にんにく収穫の方法・やり方・手順や使い方

にんにく収穫の方法・やり方・手順や使い方

にんにく収穫の時期は越冬後の2月上旬から3月下旬に行います。収穫の目安はおよそ8か月越冬させ、葉先が枯れた、葉の2から3枚が完全に枯れた状態がベストです。また、雨の時は収穫を避けることが注意点となります。収穫の際は軍手などで手を保護して行います。にんにくの根元の茎をもち、一気に引き抜きます。この際に力が分散しないように上向きに力を入れるようにします。このように収穫したにんにくは球根の部分の根を切り、茎と球根の近くを切り取ります。このような作業を行うことで、収穫後の保管に場所を取ることなく、手軽に行うことができます。

にんにく収穫の方法概要

にんにくは8月の末から10月までに植え付けを行い、5月から6月に収穫します。収穫後の手順は、よく乾燥させることが最も重要なポイントです。乾燥に失敗すると、にんにくの美味しさが逃げてしまい腐ってしまう可能性も高くなります。プロの方は、専用の乾燥器を所持しており、カラカラのにんにくを維持しています。先端技術の導入により、美味しさが引き立つにんにくの収穫を毎年行われています。また、美味しいにんにくを収穫するためには知っておくべきことがあります。にんにくのトウ立ちという言葉がありますが、にんにくの花径が伸びてきてしまうことを示します。

にんにく収穫の手順・方法01

近年では温暖化が進み、天候が不安定であることが多いので直ぐに暑くなる年もあります。収穫までにトウ立ちを避けることが重要です。葉が硬くなることもありますが、花が伸びることで、栄養分が花にいってしまうからです。にんにく収穫する前には、必ず花径を切り取ることで美味しいにんにくを収穫できます。この際、剪定はさみで株に近いところで切り落とします。葉っぱは切らないように注意しましょう。この時期にんにくは、葉っぱから栄養を吸収しているので葉は大切です。また、葉が枯れて、黄色く変色してカラカラに乾燥した感じになった時が収穫時期です。にんにくは色々な料理で活躍し、使い方も豊富にあります。

にんにく収穫の手順・方法02

にんにく収穫の時期は植え付けら約8か月後の5月ごろが最適な時期となります。また、収穫の見極めとしては葉先が枯れてきたことが目安となります。にんにくは雨が降らない晴れた日に収穫を行います。にんにくの収穫の際は必ずゴム手袋などをして手を保護します。収穫の手順としてはまずにんにくの茎の部分を持ち、上に引っ張ります。このまま勢いよく上に引っ張ることでにんにくの球根部分が抜けます。次に収穫したにんにくの根の部分を切り落とし、次いでにんにくの茎の部分も切り落とします。切り落としたにんにくはかごなどに入れて天日干しを行い完成となります。

にんにく収穫の手順・方法03

収穫して天日干ししたにんにくは市販のものよりも腐りやすいため、早めに調理して使用するか、保存用に加工することが大切となります。まずにんにくを大量消費できる使い方を紹介します。1つ目はにんにくの素揚げです。素揚げの場合にはにんにくの薄皮ごと約170度の低温で揚げます。約3分間たったら油から取り出して完成となります。塩や醤油を付けて食べます。2つ目は保存食用にもなるにんにくの醤油漬けです。まず塊のままのにんにくのお尻の部分を少し切り落とします。このままレンジで1分間過熱し、流水で洗い、薄皮を剥ききます。保存用の瓶ににんにくと醤油を入れて約1か月したら食べごろとなります。このまま1年間保存できます。

にんにく収穫の手順・方法04

にんにくは洋食意外にもさまざまなお料理に使えます。グリル焼きにしてそのまま食べることもできますし、薬味として少し入れるだけで風味が変わります。旬な時期としては6月から8月がおいしいといわれていますが、長くとって置くとにんにくの芽が生えてきたりしてしまいます。できるだけ風味を逃がさずおいしく保存したものです。そのままオイルに浸けておく保存法などがメジャーですが、実際使用してみるとそのまま料理などに使えず手間がかかってしまいました。そこで、にんにくと相性の良いバジルを使ってバジルペーストを作ると料理のレパートリーが増えてとても役立っています

にんにく収穫の手順・方法05

バジルペーストの作り方の手順はひじょうに簡単で、そのままバジルとにんにくをミキサーにかけて混ぜておくだけで完成です。このバジルペーストを使いやすい形で冷凍しておくと、いつもの料理にすぐ使用できます。製氷機を使ってボックスにしておいてもいいですし、袋に入れておいてもかまいません。私の場合は、ジップロックに薄く敷き詰めておいて冷凍すると冷凍庫の中でかさばることもなく、また使いたいだけさくっとカットできるので便利です。使い方はそのまま食べるのではなく、トマトソースやカレー、ミネストローネに入れるだけです。にんにく収穫の際にたっぷりと作っておきましょう

にんにく収穫の考察

にんにく収穫をするにあたっての方法や手順は、まずその時期は冬を越してから約八か月にまでなります。収穫をそのタイミングは雨の日はなるべく控えて掘り起こします。そしてにんにくの葉っぱの葉先が枯れてきだしたら収穫に移ります。にんにくを引き抜くときに注意することは、素手を使わずに手袋を使って引き抜きます。何故かというと手袋を使わないとにんにくの出汁というエキスが手に染み付いてなかなかその匂いがとれないからです。それに手がひりひりして痛くなるので引き抜くのも苦痛なくらいになるからです。なので引き抜くときは手袋を使います。

にんにく収穫のまとめ01(使い方や注意点など)

にんにくの収穫において根っこごと引き抜く際に万が一茎からしたが切れてしまった場合は、土を掘り起こして引き抜かなくてはならないのでけっこう面倒になります。このようなケースでは雨の日に多いといいます。なので雨の日はにんにくの収穫は控えるようにしましょう。にんにくは、形が少し悪くても味の心配はありませんので安心してください。収穫したにんにくはひとまとめにせずに何か所かに分けてまとめましょう。収穫し終えたらそのにんにくの根っこを切っていきます。切断する器具は園芸用のはさみを使うといいでしょう。その次は茎を切断します。

にんにく収穫のまとめ02(使い方や注意点など)

にんにくの収穫をして根っこと茎を専用の器具や園芸用のはさみで切断したら最後に土をつけたままカゴに入れてだいたい約一か月くらい乾燥させます。乾燥させた後はにんにく用の冷蔵庫に保管して市場などで売り出す以外の目的なら天日干しの要領で乾燥させれば完成となります。この方法の欠点はにんにくの形が痛みやすいことです。なので市場にだされるにんにくはこの方法を用いません。仕上げは皮をむいてやると一般によく見られるにんにくの出来上がりになります。生のにんにくは歯ごたえがあり、シャキシャキと触感の良い物となっています。

にんにく収穫のまとめ03(使い方や注意点など)

にんにくはだいたい9月頃に植え付け、越冬をして翌年の5月頃収穫します。収穫のタイミングは下葉が枯れ始めた頃です。まず、5月頃になるとにんにくから茎が伸びてねぎぼうずのような花芽が出てきます。これをそのままにしておくと、地下のにんにくが育たないので必ず取り去ります。それから1週間から10日くらい経つと、下の葉が2、3枚枯れてきます。これがにんにく収穫のサインです。収穫方法は茎を握って一気に引き抜きますが、ただし素手で行うと手がにんにく臭くなったり場合によってはかぶれたりするので、できるだけ手袋をして作業しましょう。

m0011065

カーディガン肩掛けの方法・やり方・手順や使い方

ファッションで最近流行になっているのが、カーディガン肩掛けコーディネートです。昔は、監督が肩にカーディガンを巻いていたこ...

SONY DSC

【神社参拝】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについ...

日本には、人生の節目に神社参拝をして祈願する風習があります。たとえば、生まれてから約1ヶ月目に、地域の神社に挨拶し、健や...

m001-0842

蛍光灯交換の方法・やり方・手順や使い方

蛍光灯交換をするときには安全に交換することが最も大切なポイントになります。 まず、ポイントで重要なことが電源を切ってか...

m001-045

【メダカ繁殖】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどにつ...

メダカ繁殖の前に確認しておきたいことは、メダカほど丈夫で飼いやすい魚も珍しいということです。しかも繁殖も非常に容易です。...

ごーや

ゴーヤの保存方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ゴーヤは最近では全国的に使われる食材になりましたが、日本では元々沖縄以外ではあまり食べられることのない野菜でした。ゴーヤ...

m001-191

棚卸しの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

スーパーやデパートなどの小売業で必ず行われる習慣として棚卸しがあり、業務を円滑にするために欠かせない作業となっています。...

m001-0778

湯煎の方法・やり方・手順や使い方

湯煎にかける方法は、鍋やボールにお湯をいれてから、ひとまわり小さい耐熱性のボールを底が湯につかるように入れて温めます。湯...

m001-0846

金柑の剪定の方法・やり方・手順や使い方

金柑の剪定は、花芽のついた新枝が伸びる前の3月頃に行うようにします。苗を植え付けた1年目には、樹木の高さが50cm程にな...

m001-284

ステーキを美味しく焼く方法・やり方・手順や使い方・流れなどに...

世の中にはご馳走と呼ばれる料理がいくつか存在していますが、その中でもステーキは別格の存在ではないでしょうか。日常で食べる...

m001-0579

ふきの冷凍保存の方法・やり方・手順や使い方

春野菜の定番、ふき。家族で取りにも行きますし、親戚から大量に頂くこともあって、余ってしまってたんです。ずっともったいない...

m001-0964

シャチハタインク補充...

シャチハタのXSTAMPERシリーズのインク補充方法は、...

m001-1218

ランタナ挿し木の方法...

ランタナ挿し木を行う際は、親株から節を長めに15センチ程...

m001-043

【ヤフー・プレミアム...

オークションでの出品や無料クーポンなどの特典があるヤフー...

m001-0535

IPHONEを探す方...

携帯電話やスマートフォンなどを外出先などで紛失または盗難...

chicken with vegetables and beer

【鶏胸肉・柔らかくす...

鶏胸肉は鶏もも肉と比べて、脂身が少ないためパサパサしたり...