アイスマッサージの方法・やり方・手順や使い方

アイスマッサージの方法・やり方・手順や使い方


認知症は、食べ物を認識できず嚥下障害(食べ物を飲み下すこと)が起こるケースがある。それに対して有効なのが、アイスマッサージである。このマッサージは、割りばしにカット綿や、ガーゼ等を巻き付けて、水につけて凍らし、凍らしたものに、少量の水をつけて舌の付け根や、上顎を2~3回刺激し嚥下を促していく手法である。この手法を食前のリハビリとして行い、食事中の嚥下動作をスムーズに行って誤嚥(むせ込み)や食事量アップを図っていくことができる。私は、現在介護職として働いているが、この手法を行って、実際に嚥下状態が良くなった介護者を何名も見ているので非常に有効な手段の一つである。



アイスマッサージの方法概要

自宅でできるリハビリ、介護の方法で食前に行う方法があります。食べ物が飲み込めなかったりむせたりする人にピッタリの方法で、「アイスマッサージ」と言われています。手順は簡単で、まず綿棒と氷水を用意します。綿棒がない場合は、細い棒にコットンやガーゼを巻いたものでも代用することが出来ます。使い方は、まずご飯前に氷水を点けた綿棒またはコットンやガーゼを巻いた棒を用意します。氷水をつけたらよく絞っておきます。そしてその綿棒や棒を使用して口を開けて、舌や上顎の部分を刺激させます。無理させず、ゆっくり丁寧に行うことが大切です。

アイスマッサージの手順・方法01

年を取ると嚥下障害が起こりやすくなります。そのため、この様な棒や綿棒などを使用して嚥下反射を鍛えることが出来るようになっているのです。他にも、介護者だけでなく患者自身で行うことが出来る方法もあります。口をすぼめたり、戻したりするだけと簡単な方法です。息を吸って吐いたりする運動を気がついたら行うようにするだけで効果があります。また、ペットボトルを使って出来る方法もあります。水が半分ぐらい入ったペットボトルにストローをさします。そして息を吐いてぶくぶくさせるだけと簡単です。介護者が見守りながら、嚥下を鍛える運動をするのが良いです。

アイスマッサージの手順・方法02

リハビリとして食前に行うアイスマッサージは嚥下機能が衰えた方の嚥下機能を開腹する効果が期待できるマッサージ方法です。このマッサージを行う上で使う道具があります。この道具は割りばしと7センチの正方形にカットしたカット綿で手軽に作ることができます。まず初めに割りばしを半分に割ります。次に割りばしを半分のみ使用し、割りばしにカット綿を巻き付けていきます。水をコップなどに入れて、その水の中にカット綿を巻き付けた割りばしを入れて、カット綿を湿らせます。軽く水気を切ってバットや袋などに入れて冷凍庫で凍らせます。この際、まとめて作ると便利になります。

アイスマッサージの手順・方法03

マッサージの手順として、まずマッサージを行う対象者の上半身を起こすかまくらなどで頭をあげるようにします。このような体勢にすることで誤飲を防ぐことができます。完成した道具をマッサージの直前に冷凍庫より取り出します。次にコップなどに水を入れ、少し割りばしの綿の部分に水をつけます。道具の使い方としては軟口蓋や舌根部を2から3回軽く刺激を与え、空嚥下を促します。刺激を与えた直後に空嚥下が起こるようにします。また、行う際には奥のほうに誤って行き過ぎることのないように注意を払い、無理に行わず必ず状態を見て行います。

アイスマッサージの手順・方法04

以前、体調をかなり酷く崩した時点でリハビリの効用に関して説明された経験があり、食前に行う運動とスタイルなどを説明されました。考えた結果効果の高い運動形態はあまり存在せず、アイスマッサージに興味を抱き病院その他数多く調べる事にしました。何が非常に不快であったかは人として生きている自分に対して機械操作のような扱い方をされた事です。使い方とか手順より何を大切に考える事が良いのかを誰もが知る必要性があると考えています。気持ちと体調からお話しした場合、この方法がベストコンディションを作る事とは考える事が不可能でした。

アイスマッサージの手順・方法05

人間の体は非常に多くの細胞で形成されている事を誰もが熟知していると考えていますが、中には単に評判とかある種の被害妄想で体調を良くできる効果を期待している方が多く存在している事を知っています。自分自身が体験した内容としては、体調が不整脈を多くし、体調が悪く不具合が続き物事に対しての判断能力が低下した事をお知らせ致します。体験談として記載していますので不快に思われる方が存在しても個々の体調と感じ方による事項だと考えて頂きたいです。何かを紹介または体験談を記載する場合、真実を語る事が常に大切な事だと考えています。

アイスマッサージの考察

嚥下障害や高齢者の方は、食事を上手く飲み込めずむせてしまうことがあります。そのような場合、リハビリとして軟口蓋や舌の奥を冷たいもので刺激し、嚥下の練習をすると効果的です。マッサージする際に使用するのは割り箸などの棒の先端にガーゼを巻き、それを水に湿らせ凍らせるなどすると使いやすいです。嚥下障害者や高齢者は口腔内、咽頭の感覚低下や筋力低下により嚥下機能が低下してしまいます。アイスマッサージをすることで冷たい感覚が入り嚥下反射が起こりやすくなります。また、マッサージの際に解けた水を嚥下することで嚥下の練習にもなります。そして、この効果は次の嚥下にもしばらく続くので食前に行うのが効果的です。

アイスマッサージのまとめ01(使い方や注意点など)

アイスマッサージとはリハビリテーションの1つで冷たいマッサージ棒で口の内部を押したり軽く撫でたりすることで嚥下反射(飲み込もうとする反射)を誘発させることを目的としています。食前に行うと食べ始めに起こりやすいムセを減らすことができます。まず準備するものは、手作りマッサージ棒又は綿棒です。マッサージ棒の作り方はカット綿(7cm×7cm)を割り箸に巻き付けます。水を含ませ軽く絞って凍らせます。次は方法です。凍ったマッサージ棒に少し水をつけて、軟口蓋や舌根部を軽く刺激した後、すぐに空嚥下(からえんげ)させます。嚥下反射は物理的刺激や水の化学的刺激、氷の温度刺激の相乗効果で誘発されやすくなります。

アイスマッサージのまとめ02(使い方や注意点など)

食前に行なうことにより、むせるなどの減少効果を期待することが出来るアイスマッサージというリハビリがあります。上手く飲み込むことが出来ないという人に対して行なうことにより、飲込みの誘発にもつながります。必要な物は綿棒と氷水です。まず、氷水で綿棒を濡らし水をきり、上あご・舌をそれぞれ10回ほど刺激していきます。綿棒は大きいタイプを使用するようにしましょう。刺激することにより、ごっくんと飲み込むような動きが無くても、飲込みの準備や訓練になりますので、諦めずに口腔内の刺激を継続するようにすることが大切です。

アイスマッサージのまとめ03(使い方や注意点など)

アイスマッサージにより、家庭で簡単に嚥下運動におけるリハビリを進めていくことができます。その方法としては、まずは市販の綿棒、または割り箸に綿を巻きつけたものを用意します。どちらの場合でも、軽く水をつけてしぼった上で、凍らせておきます。そして食前に、先端部分を水で濡らしてから、口腔内を刺激します。具体的には、口腔内の天井うち奥のやわらかい部分や、舌の付け根の部分です。これらを、軽く押したり撫でたりしていると、物理的な刺激や氷との温度差により、嚥下反射が起こりやすくなるのです。これにより、食事の際に食べ物を飲み込みやすくなります。



m001-061

【シーネ・固定】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

人が長い一生を生活するうえで、一度も骨折や捻挫といった怪我をしたことがない人というのは、おそらく存在しないはずです。 ...

Colorful Lighter

使い捨てライター処分の方法・やり方・手順や使い方・流れなどに...

引き出しの中に使い終わった使い捨てライターなどを長期間保管している人も多いかと思います。しかし引き出しの中などで使い終わ...

m001-0815

写真縮小の方法・やり方・手順や使い方

写真縮小をするには行くかの方法があります。1つ1つサイズを変更していくときには、写真の加工ソフトであればほとんどのソフト...

m001-076

【尿酸値を下げる】方法・手順・使い方、メリットデメリットなど...

最近、痛風を発症する年齢が若年化しつつあります。以前は、40~50代で痛風を発症する人が多かったのですが、1990年代の...

m001-192

太鼓さん次郎の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

太鼓さん次郎とは、一体どういうものなのでしょうか。一言で表現しますと、ゲームセンターに設置してある有名な某太鼓ゲームをコ...

SONY DSC

【認知行動療法】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

色んな心の悩みを持った方への対応としてカウンセラーによる心理療法が使われることがあり、その一つに認知行動療法というものが...

m001-1123

メールを拒否する方法・やり方・手順や使い方

パソコンやスマホでメールを使用する時は、メールを拒否する方法や観覧方法などを知る事が大切です。GmailやOutlook...

BLD031905

コーンロウの方法・やり方・手順や使い方

コーンロウの編み方で大事になるのが、編み分けです。分けた部分がこの髪型のデザインになり、まっすぐなラインをくしできれいに...

m001-0912

バッテリー再生の方法・やり方・手順や使い方

車の鉛バッテリーに電圧が下がり気味になるなどの症状があらわれた際には、添加剤の使用で再生させることができます。添加剤の使...

m001-0986

かがり縫いの方法・やり方・手順や使い方

かがり縫いの用途は布端のほつれ防止やフェルトを縫い合わせに使用します。布端を合わせ、外から玉結びが見えないように布を合わ...

Network cables connected to computer

バッファロー無線ルー...

バッファロー無線ルーター接続を行なう上で、なぜバッファロ...

m001-0640

交通費計算の方法・や...

交通費計算をするにはさまざまな経路の中から算定をしていか...

Man using tablet

【ウイルスチェック】...

パソコンやスマートフォンなどを使用している際、注意しなけ...

m001-0678

ベンレート水和剤使用...

園芸作物の大敵は害虫と病原菌です。作物はべと病や、うどん...

m001-366

減価償却費をエクセル...

固定資産は、勘定科目の体系上は「有形固定資産」、「無形固...