ガジュマル剪定の方法・やり方・手順や使い方

ガジュマル剪定の方法・やり方・手順や使い方

ガジュマルは生命力が非常に強いので、不要な枝を根元から切ってしまっても大丈夫です。すぐにあちこちから新芽を出します。剪定の時期は、ガジュマルの成長期である4月から7月がオススメです。ガジュマル剪定の方法はまず、どんな形にしたいかをはっきりと決めておきます。基本的には、伸びすぎないように真上に伸びている枝の先端は切りましょう。また、重なり合っている葉があると、隠れる方の葉の日当たりが悪くなる為、どちらかを切りましょう。根元近くの枝もできるだけ切った方が良いです。あとは自分の整えたい形に切りますが、イメージしているより少し小さめに切るとより良くなります。

ガジュマル剪定の方法概要

手順その1:剪定後の形をよくイメージします。写真や絵などを用意してもよいかもしれません。その2:真上に伸びている枝の先端を切ります。これはガジュマルの背が高くなり過ぎないようにするための作業です。その3:枯れている枝をすべて根本から切り取ります。その4:伸びすぎた枝と、重なり合っている枝をイメージした完成後の姿に近づけるように切ります。途中を切っても、根本から切っても構いません。その5:株元の近くの枝を根本から切り取ります。完成イメージによっては少し残しても構いません。これでガジュマル剪定の作業は完了です。

ガジュマル剪定の手順・方法01

まず、剪定を終えたら必ず切り口に癒合剤を塗ります。これは枝の切り口から雑菌が入りガジュマル全体が病気になったり枯れてしまわないようにするための作業です。どのメーカーの癒合剤も使い方はほとんど同じですが、使用上の注意などは必ず確認してから塗ってください。剪定の際には、完成後のイメージよりも少しだけ小さくすることがポイントです。前述のようにガジュマルはとても生命力の強い植物であるため、夏場などには1週間もすればすぐに新しい葉が生えてきます。少し切りすぎたか、と思うところまで切っておけば、比較的長い間美しく整えられた姿を楽しむことができるでしょう。

ガジュマル剪定の手順・方法02

ガジュマルは、垂れた枝を持つユニークな形が人気の観葉植物です。剪定を考える時には、知っておくと良い豆知識があります。まずどのくらいの大きさまで剪定をしたいのかによって、時期を工夫することです。基本的には生命力の強い木ですので、いつでも剪定が可能です。しかし時には思い切って小さく刈り込みたい時があると思います。その際には、木がもっとも成長し始める4月の直前に行いましょう。これによりガジュマルへのダメージを小さくすることができます。剪定すると白い液が出てきますので、肌の弱い方は必ず園芸用の手袋を着用しましょう。

ガジュマル剪定の手順・方法03

ガジュマル剪定後、その枝は使い方によって盆栽へと変身することが可能です。ポイントは手順にあります。育てたいと思っている鉢の大きさを優先し、それに合わせて枝を切ることです。かなり伸びるのが早い木なので、思い切って刈り込んでしまって大丈夫です。また剪定の後には、枝先を保護するための癒合剤を塗ることも大切です。これにより雑菌から木を守ることができます。ガジュマルは剪定の失敗があまり無く、初めての人でも安心して挑戦できる木です。丸型や円筒型など、自分の好みの形を目指してどんどん剪定していくのがポイントです。

ガジュマル剪定の手順・方法04

ガジュマルは個性的でユニークな外観から人気のある木です。気根と呼ばれる根っこが何本も垂れ下がり、地面に付くと支柱根へと成長します。自然の状態では非常に高い木で20メートルほどにまで成長するため、家庭の限らられた中で育てる際には成長盛んな木を剪定する必要があります。元々生命力が強く、成長が早い特徴から切りすぎても枯れる心配がほとんどなく、丸刈りにするケースや盆栽など使い方に合わせて仕上げます。好みの形に仕上げられる点も魅力です。ガジュマル剪定の時期は特に選びません。沢山切戻したり丸坊主にするなら、樹勢の強い4月から7月あたりの夏季が向いています。

ガジュマル剪定の手順・方法05

生命力の強いガジュマルは剪定を思い切っても大丈夫です。不要な枝を途中や根本から切り取って構いません。手順として、整えたい理想の形をイメージや写真で用意して、枯れている枝や勢いがある枝を切ります。仕上げのイメージより少し小さ目に仕上げると良いです。特に夏は新しい葉がすぐに茂ってくるので丁度良くなります。剪定後は切り口に癒合剤などを塗って保護して、肥料を与えて水やりをたっぷりと、しばらくは半日陰に置いて樹勢が回復したら日当たりの良い場所に戻します。気根はガジュマルらしさでもあるので、できればそのまま伸ばしたいです。幹を太くする役割もあります。

ガジュマル剪定の考察

ガジュマルは生命力が強く成長が早いので、剪定しすぎても枯れることがありません。そのため自分の好きな形に育てることができます。丸坊主など強い剪定を行う場合、回復の早い4月~7月上旬の成長期前が良いです。ガジュマル剪定する時はできあがりをイメージしながら剪定しましょう。高くなりすぎないように真上に伸びる枝の先端を切ります。枯れている枝は根元から、勢いよく伸びている枝は全体の長さに合わせて切ります。重なり合っている枝はどちらかを切ります。切り口には塗布剤を塗り、雑菌の侵入を防ぎます。ガジュマルはイチジク属なので、切り口から乳白色の樹液が出ます。この樹液に触れると被れることがあるので注意してください。

ガジュマル剪定のまとめ01(使い方や注意点など)

多幸の樹とか、精霊が宿る樹といわれ、独特の姿をしているガジュマル。インテリアショップでは、卓上サイズのものから販売されおり、可愛らしい雰囲気が魅力です。生命力も強く育てやすいのですが、気づくと茎と根があちらこちらから生えてきて、ボサボサになってしまうことがあるんです。そんな時は、思い切ってガジュマル剪定していまいましょう。職人のような気分になって、余分な枝や根を切り落としてしまいます。成長する季節である、春から夏を選べば、剪定で枯れてしまうこともありません。もともと大木になる樹ですから、自分で剪定してかわいい卓上サイズを楽しみましょう。

ガジュマル剪定のまとめ02(使い方や注意点など)

ガジュマルは東南アジアから沖縄や屋久島、南西諸島に生息している高さが20メートル以上にもなる高木です。気根を伸ばして土中に入り込み変わった姿をしていて観葉植物にもなっています。盆栽として育てたり室内で育てることができますが、スペースが限られている場合は剪定が必要となります。ガジュマル剪定時期は成長期である夏の前が適しています。よって4月から7月の時期に切り戻しや丸坊主にするのが良いとされています。生命力が強くてすぐに新芽が出て来ます。真上に伸びる枝の先端を切るのがコツで、用具としては園芸用手袋や剪定ばさみ、癒合剤などが必要です。

ガジュマル剪定のまとめ03(使い方や注意点など)

ガジュマルは樹勢の強い木で、本来は高さ20メートルに育つ高木です。室内や盆栽など限られた広さで育てるためには剪定が必要です。切りすぎても枯れることが少ないので大胆な刈込や丸坊主にもできます。剪定は夏の生育期が適しているので4月から7月がオススメです。ガジュマル剪定の方法は基本的に高くなりすぎないよう真上に伸びてきた枝先を切ります。重なり合っている枝や枯れている枝を切り、切り口には雑菌から保護する薬を塗ると良いでしょう。イメージより少し小さく刈り込むと新しい葉が茂った時に丁度よくなります。剪定後は固形肥料と水をたっぷり与えて1週間は半日陰に置いて、木が回復してきたら日当たりの良い場所に戻します。

m001-440

ツイッター登録の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ツイッターを始めるには、必ず登録が必要になります。手順としましては、まずパソコンやスマートフォンでツイッターのトップペー...

m001-425

パソコンでラジオを聴く方法・やり方・手順や使い方・流れなどに...

パソコンでラジオを聴くには、インターネット環境が必要になります。インターネット回線につながっていれば、検索エンジンでra...

m001-0683

フェイスヨガの方法・やり方・手順や使い方

まず、口を「お」を発音するときの形に開けて鼻の下を伸ばして、目線を上にして10秒キープします。次に、顔を鼻先に向かってす...

Asian chinese lady yawning after waking up

【眠気を覚ます】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

子育てをしていると仕事や家事がおろそかになってしまいます。しかし子育てに疲れていても仕事と両立させている人はたくさんいま...

m001-1375

LINE登録PCの方法・やり方・手順や使い方・流れ

LINE登録PCという場合があり、何もスマホだけでやるものと決まっているものではないわけです。ラインはパソコンからやって...

m001-0650

茄子の保存方法・やり方・手順や使い方

茄子の旬は6月~9月で夏野菜になります。保存温度は10℃~12℃で寒いところが苦手です。5℃以下になると身が縮んで低温障...

m001-174

鼻うがいの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

空気中には、ウイルスや細菌などが漂っています。人間は酸素をエネルギーとするために呼吸をしていますが、この呼吸によって、空...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あり退治の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

あり退治は、基本的には家の中で発生してくるアリもいれば、家の庭に発生してくるアリもいます。基本的にはこのどちらかのアリを...

m001-075

【白湯ダイエット】方法・手順・使い方、メリットデメリットなど...

白湯ダイエットとは白湯を飲むだけのダイエット方法です。水をいったん沸かしてお湯にしてから、冷まして飲みます。お湯を冷まし...

m001-1307

シュミットハンマー試験の方法・やり方・手順や使い方・流れ

シュミットハンマー試験法によるコンクリート強度の評価法は、バネ性を持ったハンマーによってコンクリートを叩く事によって行い...

m001-0913

パタカラ体操の方法・...

「パ」は唇をしっかり閉じる練習になるので唇をしっかり閉じ...

m001-014

【体が柔らかくなる】...

体が柔らかくなる方法は毎日のストレッチが手っ取り早いと言...

m001-034

【巻き髪ミディアム】...

風になびくサラサラのロングヘアは、女性であれば一度はやっ...

m001-0867

稲育苗の方法・やり方...

育苗(イクビョウ)とは、種をまいてから苗がある程度、成長...

m001-0699

でべそ直すの方法・や...

低体重で生まれた赤ちゃんに多いのがでべそです。赤ちゃんは...