テニス肘治療の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

テニス肘治療の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて


スポーツが日本において始まったころは、ごく一部の人たちが行うものでした。しかし、多くの人が高等学校や大学に通うことが、当然のことになったころから、徐々にその環境は変化していきました。高等学校や大学に通う学生の多くは、何らかのクラブ活動を行うものですが、なかでもスポーツは特に人気が高いのです。こうした時代が長く続くようになりますと、スポーツをしたことがある人の方が、全体の中で多数派を占めるようになってきたのです。もちろんスポーツには、さまざまな種目や競技が存在しますが、なかでも最近注目が高まっているのがテニスと言えるでしょう。



テニス肘治療の方法概要

日本におけるテニスの歴史は、実は意外なくらいに古いものがありまして、戦前は特に大きな大会で優勝を飾っていました。 ところが、戦後になると長く低迷する流れが続きました。 時として、ウインブルドンをはじめとした4大大会でも、良い成績を残す選手はいましたが、一時的なものでした。 ところが最近になりまして、連続してコンスタントに良い成績を残す選手が登場しまして、注目されるようになってきたのです。 このため、以前からテニスを愛好する人たちは、より積極的に楽しむ流れになっています。 加えて子供世代でも、テニスを習うことが流行する流れになってきているのです。

テニス肘治療の手順・方法01

さて、スポーツは楽しいものですが、反面として身体を使うために、さまざまな傷害を伴うことも珍しくありません。 なかでも一番多い障害が、テニス肘と呼ばれるものになりまして、老若男女に起こり得るものです。 例えば、若い学生くらいの世代の人においても発生しますし、中高年のベテランにおいても発生するのです。 しかし、発生する年齢としてもっとも多くてピークを迎えるのが、中年世代の人々といえます。 理由としては、中年世代と言うのは、活動量そのものは若い時とそれほど低下しないのですが、肉体的には後退する時期だからです。

テニス肘治療の手順・方法02

これに対して、高齢者世代になりますと、発症する人はもちろん存在しますが、ぐっと少なくなります。 理由としては、肉体的にはさらに後退しているのですが、活動量そのものが少なくなるからなのです。 また、若い世代は肉体的には若いので、発症しにくいことが基本になります。 しかし、この世代は活動量がとても多くなることがあるために、発症してしまうことがあるのです。 例えるならば、若い野球のピッチャーが、一試合で150球程度を連投して、肩や肘関節を傷めるのと同じ手順とも言えます。 このように、あらゆる年代においてテニス肘は発生する要因があるのです。

テニス肘治療の手順・方法03

そこで求められるのが、いかにテニス肘を予防するのか、あるいは治療するのかです。 そこで、今回はまず予防と言う観点から述べます。 若い世代においては、一番の要因の活動量を少なくする使い方が必要になります。 先述の若い世代の野球のピッチャーであれば、一日の投球数の上限となる使い方の目安が今では定められています。 同じようにこのケースでも、ある程度のスイング数の使い方の目安を定めることが、必要な流れだと考えられます。 例えば、一日のストローク数を決めると言った方法が、これに相当します。 テニスという競技においては、ラリーが続く場合がありまして、ストローク数が格段に多くなる可能性があるからです。

テニス肘治療の手順・方法04

"さらに若い世代において忘れてはならないのは、技術的な方法の未熟さがあるということです。 若い時からテニスをしている人は、すでにある程度の理想的なフォームを習得しているものです。 しかし若い世代と言うのは、理想的なフォームを確立させる時期ですから、肘に負担の多い打ち方をしていることが多いのです。 この肘に負担の多い打ち方の典型的なものが、手先だけで打ち返すやり方です。 手先だけで打つやり方は、前腕の筋肉を酷使するために、結果として肘への衝撃が大きくなるのです。 したがって、腰や下半身をはじめとした、身体全体の力を使ったフォームの習得を、最優先させるべきだと言えます。"

テニス肘治療の手順・方法05

次に、中年世代の予防について考えてみましょう。 中年世代は、先述のように活動量は多いにもかかわらず、肉体的な後退が始まる時期です。 したがって、若者世代のように活動量を少なくするという基本を踏まえたうえで、さらに工夫する手順が必要なのです。 例えば、肉体的な後退を補うためには、筋力を維持向上させる手順も忘れてはなりません。 筋力向上の基本となるのは、意外かもしれませんが、前腕の筋力ではなくて下半身の筋力です。 これは、野球のバッターが走り込みをすることによって、下半身から始動するフォームを目指すのと同じです。

テニス肘治療の考察

上肢の筋力と言うのは、下半身に比べると、やはりそれほど強いものではありませんし、鍛えるのは限界があるのです。 しかし、下半身の筋力と言うのは、基本的に上肢の何倍もありますので、これを鍛える方が効率的なのです。 特に、大腿部前面の大腿四頭筋は、下肢の筋力の中心的な存在ですので、筋力向上を図るべきと言えるでしょう。 また、若い時と言うのは体力がありますので、力任せの上肢中心のフォームが身に付いて中年を迎えるケースも存在します。 こうしたケースでは、先述の若い世代と同様に、身体全体を使ったフォームに改良する必要があるのです。

テニス肘治療のまとめ01(使い方や注意点など)

次に、高齢者のテニス肘の予防のやり方です。 この世代と言うのは、年齢的に傷めて当然と考えがちですが、意外にそうではありません。これは、基本的にこれまで述べてきた理想的なフォームを、若い時代や中年時代を通して、すでに身に付けているからです。 そうした意味では、いかにテニスをする環境を整えるかが、予防をするカギになってきます。 例えば、コンクリートのハードコートは、打球に勢いがありますので、肘への負担も高くなります。 この点においては、これまでハードコートでプレーしてきていたならば、あえてクレイコートを選択することも大切です。

テニス肘治療のまとめ02(使い方や注意点など)

あるいは、これまで若い時から長いあいだ使用してきた道具を見直すことも、効果的な予防に繋がります。 例えば、これまでラケットのガットのテンションを、固めにしていたとすると、やはり肘への衝撃が高くなります。 こうしたケースでは、ガットのテンションを柔らかくして、プレースタイルを柔軟にすることも大切です。 また、ラケットという点から加えて述べると、スイートスポットの広いものを選択するのも良い方法です。 スイートスポットの広いものは、上級者にとって受け入れにくい場合もありますが、それを積極的に受け入れるのです。

テニス肘治療のまとめ03(使い方や注意点など)

さて、ここまで年代ごとに特有な予防法について述べてきましたが、共通するやり方も紹介します。 もっともよく行われている予防法は、何と言ってもテニスエルボーバンドを使用することです。 このバンドは、痛くなる肘関節ではなくて、少し下の前腕の近位部に装着します。 理由としては、前腕の筋肉を圧迫することによって、肘に伝わる衝撃量を少しでも軽減する目的があります。 また忘れてはならないのが、あまりにも基本的ではありますが、練習や試合前後のストレッチングです。 これらの方法は、予防だけではなくて、治療にも使われる方法です。 したがって、実際に発症した人においても利用すると、効果的な治療に繋がります。



Digital composite of businesswoman touching tablet with interface

ハイパーリンクの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

Excelハイパーリンクとは、ホームページやワードなどのデジタルデータの文中の単語や画像などに他の文章や画像の位置情報を...

SONY DSC

スイカ摘心の方法・やり方・手順や使い方

スイカは摘心をすることにより大きくて味の良いものが収穫することができます。植えつけてからしばらくすると盛んにツルが伸びて...

m001-282

タオル体操の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

女性はもちろん、男性もメリハリの効いたボディ作りに運動を取り入れているケースは多いものの、無酸素運動に使われるマシンの使...

m001-0477

お祭り用ヘアアレンジの方法・やり方・手順や使い方・流れなどに...

お祭りと言えば、浴衣を連想する方は少なくありません。浴衣は普段の洋服とは違い、夏らしく爽やかな印象を与える事が出来ます。...

Cropped image of male doctor checking female patients blood pressure in clinic

ためしてガッテンの血圧を下げるの方法・やり方・手順や使い方・...

全国、数千万人が抱えていると言われているのが高血圧で、機械測定したら数値が高く、血圧計の使い方が間違っているのではないか...

Gardening tools and houseplants – still life

観葉植物植え替えの方法・やり方・手順や使い方

観葉植物の植え替えを行う際には、まず最初に以前のものより一回り大きな鉢を用意します。古い鉢から丁寧に植物を引き抜いたら、...

m001-083

【体を柔らかくする】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

太らない体を作るためには、体を柔らかくすることが大切です。筋肉の流れに沿ってしなやかな使い方ができると、一つ一つの動作が...

m001-1288

ピボットヒンジ調整の方法・やり方・手順や使い方・流れ

ドアの開閉がうまくいかず床を傷付けることもあります。これは、ドアのたてつけがくるっているものです。このゆがみを調整するの...

m001-1253

鋼管杭施工の方法・やり方・手順や使い方・流れ

建物などの構造物を支えるのに基礎工事の中で最も多く用いられる方法は杭工法です。大きく分けると工場で作られたコンクリートや...

SONY DSC

ローレット加工の方法・やり方・手順や使い方・流れ

ローレット加工には用途により3種類があります。まず1つ目は斜めローレットです。こちらは自動車や機械などに使用されるねじに...

Handcraft

刺繍ステッチの方法・...

刺繍ステッチは何かというと、刺繍の方法の一つでその分野の...

m001-0666

ヤフーメールアドレス...

メールアドレス取得のためには、ヤフージャパンのIDを作成...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バイク塗装の方法・や...

バイクの塗装を行う際は塗料、サフェーサー、クリアスプレー...

m001-1303

そろばん掛け算の方法...

珠算をやっていた人であれば、繰り返し訓練していくことで、...

m001-1007

WINDOWSバージ...

WINDOWSといえば、皆さん言わずもがな語損なものであ...