皮下点滴の方法・やり方・手順や使い方・流れ

皮下点滴の方法・やり方・手順や使い方・流れ

皮下点滴とは何なのか知らない人も多いと思います、このようなことは詳しく知っておく必要があるわけでやり方を覚えておく必要があります。大津秀一さんのブログに分かりやすく書いてあるのでここを参考にするといいと思います。また利点や欠点などもかいてあり、必ずしもいいものとは限らないみたいです。いいだけのものではないみたいです。なので詳しく見ておく必要があるわけです。点滴のやり方を詳しく知っておけばかなり深いところまで理解できるのでおすすめできます。深いところまで知っておいてその分活用していくといいと思います。

皮下点滴の方法概要

通常、点滴は手足の血管(静脈)に行います。しかし、がんの末期や老衰が進んだ人の血管は細くなったり、血管壁が脆くなっており点滴が難しい状況です。それに対し皮下点滴は、腹部や太ももの内側などの皮下組織に管を通すため、血管に通す必要がなく簡単な手順でできます。また、痛みは針を刺す一瞬だけなのです。細いプラスチックの管だけを残して針を抜くので、患者が誤って引き抜いても怪我の心配はありません。ただ、保険適用になっていないため、この点滴の使い方は医師の間でも評価は定まっていないのが実情です。しかし、在宅看取りを積極的に支えているある医師は、この点滴方法が後ろ向きな治療とは考えていないと言っています。

皮下点滴の手順・方法01

皮下に大量に輸液を行うことは100年来行われています。急速輸液は出来ず、また使える輸液製剤は限られているものの、点滴の穿刺部位を選ばず、簡便で低コストな方法として、緩和ケアやナーシングホームの現場で広まっていると言います。利点として1 安価 2 末梢静脈輸液に比べて負担がすくない 3 肺水腫や輸液過剰をおこしにくい 4 穿刺が簡単 5 感染の可能性が低い 欠点として1 最大でも毎分1mlの速度でしか輸液できない 2 1日に輸液可能な最大量は3000mlが限度 3 特定の電解質輸液や、栄養点滴は難しい 4 注射部位の浮腫が生じる以上が挙げられています。

皮下点滴の手順・方法02

医療現場において皮下点滴と呼ばれる点滴をすることがありますが、実はこの技術については看護学校で学ぶことが出来ます。理由として実際の医療現場で入院患者に対して、この点滴方法が利用されることが多くなっています。使い方や手順として皮膚の下のたるんでいる部分に対して、注射をしていく技術となっています。こういった技術は患者の容体に応じて使い分ける必要があるので、看護師にとっては必須技術ともなっています。そのため看護師には積極的に覚えてほしい技術となっているので、看護学校に入学をすることで習得が可能となります。

皮下点滴の手順・方法03

 この点滴法や技術の豆知識として痛みをあまり感じないことがあり、理由として針の太さや柔らかさが関係しています。静脈注射と呼ばれている動脈注射に比べて、痛みが少ないので患者にかかる負担も軽くなっています。また血管に針を通すやり方ではないので、医師の許可が出れば患者自身で行うことも出来るのがポイントです。さらに動物病院での需要も急速に上昇しているので、より多くの医療機関で浸透している技術となっている特徴があります。このように痛みを感じにくいのが一番の特徴となっているので、豆知識として覚えておくとより治療をスムーズに行うことが出来ます。

皮下点滴の手順・方法04

在宅介護中の父が、口から食事をとれなくなってきたため医師の方が皮下点滴を勧めてくれました。この点滴は家人が管理を行う状況があるということで少し心配でしたが、医療スタッフの方に励まされて、思い切って挑戦してみることにしたのです。点滴の手順や器具の使い方を一通り聞くと、何となく自分でも出来るような気がしてきました。こういった点滴は、血管を痛めることがなく本人にとっても負担が少ないということで、体力の弱っている父の場合には適している方法だと感じたわけです。点滴の落ちる速度も比較的簡単に変えられたので、正直ほっとしました。

皮下点滴の手順・方法05

この点滴は、体のペースに合わせて自然に液が吸収されていくのが特徴と言えます。見ていると本当に少しずつ液が減っていくのが分かり、体が吸収しているのが実感出来るのです。このような機会を持てたことで、体の持つ力を改めて感じることが出来ました。その後も医療スタッフの方達は親身にサポートして下さり、数週間後、無事父を看取ることが出来ました。このような新しい点滴法のおかげで、現在では最後まで自宅で高齢者を介護することが出来るわけです。こういった点滴は、最近ではペットの医療にも広く行われているということでした。

皮下点滴の考察

点滴と言えば血管に注入する方法が一般的とされてきた中、皮下点滴という方法が終末期の医療現場において広まってきています。文字通り皮膚の下から水分を補うこの点滴方法は血管の場合よりも苦痛が軽く、辛い思いを軽減することができます。この背景には人工的な手法を用いた過度の延命を望まず、安らかに最期を迎えたいという患者の思いが表れているのではないでしょうか。こうした動向を見た終末期の医療現場では、患者やその家族にも納得されることが多いので、状況に応じては十分に検討する価値のある有効な選択肢の一つだという見方が増加しています。

皮下点滴のまとめ

皮下点滴の問題点は、カテーテルによる感染によるものです。薬剤の中に侵入していた、菌などが、問題を起こします。末梢静脈で静脈炎が起きて、中心静脈ではカテーテル熱が起きます。電解質異常では、人的ミスによる点滴量の配合の間違いに注意し、よく確認しないといけません。末梢静脈では、濃い輸血が原因で、血菅炎が起こります。血管への針が、不確実なときや、血管の壁が薄い人の場合点滴漏れが、起きやすいので、注意します。化学療法剤が漏れたとき、最悪場合、壊死を引き起こします。鎖骨下静脈での針の誤侵入に注意しないと、気胸を引き起こすので慎重にならないといけません。

皮下点滴で使った言葉の意味・使い方

動物病院で行われる猫の血液検査において、腎機能が低下しているという診断を受けた場合には、自宅で皮下点滴(皮下輸液)を行うように指示されることがあります。初めは点滴をしようとしても猫が逃げたり、上手く注射できなかったりするものなので簡単にはいかず、なかなか上手くできないことが多いです。失敗をすれば猫が痛がったりしてしまうので、早めにコツを掴んで上手になるということが大切です。猫が嫌がる場合には針を細いものに取り変えてみたり、頭を撫でたりして猫の気を惹きつけている間に済ませてしまうなど、色々と工夫をしてみると良いです。時間が経って猫が慣れてくれば難しいことではなくなります。

皮下点滴の方法の注意点

皮下点滴とは、血管ではなく、皮下のたるんでいる部分い行う方法です。近年高齢化と緩和医療の普及のために注目されています。主に胸骨の横当たりの胸壁とへその周りの腹壁の周りに針を刺します。 この手技の利点は、血管が取れなくても補液ができ、針を抜かれてもケガが少ないため患者を抑制する必要がなく、必要な分しか吸収されないために過剰輸液とならず、ロックしておけば長時間挿入していられることなどです。 欠点は1000mlぐらいしか補液できず、日をおうごとに吸収が悪くなり、急性期の治療には使えないなどです。 実際に行う場合は同意書の取得が必要です。

m001-0751

妖怪ウォッチ合成の方法・やり方・手順や使い方

妖怪ウォッチの合成でおすすめされるのが、序盤からともだちにできる、ぜっこう蝶とゼッコウ蝶の組み合わせです。ウォッチランク...

m001-083

【体を柔らかくする】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

太らない体を作るためには、体を柔らかくすることが大切です。筋肉の流れに沿ってしなやかな使い方ができると、一つ一つの動作が...

m001-1319

アクセス制限エラー解除の方法・やり方・手順や使い方・流れ

モバイル端末がWi-Fiに接続されていない状況で、インターネットサイトを閲覧しようとすると、アクセス制限エラーが表示され...

m001-0758

便潜血検査の方法・やり方・手順や使い方

大腸がん検査の検診法の1つに便潜血検査があります。この検査は、便の中に血液が混入していないかどうかを調べるのが目的です。...

m001-1081

分数掛け算の方法・やり方・手順や使い方

分数の掛け算の方法は、分母と分子をそれぞれ掛ければ大丈夫です。そのあとに約分を忘れずに行いましょう。しかし、分母分子の数...

m001-288

しゃっくりを止める方法・やり方・手順や使い方・流れなどについ...

普段普通に生活をしていると突然しゃっくりが発生することがあり、これについては一般的に横隔膜が痙攣を起こしているのが理由と...

m001-396

ユーチューブのアップ方法・やり方・手順や使い方・流れなどにつ...

ユーチューブについては、インターネットを活用している人であれば多くの方が見た事があると言うでしょう。ユーチューブにはさま...

C

NTT西日本MYビリング登録の方法・やり方・手順や使い方

NTT西日本MYビリング登録は無料で行えるサービスで、一旦登録してしまえば月額使用料も無料で、毎月の請求金額をインターネ...

Instrument in the field

測量の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

いろいろな工事を行う際には必ず測量という作業は必要不可欠のものとなっています。その土地の形状や、その地点の高さ、またその...

m001-0847

筋膜リリースの方法・やり方・手順や使い方

筋膜とは、人間の身体の大切な臓器や骨・筋肉を包む膜の事で、この筋膜がなければ人間は身体の形を保てません。そんな重要な筋膜...

D

袋とじの方法・やり方...

買って来た雑誌に、袋とじというものがついていることがあり...

computers on the desk

バージョン下げるの方...

7において、internetexplorerのバージョン...

m001-0658

わらびの冷凍保存の方...

まず保存の前にわらびの下処理をすることが大切となります。...

m001-1369

風量計算の方法・やり...

風量の求め方は、管の断面積と、流れる空気の風速によって求...

m001-196

千切りの方法・やり方...

とんかつ、エビフライ、ハンバーグなど、脂っこい料理の付け...