ウリハムシ駆除の方法・やり方・手順や使い方

ウリハムシ駆除の方法・やり方・手順や使い方

ウリハムシは、茶色や黄色の羽のある甲虫で、大きさは7ミリ前後です。ウリ科の果物や野菜を好む害虫で、キュウリやスイカの葉っぱや花などによく現れます。よく発生する季節は、5月、8月で、低温で活動が鈍くなるため午前中に駆除するのが望ましいと言えます。幼虫と成虫で駆除方法がやや異なり、市販の薬品を使い分けすることが望ましいです。幼虫の場合は、ダイアジノン錠剤を定期散布し、成虫の場合は、マラソン乳剤を発生初期に散布すると効果的です。また、無農薬を好む場合、ウリハムシはネギの臭いを嫌がるため、ウリハムシ駆除にあたっては、ウリ科の苗の近くにネギを一緒に植えるとよいです。

ウリハムシ駆除の方法概要

畑や家庭菜園の野菜の葉を食い荒らす害虫として問題となっているウリハムシは、駆除をすることが何よりの解決策です。まず簡単に駆除することができるおすすめの方法は、見付け次第ウリハムシを捕殺することです。ウリハムシは主に葉を食い荒らす害虫ですので、葉に穴が開いている野菜や果物を見付けた際には、その近くにウリハムシが潜んでいる可能性がありますので、葉の裏側などもよく確認をして捕殺して下さい。また季節によっては卵を産む時期がありますので、幼虫がうまれることによって根を食い荒らす危険性も出てきますので、特に気を付ける必要があります。

ウリハムシ駆除の手順・方法01

ウリハムシ駆除は、専用の薬剤を使用して行うことも可能です。薬剤の効果的な使い方としましては、気温の低い時間帯に散布することです。ウリハムシは気温が低い時間帯の活動が鈍くなるという特長を持っていますので、午前中の比較的気温の低い時間帯を狙うことによって、確実に退治することができます。また成虫と幼虫とでは、使用する薬剤の種類をかえることもポイントです。ウリハムシを1匹見付けた時には既に数多く生息している可能性が高いですので、たった1匹だからと油断することなく徹底的に駆除して下さい。野菜はできるだけ無農薬で育てたいものですが、最終手段として薬剤を使うという手順も視野に入れておくことも必要です。

ウリハムシ駆除の手順・方法02

ウリハムシは黄色や茶色の羽を持つ、約6ミリから7ミリの大きさの甲虫で、キュウリやカボチャ、スイカなどのウリ科の植物の葉や根に対して食害をもたらす害虫です。ウリハムシは繁殖力が非常に強く、多数発生すると作物の成長が著しく悪化したり、枯れてしまったりします。ウリハムシ駆除の方法として、農薬を使用する場合はマラソン乳剤やダイアジオン粒剤を使用します。農薬の使い方は、マラソン乳剤の場合は発生時期に散布すると効果的で、ダイアジオン粒剤は定期的に散布するのが良いです。農薬の使用を避けたい場合には、日々確認をして発見したら捕殺するようにします。

ウリハムシ駆除の手順・方法03

ウリハムシによる被害は特に5月と8月に集中します。そのため、この時期の前に対策をしておくことでウリハムシの進入を防ぐことが可能になり、駆除を確実に行うことができるようになります。対策の手順として、まずはコンパニオンプランツとしてネギ類を植えます。ウリハムシはネギの匂いを非常に嫌うため、ウリ科の作物のそばにネギ類を植えつけることで撃退することができます。また、玉ねぎの葉などをちぎって作物の周囲に置くだけでも十分に効果があります。そして、その後に農薬を散布すれば駆除や撃退の効果をさらに高めることができます。

ウリハムシ駆除の手順・方法04

 ウリハムシは体長が6から7mmほどの甲虫で、カボチャやスイカ、メロンなどウリ科の野菜につきます。ウリハムシがつくと葉を食べられ、円く穴をあけられてしまうこともあります。また、幼虫は根株を食べて野菜そのものをダメにしてしまうなど、中々厄介な害虫です。 ウリハムシ駆除はともかく成虫は見つけ次第補殺してしまう、ということが最も基本になります。 手順としては、まず寄せ付けないようウリハムシが嫌うシルバーマルチなどを敷く、ウリハムシは気温が低いと活動が鈍るので、見つけやすい朝方に補殺する、などです。農薬の使い方としては、大量発生した時などに使うと良いでしょう。

ウリハムシ駆除の手順・方法05

 以前、メロンを植えた時にウリハムシにそれこそ根こそぎやられてしまって、とてもショックを受けました。それからいろいろとこの虫について調べたのですが、ウリハムシには嫌いなものがいくつかあります。 ウリハムシの嫌うものとしてはシルバーマルチ、あの銀色のシートです。あの色が苦手のようで、これを敷くと効果があります。 それからネギ類の臭いも嫌いです。ですから、あれ以来メロンの側にはネギを植えるようにしています。収穫した玉ねぎの葉を置くだけでも効果がありますので、お試しください。また、農薬を毛嫌いせず、大量に発生したら使うようにしましょう。 害虫には日頃からの対策が大事、がんばってたくさん収穫しましょう。

ウリハムシ駆除の考察

ウリハムシとは何かと言うと、羽が茶色で体長が小さいキュウリなどを食べてしまう害虫に指定されている甲虫です。その被害件数は数多くあります。小さい割には、ガツガツとキュウリやカボチャの葉っぱに穴を空けて食い荒らします。警戒心が強く、人間などが近づくと逃げてしまうことがあります。しかし簡単に素手でも捕まえられるのです。それでも多く発生した場合は、農薬などのを使用するしかないでしょう。成虫は葉っぱを食い荒らしますが、一方でそのウリハムシの幼虫は根を食い荒らします。幼虫はギザギザしたフォルムが特徴です。これも同様に害虫となります。

ウリハムシ駆除のまとめ01(使い方や注意点など)

ウリハムシ駆除を行うにはどうするのかと言うと、前述でも述べた農薬によって散布するのが手っ取り速いですが農家によってはこの農薬の使用を品質などへの影響のためにためらっている所も少なくありません。では他の方法があるのかというと、見つけることができればそれを地道に捕えること以外にはないかもしれません。何か他にないのかと言うと、一つあります。それはネギの匂いを利用することによってウリハムシを撃退する方法です。このウリハムシ駆除においてネギの匂いというのは意外と効果があったりします。ウリハムシは、ネギ類の匂いが苦手な傾向があるのです。

ウリハムシ駆除のまとめ02(使い方や注意点など)

ウリハムシを撃退するには、ネギ類の匂いが効果覿面と言われていますが、具体的にどのようにしてウリハムシを撃退するのかと言うと、ウリハムシから守っておきたい野菜類の周りにネギ類の野菜を植えておくだけです。これだけでも相当な効果があり、近づかれることが少なくなります。他にも玉ねぎの葉っぱをちぎって守りたい野菜の周りに置いておくだけでも効果があったりします。幼虫は地中に潜んでいるために確認することは容易ではありませんが、成虫がいた時にはその下の地中に潜んでいることを思っていいでしょう。成虫は卵を葉っぱに植え付けることもあるので要注意です。

ウリハムシ駆除のまとめ03(使い方や注意点など)

ウリハムシは、春から秋にかけての暖かい時期に発生しやすいので、ウリハムシ駆除はその前の春先におこないます。具体的な方法としては、4~5月頃に、マラソン乳剤やスミチオン乳剤などの農薬を散布します。また、ウリハムシは幼虫の段階でも根に被害をもたらすので、これを防ぎたい場合には、ダイアジノン粒剤を散布しておくことが有効です。無農薬で作物を育てたい場合には、ウリハムシが匂いを嫌うネギなどのコンパニオンプランツを周辺に植えておくと良いです。コンパニオンプランツは、葉にはもちろん根にも有効なので、作物を全体的に守ることができます。

m001-0650

茄子の保存方法・やり方・手順や使い方

茄子の旬は6月~9月で夏野菜になります。保存温度は10℃~12℃で寒いところが苦手です。5℃以下になると身が縮んで低温障...

Connecting wires

屋内配線の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

配線を行う前に、ある程度の道具が必要になり、確認しておきます。DIYで屋内配線を行う場合は特別な工具は必要なく、はさみや...

m001-1333

NHKお客様番号確認の方法・やり方・手順や使い方・流れ

NHKのお客様番号は、放送受信料の口座振替予定通知、領収書、振込用紙などに記載されています。受信料を払っている人を対象と...

Y

【両思いになる】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

好きな人と両思いになる事を願っているのであれば、まず共通の趣味等を探す事がポイントです。共通の趣味が見つかれば、相手に近...

m001-079

【大根保存】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについ...

大根保存のやり方を手順を追って流れを説明します。後ほど大根保存をした物の使い方もご説明します。冬場になると近所の方から頂...

m001-1211

源泉徴収票作成の方法・やり方・手順や使い方・流れ

源泉徴収票作成は、給与や退職菌や年金等を支払う者(源泉徴収義務者)が行うことになっています。給与の源泉徴収票には、1年間...

m001-1145

すずめ撃退の方法・やり方・手順や使い方

すずめを撃退するには、以下のような対策グッズの使用が有効です。アニマルリペラーは、天敵である猛禽類の鳴き声を再現した威嚇...

m001-0887

みかんの剪定方法・やり方・手順や使い方

みかん剪定は新芽が出る前に行うようにします。これは、地域により異なりますが、2月から4月が良いでしょう。用意する道具は、...

m001-0805

水稲の育苗の方法・やり方・手順や使い方

水稲育苗は水の管理が大変重要になってきます。水を切らすとたちまちのうちに葉の先端から茶色くなり、やがては枯れていきます。...

m001-454

さつまいもの保存方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

さつまいもといえばご飯のおかずとしてはもちろんおやつとしても食べられる、便利でおいしい食材です。また、食物繊維やビタミン...

m001-458

コピペの方法・やり方...

コンピュータの開発が行われてから、数十年が経過しています...

Closeup mid section of a fit woman with stomach pain against tree in green field

腹式呼吸の方法・やり...

合唱や歌を楽しさ時において腹式呼吸という言葉がよく登場し...

m001-1283

マインクラフトMOD...

マインクラフトでMOD導入をする場合、ModLoader...

m001-0966

サザエ刺身の方法・や...

サザエは磯焼きにしてもおいしいですが、刺身にしてもおいし...

m001-1118

ヤマボウシ剪定の方法...

ヤマボウシ剪定は、落葉期にあたる2月頃に行います。太い枝...