる事で、毎年支払う自動車の重量税などを支払う方も、その車の所有者であれば行う...

m001-121

テレビのマルチリモコ...

テレビというものは現在では、必需品といっても過言ではない...

m001-104

健康管理の方法・手順...

健康管理はしっかりとしないといけないです。まだ若いときに...

ビジネスシーン

監査の方法・やり方・...

監査の仕事に関しては、やはりそこで細かくチェックを行う事...

m001-0845

金利計算の方法・やり...

消費者金融などから借りる前に金利計算をしておきましょう。...

w

ITUNESの使用方...

ITUNESとは、音楽や映画などを購入できたり、iPho...