スキルマップ作成の方法・やり方・手順や使い方

スキルマップ作成の方法・やり方・手順や使い方

仕事や学習をする時などに、その人やそのグループなどの出来具合や進度などを確認し、記憶の中で把握することは難しいことです。そのために、最近では個々の状態を一目で把握することができるスキルマップと呼ばれているものを業務の中で利用することが良いと言われています。特にこの様なものは一定期間で記録を付けることが出来る上に、簡単に作成することが出来る様になっているということもあり、各種業務や学習を行う上での指導や仕事の配分などの目安にもすることができるものです。また、項目も自由であるためにどの様な場所でも使うことが可能となっています。

スキルマップ作成の方法概要

スキルマップの作成手順を詳しく説明します。まずは、仕事でどのようなスキルが求められるかを明確に細かく分けるのです。そして、人毎にどのスキルがどの程度のレベルなのかを記入していく事で完成するのです。その後に、見えてきた人毎の能力ごとの課題も見易くしておくとそれぞれの人の能力アップも図り易くなるのです。そして、評価も何段階かに分けておくか点数で見れるようにしておくとより明確になり使い易くなるのです。後、一人だけで行うのではなく違う課の人毎に作ってみるとより人が立体的に見えるようになり、おすすめなのです。

スキルマップ作成の手順・方法01

能力マップの有効な用い方をご説明します。これを、作った人だけでなく本人にも見せれる部分は見せてみるのが良いのです。なぜなら、自分の能力を把握出来ている人ばかりではありませんし自分の課題をより一層明確にする事に繋がるからです。後は、違う課毎に作ったものを交換しあってみるのもおすすめな用い方なのです。やはり課毎に人への見方が違いますし、新しい見方を発見出来それが今後の業務に生かされる事が有り得るからです。そして、人は変化し成長していきますのでその後も時々はマップを作りアップデートしていくのがベストな使い方なのです。

スキルマップ作成の手順・方法02

スキルマップの豆知識としてレベルやその点数の基準を明確にしておくと良いという事なのです。イメージとしては、通信簿のようなかんじでレベル2ならここまで出来ているものだと言ったかんじで重要な事柄でランクを分けると、人事もし易くなるのです。他には、豆知識として官公庁などでもマップは重要視されているのを知っておくと作成していく際に、高いモチベーションで行っていける事でしょう。そして、自分自身で自分のマップを作ってみるのも良いのです。なぜなら、客観視する眼が養われますし立ち位置が自分で見えてくるからです。

スキルマップ作成の手順・方法03

マップを作る事で自分のところの組織や能力を把握した後はそれを有効な使い方で用いる必要があるのです。まず、自分のマップは部屋の見える位置に貼っておくのが有効なのです。自分の課題を自覚出来ますし、課題を達成したらレベルを上げられるからです。他には、作る時の手順にも工夫をこらすと良いのです。まずどこかの課の人が作ったら、その後に別の課の人が必要であれば付け加えていくといった風にすると、多面的な評価となりその人を適正に評価できるのです。そして、そのマップの上の基準になったらきっちり賞与を行うとモチベーションアップにも繋がるのです。

スキルマップ作成の手順・方法04

スキルマップとは誰がどんなことをできる能力をもっているのかということを客観的にしますツールとして製造現場などではよく使われるツールといえます。単に能力を把握するだけのツールではなく、それを開示することで現場のやる気を高める使い方ができるものとして注目されるもので、私の部門でも作成・導入してそれなりの成果をあげることができるようになってきています。やはり人は他人とどう違うのかということや、どう評価されているのかが気になる存在ですからこのようなマップが開示されますと動きがかなり変わってくることになるのです。

スキルマップ作成の手順・方法05

まずこうしたマップを作る手順としては、事前準備で部門の所属員の名前、写真、所属日、所属先などを一覧化して記入します。そして現在の能力評価を四段階で評価し、4ますの中の数字を色で塗りつぶすようにします。そして高い目標を設定し目標レベルにまたまるをつけるようにします。こうすることで誰が現状で能力評価が高く、どこに目標をもっているのかを所属員同士で確認ができるようにするのです。実は評価自体よりもこの相互確認がいい意味での競争環境を作り上げることになり、部門として大きな成果を上げることにつながっていったのです。これからもこのマップは継続利用していきたいと思っています。

スキルマップ作成の考察

スキルマップは、エクセルなどのソフトを活用すると管理しやすいです。まず、横方向に従業員の名前を書き出します。部署名や勤続年数を書き加えるとさらにわかりやすくなります。次に、縦方向にスキルを書き出します。営業、電話応対、接客、事務、経理などの中から会社にとって必要な項目を作り、さらに「商品説明能力」「言葉遣い」「資料作成」など細分化した項目を作ります。最後に、「従業員名」と「スキル」が交わるマスに熟練度を記入します。熟練度は数値でも記号でも良いですが、ソフトを使う場合は熟練度に応じて色分けするとわかりやすいです。この表により、従業員の能力や不足しているスキルを把握しやすくなります。

スキルマップ作成のまとめ01(使い方や注意点など)

最近、よく聞く「スキルマップ」とはどんなものなのかご存知ですか。簡単に説明すると「仕事に必要なスキルの一覧表」であり、「社員が自らスキルチェックを行うことによって本人の得意・不得意分野を明確にし、本人の目標設定の目安や会社の人材育成の参考にするための表」です。作成方法はいろいろありますが、一般的なフォーマットは横軸に社員名を、縦軸に業務内容と必要能力・資格・技能などを配し、そのクロスした部分にスキルの達成度合を数値などで示したものです。自分は何が出来ていて何が出来ていないのか、今後どのような努力をしていけばいいのかが一目瞭然です。上手く活用して仕事の効率化とスキルの向上に役立てましょう。

スキルマップ作成のまとめ02(使い方や注意点など)

スキルマップとは、従業員一人一人の現在の業務に関するスキルレベルを、一覧表にしたものです。このマップを活用すると経営者や管理職は、従業員を個人やグループ、部門単位で見た場合現在のスキルがどのレベルになるのか一目で分かります。その結果、能力や技能が高い部分を評価すれば従業員のモチベーションにつながりますし、また不足している部分は個別に対策をたて、能力の向上を図ることができます。作成方法ですが、一般的な一覧表としては縦軸に業務内容や必要能力などを、横軸に従業員名を記入し、そのクロスした部分にスキルの達成度合いを数字で表します。

スキルマップ作成のまとめ03(使い方や注意点など)

スキルマップはビジネスでとても使用することが多いものです。活用することで、経営者が管理職には個人やグループ、部門単位でスキルがどのレベルにあるのか一目でわかるようになっているのです。作成方法はとても簡単になっています。縦軸に業務内容と必要能力と技術、資格などを記入して横軸には従業員名を記入し、クロスしたところにスキルの達成度合いを記入すると、とても見やすくなるのです。このマップ掲示して見えると、従業員のモチベーションを上げることができますし、やる気を引き出したり、新たな目標設定に挑戦しようとする意識付にすることもできるのです。

m001-1160

エクセル両面印刷の方法・やり方・手順や使い方

エクセルで作成した資料を両面の印刷をする方法です。ここでは、Excel 2013の場合について記述します。まず、印刷した...

m001-500

あさり砂抜きの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

あさり砂抜きをするなら大きい網カゴで余裕を持ってやると失敗しづらいです。網付きのバットや食器洗いカゴなどを使います。バッ...

m001-291

シールを剥がす方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

女性や若い世代に人気の品としてプリクラや動物などのシールというものがあり、主に手帳や携帯に貼るといった使い方が多くなって...

m001-310

エクセル表計算の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

会社の業務でエクセル(Excel)を使用している方も多いのではないでしょうか。このようなソフトは数多く発売されていますが...

m001-0655

遺産分割協議書の作成方法・やり方・手順や使い方

身内が亡くなった場合には、相続人間で遺産分割協議をする必要があります。 そして遺産分割協議によって話し合いがまとまった...

m001-101

厚生年金保険料の計算方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

一般企業に勤めるサラリーマンの方等の給与明細における諸控除を見てみると、税金の額は月々の総支給額に応じて変動しているにも...

m001-0660

ロト7攻略の方法・やり方・手順や使い方

ロト7の様々な攻略法が出ている事もあり、やはり7つの数字をそろえる事の難しさもそこには存在しています。しかしながら、数々...

m001-062

【ぎっくり腰・治す】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

人間が一生を生活していく中で、ぎっくり腰をはじめとした、腰痛を経験しない人はいないといわれるほどに、腰痛は我々の生活に非...

m001-215

止血の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

包丁やカッターなどの刃物で指や足などを切ってしまった場合に、応急処置として怪我をした所を止血することがあります。応急処置...

m001-008

【釣り】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

釣りに必要なものとは、最低限、針と糸と餌です。その三つさえあれば、魚を釣り上げることは可能と言えます。実にシンプルです。...

m001-0559

中学生女子の痩せる方...

小さな頃からの肥満は、生活習慣病を引き起こすことがありま...

m001-227

公衆WIFIの設定方...

スマートフォンの普及とともに広がってきたものとして、公衆...

m001-1063

バラ消毒の方法・やり...

美しいバラを咲かせるのは、さまざまな手入れが必要になりま...

Phone, paper card and pencil

アメリカンエキスプレ...

アメリカンエキスプレスは、最近、空港などで積極的な勧誘が...

Online Shopping

入札の方法・やり方・...

インターネットオークションなどでの入札のコツは、終了時間...