【体を柔らかくする】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

【体を柔らかくする】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

太らない体を作るためには、体を柔らかくすることが大切です。筋肉の流れに沿ってしなやかな使い方ができると、一つ一つの動作が大きくなり、自然と無駄な肉がつきにくくなります。パーツごとのエクササイズで、気になる部分からほぐしていきましょう。「体を柔らかくする方法」腕を上げると肩が痛くなったり、脚を開くとももがつりそうになったり。いつの間にか体が硬くなっていると感じたら要注意です。余分な肉がつきやすく、脂肪も燃えにくくなっているかもしれません。(体が硬いと関節を正しく動かすことができなくなるため、使われるべき筋肉が使われなくなってしまいます。

体を柔らかくするの方法概要

体をグニャグニャに柔らかくする必要はありませんが、関節を適切な使い方をするためには、筋肉をほぐして体を柔らかくすることが重要です)。筋肉の流れに沿って関節が正しく動けば、それと連動してさまざまな筋肉が動くので、活動量が増え、結果太りにく柔軟性のある体になります。「パーツ別エクササイズの手順」体が硬くなったことで制限されている関節の動きを元どおりにするのが目的です。(筋肉を鍛えるトレーニングではないので楽に行うことができますが、続けることで効果を発揮するので、できれば毎日行ってください)。さっそく、気になるパーツから行って、スリムなボディーラインを目指しましょう。

体を柔らかくするの手順・方法01

薄着になると気になるのが、背中のハミ肉や鎖骨のラインです。デスクワークで同じ姿勢が続いたり、ストレスで呼吸が浅くなったりすることで肩、背中、胸の周りの筋肉が縮こまってしまうと、余分な肉がつきやすくなります。すっきりと引き締めるために、さっそくこの部分の筋肉を動かしてほぐしましょう。肩凝り解消や、二の腕の引き締めにも効果的です。「肩甲骨を引き上げて肩をすくめる方法(回数10回)」1両腕を上げ、肘を90度くらいに曲げます。2肩甲骨が引き上がるのを意識しながら、ゆっくりと肩をすくめ、元に戻します。(POINT.肘は多少伸びてもOK)

体を柔らかくするの手順・方法02

「胸を開きながら肩を後ろに回す(左右交互に20回)」1両手を肩にのせます。2肩の付け根から胸にかけての筋肉が伸びるのを意識しながら、右肘を後ろに向かって大きくゆっくりと回します。1回転したら反対側も同様にします。「背中の伸びを感じながら腕を上げる(10回)」1あおむけに寝て腕を体に沿って伸ばし、息を吐きながら下腹をへこませ、両腕をゆっくりと上に伸ばしていきます。(POINT.手のひらは内側を向けて)2さらに両腕を頭上まで伸ばし、息を吸いながらゆっくりと元に戻します。(POINT.腰と背中を浮かせない)

体を柔らかくするの手順・方法03

最近、ヒップが下がりぎみで、ももとの境目もはっきりしない。そんな人は、お尻周りの筋肉が硬くなっている可能性があります。キュッと引き締まったヒップ&ももを手に入れるためには、股関節周りの筋肉を動かしてほぐすことが大事。同時に、お尻の筋肉を強化するエクササイズも取り入れましょう。続ければ、腰痛の予防にもなります。「四つんばいからお尻を後に移動させる(10回)」1両手、両足を肩幅に広げて、四つんばいになります。視線は少し先の床に向けます。やり方がよくないと、四つんばいの姿勢になったときに、顔を下に向けてしまい、背中が丸まってしまいます。背中はまっすぐを意識しましょう。

体を柔らかくするの手順・方法04

2背中をまっすぐにしたままお尻を後ろにゆっくりと移動させ、膝を曲げてももに胸をつけます。ももの付け根から脚を動かすことを意識しながら、ゆっくりと元に戻します。(PONT.手の位置は動かさない。腰や背中お尻の筋肉の伸びを感じて)「おしりの筋肉を意識しながら膝を開く(10回)」1横向きに寝て両膝を軽く曲げ、足にクッションを挟み、お尻を後ろに少し突き出します。下の腕は上に伸ばすか、肘を曲げて、頭の下に置きます。2股関節を支点にして、膝をゆっくりと開き、元に戻します。(POINT.お尻の外側に力が入って入れはOK)

体を柔らかくするの手順・方法05

正しいやり方は、お尻を後ろに突き出して骨盤を前傾させ、背中を少し反らせた姿勢で行うと、お尻の外側に力が入って筋肉をしっかり刺激することができます。上の手を骨盤に当てておくと、意識しやすくなります。間違ったやり方は、膝の動きにつられて腰が後ろに倒れてしまうと、お尻に力が入らなくなってしまうので注意しましょう。膝を大きく開く必要はありません。「ふくらはぎ・足首」夕方になるとふくらはぎがむくんで、足がだるくなる人も多いはず。足首はこまめに動かしても、なかなか解消されない場合は、ふくらはぎやすねの筋肉が硬くなっていることが考えられます。

体を柔らかくするの考察

本来の柔らかさを取り戻すためには、足の曲げ伸ばしが効果的な方法です。さらに筋肉を直接もみほぐせは、次第に柔軟性が出て、むくみにくくなるはずです。「足全体をしっかり伸ばす(左右各1セット)」1手で足の指を握るように持ち、足の指を丸めて甲を伸ばします。両手を使ってもOKです。2手を足の指の裏に当て、足の指を反らせて開き、土踏まずを伸ばします。(1~2)の手順を10回繰り返します。3両手で足全体を縦にしっかりと握ります。4両手で足を上からつかみ、左右に反らせて足裏を伸ばします。(3~4)の手順を10回繰り返します。

体を柔らかくするのまとめ

下腹がぽっこりと出ている人は、腹筋のなかでも深層部にある(腹横筋)がきちんと働いていない場合が多いようです。腹横筋は、腰を安定させる役割もあるので、体全体の柔軟性性を保つためにも非常に大事な筋肉です。腹筋というといちばん表面にある腹直筋ばかりを鍛えてしまいがちすが、このエクササイズで腹横筋を刺激し、機能を改善していきましょう。「下腹を意識して膝を胸から離す(1セット)」1あおむけになり、両膝をそろえて曲げて胸に引き寄せておきます。腕は手のひらを上に向けて楽な位置に置きます。2息を吐きながら両膝をゆっくりと胸から離して床に着かない位置まで足を下ろします。

体を柔らかくするで使った言葉の意味・使い方

息を吸いながらゆっくりと(1)に戻ります。この流れを10回繰り返します。足を下ろすときに胸や腕に力が入ってしまうと、背中や腰が床から浮いてしまい、下腹の引き締めになりません。(POINT.骨盤を動かさない、足は床から浮かす)「下腹を意識して膝を交互に伸ばす(1セット)」1あおむけになり、両膝をそろえて曲げて胸に引き寄せておきます。胸は手のひらを上に向けて楽な位置に置きます。2息を吐きながら、右膝を胸から離してゆっくりと伸ばします。足は床から浮かします。3息を吸いながらゆっくりと右足を元に戻します。同時に足を入れ替えて左膝を胸から離し始め、息を吐きながら(2)と同様に左膝をゆっくりと伸ばします。

体を柔らかくするの方法の注意点

これを10回繰り返します。足を無理に下げて、背中や腰が床から浮かないように注意します。浮くときは、浮かない位置まで足を上げてOKです。筋肉をもみほぐせば、さらに効果がアップ。筋肉の流れに沿って親指の使い方がポイント。「ふくらはぎの筋肉・左右各5往復」あぐらを組み、脚を楽な位置に置く。両手ですね側からつかみ、ふくらはぎの内側の筋肉に親指をそろえて当てます。気持ちいいと感じる程度に押し、親指をその場で3~5回左右に動かします。アキレス腱から膝の手前に向かって、少しずつ親指を移動させもみほぐしたら、同じラインをもみほぐしながら戻ります。「注意点」エクササイズ中に痛み・しびれを感じたら中止しましょう。

Closeup portrait of a woman using smartphone

IPHONE4初期化の方法・やり方・手順や使い方

まず「設定」を開き「一般」をタップし一番下にある「リセット」をタップします。「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし...

s

催眠術の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

催眠術に関して世界で日本でその方法の発見から今日に至る迄、未だ確固たる科学的根拠が解明されていない現象の1つとなっていま...

compass

真北測量の方法・やり方・手順や使い方・流れ

真北測量では、要求される精度により観測回数が変化しますが、方法としては時刻により太陽の方位角を測定する、セオドライト方法...

m001-365

告白させる方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

好意のある相手に告白させるにはどのような方法があるのでしょうか。ポイントをいくつか出して、告白されるまでの手順や流れ、や...

m001-371

海外で携帯を使用する方法・やり方・手順や使い方・流れなどにつ...

出張や旅行や旅行などで、海外に出かける人の数は年々増えています。しかし、行ったことのない国へいくときは、いつも緊張が伴う...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自動車パンク修理の方法・やり方・手順や使い方

自転車がパンクした経験はありませんか。もしそうなってしまったら、自転車屋さんに依頼するのが一般的ではありますが、意外と自...

young woman health teeth

ブリッジの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

やり方しては、無くなってしまった部分の両隣りを削って土台を作り、橋をかけるように人工のもので補い、機能や見た目を回復させ...

m001-0568

紅茶染めの方法・やり方・手順や使い方

紅茶染めに必要な材料や道具は、染めたい布、鍋(染める布の量で大きさを選ぶ)、色止め用の塩、そして紅茶のティーパック(未使...

m001-0885

ミントの保存方法・やり方・手順や使い方

ミント保存には3種類の保存方法があります。まず1つ目は冷蔵庫での保存です。この冷蔵庫での保存の際は濡らしたキッチンペーパ...

m001-203

生しいたけ保存の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

冷蔵庫で生しいたけ保存する場合、冷蔵庫の温度は5度が最適だと言われています。保存のやり方は、冷えすぎないようにひとつずつ...

m001-0627

車庫入れの方法・やり...

バックで上手く車庫入れをする時のコツはいくつかあります。...

m001-225

高齢者体操の方法・や...

いつまでもアクティブに、そして何よりも自立したライフスタ...

m001-1289

バレーボール審判の方...

バレーボール審判とはその名の通りバレーボールを審判する人...

イラスト

アイコン作成の方法・...

自分で、オリジナルのアイコン作成をしてみたいと思った事は...

資料

エクセルで平均値をだ...

エクセルとは、インターネットで活用出来る表計算ソフトであ...