SSTの方法・やり方・手順や使い方・流れ

SSTの方法・やり方・手順や使い方・流れ

SSTという聞き慣れない言葉があります。正式には、ソーシャルスキルトレーニングと言います。このトレーニングは、主に発達障害などを抱える子供や若者が、社会に出た時に困らないようにするための訓練を指します。トレーニングの内容は、挨拶の仕方から基礎的な計算、社会の中で取るべき行動の要素まで、幅広い内容が容易されています。健常者にとっては難なくできる事柄も、発達障害の人には難しい事態にねることが多々存在しています。訓練では、それらの課題を一つ一つ解決していきながら、社会で生きる力を養うことが目的とされています。

SSTの方法概要

生活技能訓練(SST=ソーシャル・スキルズ・トレーニング)の手順と使い方についてご紹介します。まずは、参加者の緊張をほぐすことが大切になります。そのため、ウォーミングアップとして会話の練習になるようなゲームなどを行い、緊張をほぐすと同時に、課題点などを観察しましょう。続いて、ソーシャル・スキルズ・トレーニングのルール確認や、良いコミュニケーションとは何かについて説明し、参加者に理解してもらいましょう。次に、日常のコミュニケーションの中で練習したいこと、上手くなりたいことなどの課題点などを聞き出して、練習する内容を決めます。内容が決まれば、いつ、どこで、だれとなど、具体的な場面設定を行います。

SSTの手順・方法01

実際にその場面設定で、ロールプレイングを行います。その様子を支援者や他のメンバーは観察します。ロールプレイングが終わったら、良かった点や、もっとこうしたら良いなどの改善点をロールプレイングを行ったメンバーに伝えます。そして、改善点に留意して、もう一度ロールプレイングを行います。1回目と同様、支援者と他のメンバーは良かった点を伝えます。そして、この日の場面練習を実践で行えるように宿題を設定します。生活技能訓練(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)を上手く活用することで、対人関係に不安をもっている人が、社会生活を上手く送るための技能を身に付け、自信を得ることができるようになります。

SSTの手順・方法02

SSTを上手に使いこなすための豆知識として、映像翻訳業界の業界用語について事前に勉強をしておくと良いです。ソフトの使い方については初心者でもわかりやすいようになっていますが、それでも業界用語を知っておくと作業効率が上がります。知っていることでソフトの使用方法のスピードも早くなるので、事前に調べられる範囲については調べておくと良いです。また使用する際にはパソコンを使用することが多いので、これについても人並みで良いので使えるようにしておくことがポイントです。このように業界用語について調べておくことで、作業効率が大きく変化することが多いです。

SSTの手順・方法03

 2つめの豆知識として外国語のスキルが必須となっており、これがないとソフトを上手に使いこなすことが出来ないです。このソフトは翻訳をするためのものとなっているので、英語を中心として外国語のスキルが必須となっています。使用する手順についてはソフトを立ち上げるだけですが、何らかの外国語の資格を所有している方が良いです。また翻訳には英語だけでなく中国語や韓国語といったものもあるので、日本語以外の外国語のスキルについても有利になります。よって外国語のスキルや資格が仕事上不可欠となっているので、豆知識として知っておくと能力向上において大きく役に立ちます。

SSTの手順・方法04

現在、発達障害の青少年の教育課程で、ソーシャルスキルトレーニングが導入されています。このSSTと略される訓練は、実社会に出た時に、仕事や社会生活に適応できるようにすることが目標とされています。ADHDや学習障害、高次脳機能障害といった発達種害のある人は、知能的な遅れはないものの、コミュニケーション能力の低さで、周囲から誤解や偏見の対象となることが多いのです。社会に出た時、数々の問題を自身で解決できるよう適応力を付けることも、大きな課題となっています。訓練を受けることにより、周囲とのコミュニケーションについては、各段に進歩するといいます。

SSTの手順・方法05

ソーシャルスキルトレーニングの実施は、教室の中だけに留まりません。社会に出た時に、様々な人と触れ合うことを想定して、地域社会との交流を通しても行われています。地域の自治会などを活用する手順としては、多くの人に訓練の存在を知ってもらうことから始めます。訓練の趣旨を理解してもらうことで、老人会や町会の組織などが積極的に支援してくれるようになります。このような経験を通じて、実社会に出た時の訓練にもなるのです。地域社会に置いての訓練では、若者たちの大きな心の成長を見ることができます。現在では、このような社会資源の使い方を考慮したやり方が主流となってきました。

SSTの考察

SSTとは、ソーシャルスキルトレーニングの略語です。このトレーニングの目的は、主に発達障害を抱えた若者が、社会に出た時に困らないようにする実践的な学習です。学習障害などの発達障害を持つ若者は、知能の遅れはなくとも、コミュニケーション能力が欠如している場合が多く見受けられます。社会に巣立つ前に、人とのコミュニケーションを円滑にできるよう、専門の指導員から教えを受けています。トレーニングを受ける若者は、高校在学中の人が殆どです。また、高卒の後、就職のための訓練として、受講している人も結構な数で存在します。

SSTのまとめ

現在、多くの特別支援学校で、ソーシャルスキルトレーニングに力を入れるようになりました。SSTと略されるこのトレーニングの内容は、発達障害や軽度知的障害の生徒に、社会へ出た時に必要な知識を学ぶ機会を与えることです。障害の程度が軽い人でも、生活の基本が上手く機能していないために、人間関係を築けないという状態にあります。日々の生活の中で、挨拶を交わしたり、必要なコミュニケーションを身に付けることで、社会で生き抜く力を養います。トレーニングは、主に授業の一環として行われ、単位修得の機会にもなります。学校で学ぶことイコール社会に巣立つ力ともなるのです。

SSTで使った言葉の意味・使い方

現在、発達障害の生徒を受け入れている高校では、ソーシャルスキルトレーニングの専門家を配置する所が増えてきました。これは、SSTと略される訓練で、社会生活を送る上での基本的な行動ができるようにすることが目標です。発達障害の子供たちは、知能的な遅れはないものの、コミュニケーション能力が欠如している傾向があります。訓練の中では、日常の挨拶から身のこなし、仕事場でのマナーを中心に学ぶことになります。訓練は、通常の授業の一環として行われ、卒業のために必要な単位も修得できるよう配慮されています。一通りの訓練を終えた生徒たちは、大きく成長を遂げています。

SSTの方法の注意点

SSTとはソシアル・スキルズ・トレーニングの略語で社会生活技能訓練という意味があります。 米国の精神科医で教授である人物が考案したものです。 困難を抱える状況にある総体をコミュニケーション技術の面からとらえて、それらの技術を向上させることで困難を解決しようとする技法です。 テーマは自由に選べ、方法も多くありますが、主としてボトムアップやモデリング、ロールプレイ、ホームワーク、フィードバックなどが1まとめとなっています。 注意欠陥や多動性障害を持つ児童や青年には有効でこれが推奨されていると言われています。

m001-101

厚生年金保険料の計算方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

一般企業に勤めるサラリーマンの方等の給与明細における諸控除を見てみると、税金の額は月々の総支給額に応じて変動しているにも...

m001-441

チェスの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

チェスは世界で愛されているゲームです。2人で行うボードゲームで簡単に言えば相手のキングを追い詰めるゲームです。でも意外と...

m001-140

タイピングが上達する方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

初めてタイピングをする人にとっては、ブラインドタッチが非常に難しいものになっています。これが上達するには、どんなことでも...

m001-1132

パソコンデータ移行の方法・やり方・手順や使い方

ウィンドウズパソコンなどを使って、そのパソコンに入っているファイル等をデータ移行したい時には、ファイル管理ソフトを使って...

m001-1066

エプソンスキャンの方法・やり方・手順や使い方

エプソンスキャンは、パソコンと接続することにより原稿や画像を取り込み保存することを可能とする機器です。スキャナーとしての...

m001-225

高齢者体操の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

いつまでもアクティブに、そして何よりも自立したライフスタイルを送るためにも、60代・70代・80代となる高齢者にとって、...

手作りラベル

ラベル作成の方法・やり方・手順や使い方

容器など中身を区別や確認をするために貼りつけて使用するラベルは、自宅でもパソコンとプリンターがあれば簡単に作成することが...

m001-056

【テレビ番組・録画する】方法・手順・使い方、メリットデメリッ...

通常テレビ番組を録画する理由について仕事や用事などでリアルタイムで観れないケースが多く、後日ゆっくりと鑑賞するために行い...

m001-098

子供の髪のカット方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

子供のヘアカットを美容院等で行ってもらうと、年計算したらそれなりの金額になってしまうでしょう。お子様の人数などによっては...

SONY DSC

消火訓練の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

防災訓練は、日頃の安全対策として大変重要です。ですから、会社や自治体の安全要綱には、毎年の防災訓練の実施を盛り込んでいま...

weave braids in beauty salon

よつあみの方法・やり...

よつあみと聞くと少し大変なイメージですが、とても簡単です...

m001-352

手編みの方法・やり方...

手編みに使う毛糸には様々な種類があります。動物の毛素材を...

SONY DSC

縄跳び練習の方法・や...

縄跳び練習をするには誰にもぶつからない広い所で行いましょ...

m001-0792

単管足場施工の方法・...

建造物を建設したり、大規模な改修を行う場合には工事を行う...

m001-005

【熱を下げる】方法・...

お子さんが風邪で熱がある時、早く熱を下げる方法がないもの...