人参の保存方法・やり方・手順や使い方

人参の保存方法・やり方・手順や使い方

人参保存を上手にすることで、食材の無駄をなくすだけでなく、手間や時間短縮になってとても便利です。人参は、冷凍保存をすることができます。まず、人参を水洗いをし皮をむきます。次に、1本そのまま冷凍してしまうと使いにくいので、使いやすく短冊切りやいちょう切りなどの形ごとに使う分をラップで包んで保存用袋に入れて冷凍します。使う時は、ラップで包んだ分を凍ったまま味噌汁に使ったりできます。炒め物に入れたい時は、さっと熱湯をかけて解凍して使いましょう。料理の度に食材を洗ったり、切ったりする手間をはぶくことができるので、忙しい主婦にはおすすめです。

人参保存の方法概要

人参保存方法は様々あるので、沢山人参が収穫できた際や購入した際に試してみるのがおすすめです。まずはじめに人参は乾燥しないように保存することが大切です。一つひとつ新聞紙やポリ袋にくるんで冷蔵庫の野菜室などで保存します。また、横に寝かせるのではなく、立ててあげるとより長持ちするのでおすすめです。水気などがある場合はよく拭きとって保存します。また、冬季などで気温や室温が低い場合は常温での保存も可能となっています。きちんと保存しないと、水分が抜けてしわしわになってくるので注意が必要となる野菜となっています。

人参保存の手順・方法01

泥や葉などが付いている場合はきちんと取り除くのがポイントです。また湿気などで汗をかいているものも拭き取ってあげるのが良いです。切ってしまった人参は、より傷むのが早くなっています。それだけ人参の表面に空気が触れやすくなっているからです。細かく切ってしまうと数日で使いきらなくてはならないため、使用しない場合は、切らないことが大切です。細かく切ってしまったら、茹でたりレンジで加熱して、冷凍庫で保存するのが一番です。色々な使い方ができ、炒めものや煮物などに使用することができるので便利な方法となっています。

人参保存の手順・方法02

冷凍する際は、まずそのままでなく加熱して水気をしっかりと切ります。生のままでも保存することは可能ですが、風味などが変わってしまうため加熱が推奨されます。冷凍した人参は生のようなシャキシャキ感は無くなってしまうため、炒めものやスープなどの煮込みに適しています。冷凍保存であれば1か月保存することができるので、1回で使用する量だけ細かく分けてあげれば使いやすくなっています。人参を加工して長く使用したいなら、「にんじんジャム」がおすすめです。手順もすごく簡単で子供でも食べることができるようになっています。

人参保存の手順・方法03

にんじんジャムの作り方は、皮を剥いて小さめに切ります。沸騰した鍋の中に人参を入れ、3分程度煮ます。人参に少し加熱したらミキサーに煮汁を100ミリリットルと一緒にいれてかけます。人参のピューレができるので、ここで保存しておくと離乳食などに使用することができます。人参のピューレを鍋にかけて、砂糖とレモン汁と共に煮詰めます。鍋にかけた人参がとろとろしてきたら、火を留めて冷まします。煮沸消毒した容器に冷めたにんじんジャムを入れれば完成です。1ヶ月ほど保存することが可能になっており、トーストやヨーグルトとともに食べることが出来ます。

人参保存の手順・方法04

沢山にんじんを食べたいなら「にんじんドレッシング」がおすすめです。生のにんじんを皮を剥いてミキサーなどにかけてピューレ状にします。滑らかになったらにんにくや玉ねぎなど、好みの野菜を入れます。全て滑らかになったら、黒酢やオリーブオイルやしょうゆなどの好みの調味料を混ぜます。イタリアンドレッシングにしたければ、黒胡椒やマスタードなどをプラスしてあげたり和風にしたければごまなどを入れることができます。好みに合わせて自由に作ることが出来るため、簡単だけでなく色々な料理に合わせることができるので保存に適しています。

人参保存の手順・方法05

「にんじんチップス」もにんじんを沢山使用することが出来るためおすすめです。ノンオイルで作るなら、天日干しにするのがおすすめです。薄く切って水気を切ったにんじんを重ならないようにざるなどにのせて、2日から3日太陽の下に置いておくだけで出来るのです。また、120度で熱したオーブンを使用すれば、1時間ほどで完成させることができます。ですから時間がない時や冬季などは、オーブンを使用した方法がおすすめです。ビールのおつまみなどで使用する場合は、油であげるのがおすすめです。薄くスライスしたにんじんを、油に揚げるだけで簡単に作ることが出来ます。

人参保存の考察

常温で人参保存する場合には注意する点がいくつかあります。なぜなら、人参は湿気に大変弱い野菜だからです。そのため、人参をそのまま保存する際は新聞紙やいらない紙などに包み、湿気が出来る限り付かないように保存を行います。また、人参を保存する場所は出来る限り湿気のない風通しの良い場所で保存することが大切となります。それに加え、人参が直射日光に当たらず、出来るだけ涼しい場所での保管を行うことも大切となります。また、葉が付いた人参の場合は、葉と根の部分を分けて別々に保存することがより長期間保存するためには大切となります。

人参保存のまとめ01(使い方や注意点など)

人参は温かいとすぐに傷んでしまいます。そのため、温かい季節には冷蔵庫にて保存することが大切となります。その保存方法としてはまず、人参をきれいに水で洗います。次に葉と根がつながっていたら切り分けます。その後、水気を良くふき取り、ポリ袋などに入れて冷蔵庫にて保存します。また、この際葉と根の部分を分けて袋に入れて保存することが大切となります。それに加え、人参はエチレンガスが発生する野菜や果物と一緒に保管することで苦みが出てしまいます。そのため、りんごやジャガイモ、パッションフルーツ、メロンなどを近くに保存しないことが重要となってきます。

人参保存のまとめ02(使い方や注意点など)

冷凍庫にて人参を保存する際は必ず守るべきことがあります。それは必ず加熱調理を行ってから冷凍保存を行うことです。まず人参を食べやすい大きさに切ります。切り方は冷凍庫からそのままの状態で調理に使用できるように使う料理を考えて切り分けておきます。次に人参を下茹でします。人参は根菜類にあたるため、必ず水から下茹でを行います。串が通るくらいの柔らかさになったら、ざるにあけて水けをきり、粗熱を取ります。粗熱が取れたらジップロックやタッパーに入れて冷凍庫にて保存します。保存期間は約半年となっています。使う際は解凍して使用してもそのまま使用してもどちらでも可能となっています。

人参保存のまとめ03(使い方や注意点など)

人参保存方法について、丸ごと1本保存する場合は軽く洗い、表面を軽く拭き取り、ポリ袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存します。涼しい時期の数日であれば常温保存も可能です。 切った場合には、水分を軽く拭き取ってからラップ保存がおすすめです。先端から傷み始めるので、先の方から使いましょう。 冷凍保存するには、薄く皮をむき、短冊切りや輪切りなどの使いやすい形にカットします。さっとゆでで水にとり、水分を拭き取りましょう。凍った際にくっつかないように、ラップを敷いた金属製のトレイに間隔をあけて並べ、ラップをかぶせます。凍ったら保存袋に移しましょう。加熱して使う場合は、凍ったまま使えます。

m001-225

高齢者体操の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

いつまでもアクティブに、そして何よりも自立したライフスタイルを送るためにも、60代・70代・80代となる高齢者にとって、...

m001-408

ブルーベリー肥料のやり方・方法・手順や使い方・流れなどについ...

ブルーベリーは、北アメリカが原産で、ツツジ科のスノキ属小果樹で、濃い青紫色の果実か着くことからブルーベリーと呼ばれていま...

High angle view of an artist drawing something on graphic tablet at the office

画像拡大の方法・やり方・手順や使い方

小さなイラストを画像拡大したいとき、拡大したものをそのまま使用すると画像がぼやけたり、ギザギザして見えたり、画像が粗くな...

m001-0632

脂肪肝を治す方法・やり方・手順や使い方

"脂肪肝を治す方法に挙げられるダイエットは、栄養士の指導を受けて正しい方法で行わなければなりません。闇雲に摂取kcalを...

m001-545

AMAZON登録の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについ...

最近インターネットを始めたばかりでネットショッピングというものにはまだ手を出したことが無い方でも、AMAZONというネッ...

m001-1220

フェイスブック検索の方法・やり方・手順や使い方・流れ

世界規模でユーザーが増えている大規模なSNSサイトの一つにフェイスブックというものがあります。このサイトでは、様々なユー...

m001-1110

ライン削除復活の方法・やり方・手順や使い方

復活する方法はどうすればいいかというと、ラインIDのIDの番号が気に食わないということは誰にでもあると思います。番号が気...

m001-215

止血の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

包丁やカッターなどの刃物で指や足などを切ってしまった場合に、応急処置として怪我をした所を止血することがあります。応急処置...

m001-014

【体が柔らかくなる】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

体が柔らかくなる方法は毎日のストレッチが手っ取り早いと言えます。そのやり方は簡単です。足のつま先から上に向かって行ってい...

m001-1264

柿木接ぎ木の方法・やり方・手順や使い方・流れ

接ぎ木を行うことで、複数の樹木の性質を持たせたり、樹木の成長を補うことができます。接ぎ木は新芽が芽吹く季節に行うのが良く...

m001-305

カメムシ駆除の方法・...

カメムシとは何かというと、昆虫の一種です。カメムシ目カメ...

m001-398

マニュアル作成の方法...

職場では、多くのスタッフが一緒になって仕事をすることにな...

m001-0463

クレーム対応の方法・...

日々の仕事のなかで、必ずクレームというものに遭遇すること...

m001-121

テレビのマルチリモコ...

テレビというものは現在では、必需品といっても過言ではない...

m001-408

ブルーベリー肥料のや...

ブルーベリーは、北アメリカが原産で、ツツジ科のスノキ属小...