固定資産税評価証明書取得の方法・やり方・手順や使い方・流れ

固定資産税評価証明書取得の方法・やり方・手順や使い方・流れ

固定資産税評価額は、市町村が固定資産税を課税する際に基準となる評価額です。固定資産税は、市町村がその家屋や土地の1月1日現在の所有者に対して、固定資産税評価額に基づいて課税する税金です。固定資産税は、3年ごとに評価替えが行われています。固定資産税評価証明書は、固定資産課税台帳に登録された土地や建物の評価額を証明するものです。固定資産税評価証明書は、窓口で取得する方法と郵送により取得する方法があります。窓口で請求する際には、免許証や健康保険証などによる本人確認が必要です。固定資産税評価証明書取得は、所有者以外の第三者でも本人からの委任状があれば取得することができます。

固定資産税評価証明書取得の方法概要

固定資産税評価証明書取得の方法は、窓口に直接行く方法と、郵送で取得する方法があります。窓口というのは、市区町村の役所ですが、出張所で取得できるところもあるようです。本人が行くときは、身分証明書を提示すれば取得できますが、第三者が行くときは別途委任状が必要となります。あとは窓口で、評価証明書が必要な資産の住所等必要事項を記載し、発行してもらいます。郵送で請求するときは、固定資産税評価証明書請求書や身分証明書のコピーの他に、手数料や返信用封筒を同封します。手数料は現金ではなく、定額小為替を入れてください。返信用封筒は、郵送先の住所、氏名を記載し、切手を貼ったものを同封しましょう。

固定資産税評価証明書取得の手順・方法01

固定資産税評価証明書には、さまざまな使い方があります。例えば、贈与や相続等で、不動産の名義を変更する際などです。また、不動産の購入・売却の際にも使用します。このとき、聞いたことのない言葉がたくさんでてくると思いますが、その中の一つが固定資産税評価証明書です。不動産会社から売買手続きの手順を説明してもらう際に、この名前がでてきます。戸建やマンションを購入・売却する際には、固定資産税や不動産取得税、登録免許税がかかります。評価証明書には、これらの税金を計算するための基準(固定資産税評価額)が記載されているため、必需品となるわけです。

固定資産税評価証明書取得の手順・方法02

固定資産評価とは総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて評価した価格を市町村長などの首長が決定し、固定資産台帳に登録した評価額のことです。この評価額は不動産に課税される税金を算出される根拠となり、また、土地や建物の売却時の参考価格にもなります。固定資産評価額の算定は3年ごとに評価替えが行われますが、新築や増改築等を行った家屋、地目の交換、分筆、合筆等の行われた土地に関しては翌年度に新しい評価額が決定されます。この固定資産の評価額を証明する文書が固定資産税評価証明書です。主な用途としては登記を申請する際の登録免許税の算出のために用いられます。

固定資産税評価証明書取得の手順・方法03

固定資産税評価証明書取得は都税事務所、もしくは市町村の役所や出張所、及び駅などにある証明書発行コーナーで行うことができます。取得する方法としては、窓口での取得と郵送での取得が可能です。取得の具体的な手順としては、窓口の場合、申請書となる所定の用紙に取得者の住所、氏名、生年月日、及び評価証明が必要な不動産の住所を記載し、本人確認書類と共に提出します。代理人に取得してもらう事もできますが、その際は委任状も必要です。郵送による取得の場合は申請書、本人確認書類のコピーに加え、切手を貼った返信用封筒と手数料分の定額小為替を同封します。定額小為替の使い方は、切り取らずに何も記入もせずにそのまま同封します。

固定資産税評価証明書取得の手順・方法04

固定資産税評価証明書の使い方で多いのは登記で必要になる場合です。不動産の名義を変える登記をする際にかかる登録免許税の計算の根拠に使用されたりします。また、財産の把握に使用される場合もあります。亡くなった方がいかほどの資産を所有していたか(相続財産の把握)や裁判の際の訴訟額の算定に弁護士が請求し使用する場合、破産したときに破産管財人が取得する場合もあります。証明書はその物件がある市町村で発行されます。所有者の住所地ではないので、物件が複数の市町村に存在する場合にはその市町村ごとに取得手続きをしなければならないので注意が必要です。

固定資産税評価証明書取得の手順・方法05

固定資産税評価証明書取得の手順として、市町村の証明書発行窓口で取得します。遠方で訪問が難しい場合など郵送でも受け付けてくれます。所有者本人が取得する場合は本人確認書類(運転免許証など)のみで良いところも多いですが、家族が取得する場合であっても同居の有無によって必要なものが違ってくることがあります。第三者が取得する場合は委任状が必要です。所有者が死亡している場合は除籍や申請者との関係がわかる戸籍が必要になってくる場合もあります。証明書を取得する際には事前に市町村に問い合わせしておくことをお勧めします。取り扱いが市町村によって違ってくるということが往々にしてあるからです。

固定資産税評価証明書取得の考察

固定資産税評価証明書取得のためには、直接窓口に行くか、郵送で請求できます。まず、窓口に行く場合です。評価証明書等請求書は窓口にありますので、その場で記載できます。その他に必要なものとして、本人が窓口に行く場合は、身分証明書のみで問題ありません。第三者が行く場合は委任状が必要ですので、予め用意して持参します。次に、郵送の場合ですが、評価証明書等請求書、身分証明書のコピーの他に、返信用封筒と手数料(定額小為替)が必要となります。手数料は市町村によってことなりますので、市町村に確認してから請求しましょう。

固定資産税評価証明書取得のまとめ

固定資産税評価証明書とは、国が固定資産税を徴収するために、所有している不動産の評価を算定し、その価格を証明した書面のことです。そのため、固定資産税評価証明書取得するには、所有している不動産に関する情報が必要であり、土地であれば所在・地番、建物であれば所在地・家屋番号を調べておかなれけばなりません。固定資産税評価証明書は市役所や市民センターなどで申請すればすぐに発行してもらえます。発行手数料として、自治代にもかわってきますが、だいたい1件あたり300円ほどで手に入ります。本人申請が基本ですが、司法書士などが申請して発行してもらうこともあります。

固定資産税評価証明書取得で使った言葉の意味・使い方

固定資産税評価証明書とは、総務大臣が定めた評価基準に基づいて評価した価格を 市長が決定し、台帳に登録したものになり、この評価額は、不動産に課税される 税金の計算の根拠となり、土地や建物を売却する時の価格の参考値にもなります。 固定資産税評価証明書取得の方法は、窓口と郵送の二通りがあります。 窓口は、市町村役場や出張所、駅などにある証明書発行コーナーで書類を提出して 発行する事ができます。 発行時には、必要な方の住所、氏名、生年月日、評価証明が必要な資産の住所などを 記載します。 郵送の場合は、返信用の封筒と手数料を送付します。 手数料は、市町村にもよりますが、大体1通350円から400円になります。

固定資産税評価証明書取得の方法の注意点

固定資産税評価証明書は、総務大臣が定める固定資産評価基準に基づく評価を受けて各地方自治体の固定資産課税台帳に登録された評価額や課税標準額等が記載された証明書です。この評価額は、不動産取引をする際の参考価格としても利用されています。 固定資産税評価証明書取得は、該当自治体を訪問して取得する手段と輸送で申請して取得する手段の2通りの方法があります。訪問する場合は、市町村の担当窓口等で申請書類に必要事項の記載をしてから提出すれば発行されます。郵送申請の場合には、申請書類以外に返信用封筒や手数料相当の定額小為替を同封して送付する必要があります。

White button on a dirty old panel

【ゲーム・青鬼ダウンロード】方法・手順・使い方、メリットデメ...

青鬼とは、フリーゲームの一つです。 エンジンは「RPGツクールシリーズ」で作られています。 フリーゲームとは、パソコ...

m001-0791

竹退治の方法・やり方・手順や使い方

完全な竹の退治はまず無理と考えましょう。なぜならば、地上に出ているものだけを切るとか根こそぎ引き抜いたところで地下茎が残...

m001-1319

アクセス制限エラー解除の方法・やり方・手順や使い方・流れ

モバイル端末がWi-Fiに接続されていない状況で、インターネットサイトを閲覧しようとすると、アクセス制限エラーが表示され...

m001-0642

個人事業税計算の方法・やり方・手順や使い方

個人事業主は、個人事業税を納税する必要があります。個人事業税は、個人事業の事業所得の金額から290万円の事業主控除を差し...

m001-0952

スマホブックマークの方法・やり方・手順や使い方

現在のスマホはOSや機種によって標準で搭載されているWEBブラウザが違い、それぞれやり方は異なりますが、基本的には保存し...

m001-044

【ヤフー・かんたん決済】方法・手順・使い方、メリットデメリッ...

現代社会ではインターネットがいつでも、どこでも利用できる環境が整ってきています。スマートフォンなどは常時インターネットに...

m001-1275

ワードアートの方法・やり方・手順や使い方・流れ

最初に、「挿入」タブの中の「テキスト」グループにある「ワードアート」を選択します。出て来たメニューには多くの種類があるの...

m001-0568

紅茶染めの方法・やり方・手順や使い方

紅茶染めに必要な材料や道具は、染めたい布、鍋(染める布の量で大きさを選ぶ)、色止め用の塩、そして紅茶のティーパック(未使...

m001-0767

配偶者控除計算の方法・やり方・手順や使い方

配偶者控除の計算は、配偶者が所得税の扶養になっている事で103万円の年間の所得を超えた労働を行う際に配偶者特別控除を受け...

m001-1066

エプソンスキャンの方法・やり方・手順や使い方

エプソンスキャンは、パソコンと接続することにより原稿や画像を取り込み保存することを可能とする機器です。スキャナーとしての...

m001-0913

パタカラ体操の方法・...

「パ」は唇をしっかり閉じる練習になるので唇をしっかり閉じ...

m001-261

ペンキ処分の方法・や...

リフォームやDIYという日曜大工をするに至って、家の壁の...

m001-0476

お七夜の方法・やり方...

お七夜とは、「おしちや」と読みます。これは、平安時代から...

m001-049

【ハンドマッサージ】...

自分もしくはプロのエステティシャンなどにハンドマッサージ...

m001-0857

柿の接木の方法・やり...

柿接木について紹介します。接木は樹木を同じ種類の樹木(台...