あやとりの方法・やり方・手順や使い方

あやとりの方法・やり方・手順や使い方

あやとりのコツですがまずは毛糸が重要です。あまり細くないものがとてもやりやすいです。また色は濃い方が見やすいため、とても良いでしょう。これらを用意したら基本的な形から練習しましょう。この基礎から応用していきます。基礎の形は「やま」「かわ」「あみ」「ふね」です。この4つをすいすいできるようになるには何回もやることが大切となります。そして次に「うまのめ」「つづみ」を練習しましょう。これをやることにより指がうまく動くことになります。基本形プラスこの2つを完璧にすれば「ほうき」「ゴム」「東京タワー」など難易度が高いものが比較的簡単にできるのです。

あやとりの方法概要

あやとりとは何かと言うと、それは手の指を使ってひもなどを用いて遊ぶ遊戯です。どうするのかと言うと、一本の紐を使って様々な形を形成するのが主な目的で、そのバリエーションは豊富にあります。この遊びは、日本に古くからある遊びとして今でもしている人がいるほどですが、その奥の深さは意外にあります。この遊戯の文化は、何も日本独自のものではなく海外においても派生されたものではなく、独自で広がりを見せていると言います。なんでもひもを使って色んな形を形成すること自体は、大昔から海外でも存在していたということなのです。

あやとりの手順・方法01

この遊びの歴史は、太古からあったとその当時の資料に記してあったとされます。紀元前からあったとされて、遊びだけでなく呪いの儀式に利用されていたりもしていたと言います。赤ちゃんの姿を模った形もあるとされており、占いをするにあたってもこのあやとりを用いて行っていたとされています。それは、今現在においてもされていると言います。この遊戯が出てきたとされるその理由は、明らかになっていませんが一説にはコミュニケーションツールの一貫として使われていたのではないかと言われています。文字を持たない国が最終的にこの方法を用いてコミュニケーションを行っていたと言います。

あやとりの手順・方法02

この行為は、前述した通り遊びだけでなく呪いや占いにも用いられ、人々に愛されていました。その種類は、なんと何千種類にも及ぶと言います。伝承的なことまで発展していることから察するによほどの伝統が海外各国にあると考えていいでしょう。この遊びは、国によって本質は同じでも目的が全く異なる、状況に合わせたものであるということなのです。日本にとっては、遊びでも他の国によってはコミュニケーションツールであったり、呪術的なことから占い亊まで様々な目的があってそれを真剣に行っています。この遊戯の奥深さに感心させられることが多いです。

あやとりの手順・方法03

あやとりの使い方と手順は、技は色んなのがありますが簡単なものははしごがあります。はしごの形を作るには、まず一本の紐を使って親指と小指に紐をかけます。そして左手の平手にかけてある紐に右手の中指を下から通していきます。それが出来たら今度は、逆に右手の平手にかけてある紐に左手の中指を下からかけていきます。それが出来たら親指にかかっている紐を外してフリーにした後、小指にかけてある奥の三本の紐に親指を通してくぐらせます。それが出来たら親指を中指に掛けてある奥の紐からくぐらせて取らせます。この段階ではしごの形になってきました。

あやとりの手順・方法04

ダイヤの形を形成するには、どうすればいいのかと言うとその手順は、まず初期段階として両手の親指と小指に紐をかけます。左手の小指に紐を一回だけ巻いておきます。親指にも一回巻いておきます。右手にも同様に小指に一回、親指に一回と紐を巻いておきます。それが出来たら左手の親指にかかっている紐を右手の薬指で下から通して取っていきます。その次は、右手の人差し指で左手の小指にかかっている紐を下からくくってとります。今度は、逆に左手の人差し指で右手の小指にかかっている紐を下からくくって取ります。左手の薬指で右手の親指にかかっている紐を下からくくって取ると完成です。

あやとりの手順・方法05

あやとりの文化というのは、何も日本だけではなく世界各国においても自然的に発祥されています。その国によってその目的は様々である時は呪術的なことに用いたりしていたり、ある時には占いを行って人の運勢などやその地域に起こる災いなどを占っていたりしていました。とても古くからあるものではありますが、その奥深さはかなりのものです。その技の種類は多くて三千種類にまで及ぶと言います。ある国では、文字の発達が遅れていたためにあやとりを使ってコミュニケーションを行っていたと言います。そのようなことがあるのならなおさらお遊戯だけにはとどまりません。

あやとりの考察

手指の神経は脳の広範囲の働きに繋がっています。全身の運動と同じように手の運動も健康増進や老化防止の効果があります。気分や感情面にも影響があり、集中するためや緊張やストレスから気分を落ち着かせるために手指を動かす行動が見られます。指先の動きに注目することで精神的にも集中します。あやとりは基本的に技の手順や形を覚えて再現する遊びです。手順を覚えるのも技を再現して形を作るにも相当な集中力と複雑な手指の動きが必要ですね。そのため、子供の情緒面や器用さ、お年寄りの脳のトレーニングにとても効果があるとされています。

あやとりのまとめ01(使い方や注意点など)

認知症は脳に障害が生じて正常だった知能が低下する病気です。脳も筋肉と同じように年をとって使わないようになると機能が衰えていきます。それが認知症の原因の1つにもなります。手にはたくさんの神経が集まっていて、体全体の神経に伸びて繋がっています。手指を複雑に動かすことで脳を強く刺激できて活性化につながりますが、何も考えずにやみくもに動かしても効果はありません。手軽にできるあやとりや折り紙は興味をもって楽しみながら脳に刺激を与えてくれるため、認知症の予防に効果があります。他にも手芸や裁縫、彫刻、トランプなど興味のあることにチャレンジしてみましょう。

あやとりのまとめ02(使い方や注意点など)

ヒモだけでできる昔の遊びとされたあやとりですが、今はその効果から子供の遊びの1つとして積極的に取り入れたいと考える人が多いです。はじめは上手にできませんが、徐々にできるようになる達成感が大きく、手指をうまく動かすことに集中するようになります。手先が器用になると、その後も生活や趣味、学校活動など色々な面で便利ですし、脳にも良い影響を与えます。最初はこの指に通してから、次にこのヒモを取って、と手順を考えながらしますが、そのうち体で覚えて右脳を使う状態になるため、特に右脳の発達に良いとされています。親子で気軽にできる遊びなので、親も技を覚えながら時に教えて、自由な発想で形を作って遊ぶと良いですね。

あやとりのまとめ03(使い方や注意点など)

「あやとり」というものは、日本にある昔からの遊びというイメージがありますが、そうではなくて、世界各国で存在するもののようです。そこで、数々ある技などのやり方についてみてみることにしましょう。まず基本的なポジションとしては、左右の小指と親指に糸をかけ、互いにその真ん中に中指を通したところから始まるようです。やり方としては、一人でやるものと二人でやるものがあるようです。一人の場合には、新技の開発などに没頭できる楽しみ方があるのではないでしょうか。二人でやる方法には、技を決め互いに渡し合うことが特徴だと言えるでしょう。

m001-198

製本の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

冊子や本を作製する、と聞くと、なにやら高価で複雑な手順が必要に感じてしまいます。しかし、最近の技術進歩により、安価で簡単...

BLD035034

おむつ交換の方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについ...

おむつというと赤ちゃんの頃からある程度の年齢まで親が変えてあげなくては行けませんね。スムーズに変える上で大切なことをいく...

会議室

ウィンドウズのスクリーンショットの方法・やり方・手順や使い方

ウィンドウズスクリーンショットを撮る方法はまず、キーボードのPrint Screen キーを押しましょう、キーボードによ...

m001-089

【掃除】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

お部屋掃除は、誰でもする必要があることが多いです。では、そのやり方や手順をしっかりと知っていますか。実は、その流れや掃除...

m001-0986

かがり縫いの方法・やり方・手順や使い方

かがり縫いの用途は布端のほつれ防止やフェルトを縫い合わせに使用します。布端を合わせ、外から玉結びが見えないように布を合わ...

m001-1357

マイクラPEスキン変更の方法・やり方・手順や使い方・流れ

マインクラフトマイクラPEスキンを変更する方法はandroid版の人はタイトル画面から設定アイコン、mobの顔があるアイ...

H

子供の編み込みの方法・やり方・手順や使い方

女の子の髪の毛をくくるのはとてもたいへんです。毛の量は人それぞれですが、小さい時はたいがい毛が細くサラサラしています。と...

m001-0912

バッテリー再生の方法・やり方・手順や使い方

車の鉛バッテリーに電圧が下がり気味になるなどの症状があらわれた際には、添加剤の使用で再生させることができます。添加剤の使...

m001-296

コウモリ駆除の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

近年害獣としてコウモリによる被害を受ける家庭が増加しており、日本でも見かける機会が年々増加している傾向があります。この動...

stainless watering can on garden bed with growing lettuce

菌の黒汁使用の方法・やり方・手順や使い方・流れ

野菜や花といったものを毎年栽培していると、連作障害を起こしてしまうことがあります。その連作障害の対処として菌黒汁使用方法...

m001-1339

IPODTOUCH初...

あらかじめTOUCH本体で購入したコンテンツに関しては、...

telecommunication devices in the data center

ハブ接続の方法・やり...

パソコンが一般家庭に普及していなかった頃は、ネットワーク...

m001-0661

リカバリーの方法・や...

パソコンの調子が悪くなってしまった時には再インストールを...

m001-197

折れたボルトを抜く方...

機械の修理やメンテナンスをしていると、ボルトを抜いている...

Handcraft

刺繍ステッチの方法・...

刺繍ステッチは何かというと、刺繍の方法の一つでその分野の...