GSHOCK電池交換の方法・やり方・手順や使い方

GSHOCK電池交換の方法・やり方・手順や使い方

GSHOCK電池交換はメーカーに時計を直接送って、おこってもらうのが基本となっています。交換の申し込みの詳しい情報はメーカーのホームページに載っていますので確認してみましょう。メーカーでの電池交換はGSHOCKの特徴の一つである防水機能もしっかりと保証してくれます。その他にも自分で電池を交換するという方法もありますが、この方法では防水機能は期待できません。しかし、メーカーに送る方法よりもずっと安く電池交換をすることができますので、防水機能はいらないと考えている方にはこちらの方法もオススメできます。

GSHOCK電池交換の方法概要

GSHOCK電池交換の電池交換作業に必要な道具は、交換用の新しい電池、ピンセット、00号のプラスドライバーです。新しい電池は交換作業を行うGSHOCKに合う電池を用意します。型番などを参考にして調べて用意しておきましょう。調べてもわからない場合は分解作業を行って、電池の種類を直接確認して購入しましょう。ピンセットは細かい作業がおこないやすい、先端が細くなったタイプのピンセットを用意します。ドライバーは00号のプラスドライバーであればホームセンターで購入できるもので構いません。作業を始める前に以上の道具をそろえておきましょう。

GSHOCK電池交換の手順・方法01

道具が用意で来たらGSHOCKの電池交換作業を始めます。まずはプラスドライバーを使用してベルトの取り外しから始めましょう。GSHOCKのベルトは時計本体の四隅の部分にあるネジで固定されています。この4本のネジを取り外しましょう。ネジを取り外したら取り外した場所が分かるように、メモなどで取り外した場所を書いておくようにします。時計の場合ネジの場所が指定されていることが多いので、GSHOCKを分解する際も外したネジは同じ場所に使用するようにします。ネジの取り外しができたらベルトが本体から外せるようになるので、取り外して保管しておきましょう。

GSHOCK電池交換の手順・方法02

GSHOCKのベルトの取り外しができたら、次は裏蓋を外す作業を行います。裏蓋は時計の裏面の四隅の位置にあるネジで止めてあります。四隅にあるネジをドライバーで取り外しましょう。この時も、四本のネジを取り外した場所をメモすることを忘れないように注意しましょう。ネジの取り外しが済んだら、裏蓋をピンセットで持ち上げて取り外します。裏蓋を取り外したら、裏蓋の下にあるゴム部品を丁寧に扱いましょう。裏蓋の下にあるゴム部品は防水や衝撃を緩和する重要な役割を果たしているので、取り外す際に傷をつけたりしないように作業します。

GSHOCK電池交換の手順・方法03

裏蓋とゴム部品の取り外したら、シールが見えるはずです。このシールの下に電池があります。シールも組み立て作業を行う際に再度使用するので、はがしても捨てないようにしましょう。シールはピンセットで丁寧にはがします。シールをはがしたらゴミなどが付着しない場所に保管しておきましょう。次は電池の取り外し作業を行います。シールをはがしたら、電池を止めている銀色の金具が出てきます。電池はこの金具を持ち上げながら交換します。電池を交換する際はピンセットの使い方に注意しながら作業を行います。この金具を無理に曲げたり、取り外したりしないように注意して作業を行いましょう。

GSHOCK電池交換の手順・方法04

シールの取り外しと金具の確認ができたら、電池の入れ替え作業を行います。まず、ピンセットで上から電池を軽く抑えて電池を抑えている金具が少しだけ持ち上がるようにします。金具が少し持ち上がったら、電池を押さえているフックの部分をピンセットで少しだけ広げるようにします。余り広げすぎると元に戻らなくなってしますので、決して広げすぎないようにしましょう。電池を押さえているフックの部分を広げたら、金具で押さえられていた電池が持ち上がってきます。電池が持ち上がってきたらピンセットで取り出しましょう。古い電池を取り出したら、新しい電池を間違えないように取り付けます。

GSHOCK電池交換の手順・方法05

電池の取り付け作業が済んだら、金属部品を軽く上から押さえましょう。するとフックがかかり、電池が固定されます。外していたシールを貼り、時計が動いていることを確認しましょう。この時に動いていなければ、リセットボタンをピンセットで押します。動作が確認できたら、ゴム部品を戻し裏蓋を取り付けましょう。裏蓋を取り付けたらネジの取り付けを行います。ゴム部品と裏蓋の取り付けができたら、次はベルトを取り付けます。ベルトの取り付けができたら、時刻合わせを行い正常に作動しているかを確認します。正常に作動していれば、GSHOCK電池交換作業は終了です。以上がGSHOCK電池交換の手順となります。

GSHOCK電池交換の考察

腕時計は便利なものですが、電池で動く場合が多いのでそれが切れてしまったら止まってしまいます。精密ドライバーがあれば自分で交換をすることも可能ですが、値段の高い腕時計の場合は緊張してしまいます。失敗しないで電池交換を行うためには専門店に腕時計を持ち込んで、交換をして貰うことが一番です。GSHOCK電池交換を専門家に依頼をすれば安心です。失敗をする心配をする必要がありません。GSHOCKのような高級な腕時計は強度も高く長期間使用することができるので、定期的に電池交換をして末永く付き合っていくのが良いのです。

GSHOCK電池交換のまとめ01(使い方や注意点など)

GSHOCKの電池はほぼ2年ぐらいで交換することとなります。GSHOCK電池交換は裏ぶたを専用工具で開けて水銀電池を入れ替えるだけですから、専用工具があれば素人でも簡単に開けることができます。また電池はネットなどでひとつ300円から500円程度でも手に入りますので、起用な人なら自分でも簡単に効果が可能です。お店でも最近では1000円程度で交換してくれますので切れてしまったらさっそく交換してみることが肝要です。電池がないまま動かさないと時計にもよくありませから早めに交換することが大切になるのです。

GSHOCK電池交換のまとめ02(使い方や注意点など)

GSHOCK電池交換をしておいた方がいいと言うわけです。なぜしておいた方がいいのかというと上にしておかないといざとまったときに問題が発生してくるわけです。大事な仕事の前なのに止まってしまうと非常に問題がある。なので定期的にしておいた方がいざと言うときのことを考えると良いですし50円と言う事は誰にもわからないわけです。昨日動いていても止まってしまうということも考えられますしその場合いざと待ってから行動を考えるとやはり30分時間を損してしまうということが考えられます。30分でも時間をそうしてしまうともったいないのでやめたほうがいいと思います。

GSHOCK電池交換のまとめ03(使い方や注意点など)

GSHOCKの電池交換作業に必要なのはプラスドライバーとピンセットです。まずは時計の裏側にある4本のネジをプラスドライバーで外します。ネジを外すと裏蓋を取ることができます。裏蓋を外したら、中のゴムパッキンを取り外します。次は電池を止めている金具を開きます。金具を外すコツは、金具の根元部分にあるプラスチックを軽く抑えることです。金具の口が持ち上がったら、ピンセットを使って電池を交換します。電池を交換したら金具で電池を固定します。電池を固定したらリセットボタンをピンセットの先端を使って押します。動作を確認したらゴムパッキンと裏蓋を取り付けます。以上がGSHOCK電池交換の方法とコツです。

m001-342

親子縁切りの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

いろいろな事情で親子縁切りをお考えだと思います。初めに書きますが親子の縁が切れる明確な制度は無いのです。裁判所に訴える事...

m001-0622

縦列駐車の方法・やり方・手順や使い方

車の運転で最も難しいのが縦列駐車です。縦列に駐車するために必要なスペースは車長の1.5倍です。これ以上狭いスペースには止...

m001-0750

浴衣アップヘアの方法・やり方・手順や使い方

浴衣の日はアップヘアがやはり、人気ありますね。短い髪の毛も長い髪の毛も上手く工夫すれば、普段とは違う髪型で男性に人気まち...

m001-0480

エクセル関数の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

会社で表計算ソフトを利用している方は多いでしょう。数値を扱わない会社というのが考えられない現在、ほぼすべての場所で使用さ...

m001-0467

かわいくなる方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

女性の印象を変える方法としておすすめなのはやはり化粧でしょう。化粧の仕方等によても印象は随分と変わってきます。かわいくな...

m001-0880

ゆうちょ銀行の振り込み方法・やり方・手順や使い方

ATMを使っての振り込みは、窓口よりも待つ時間が少なくスムーズに行えます。画面に出てくる説明に従って入力を行えば誰でも簡...

Strawberry frozen strawberries placed on a wooden floor.

いちごの冷凍方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

いちごは傷みやすいので早めに食べるか冷凍保存するのが良いです。洗ってからヘタを取り、キッチンペーパーなどで水分を拭きとっ...

m001-207

心肺蘇生法の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

近年では様々な災害が起きています。2011年の東日本大震災に始まり、火山の噴火など今まで鳴りを潜めていた事態が多くなって...

m001-297

くるみを割る方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

一口にくるみと言っても、世界中には様々な種類があります。それぞれに固さや大きさ、それに形などが微妙に違います。その当然の...

m001-1293

ハイフラ防止取り付けの方法・やり方・手順や使い方・流れ

ウインカーをLED化した場合、ハイフラ防止取り付けをする必要があります。ハイフラとは、ハイフラッシャー現象の略で、高速点...

m001-1233

満点様ログインの方法...

運転免許のインターネット学科学習システム、満点様のログイ...

Office applause

博多一本締めの方法・...

博多一本締めは、別名「博多手一本」と呼ばれています。福岡...

m001-333

鯛料理の方法・やり方...

鯛は、日本人が好きな魚の1つであり、日本そのものを現すイ...

m001-0930

テレビ配線の方法・や...

現在のテレビは地上デジタルに移行したことにより多くのチャ...

m001-0685

ピューラックス使用の...

殺菌消毒剤である、ピューラックスは、製造日から1年間に使...