定格消費電力計算の方法・やり方・手順や使い方・流れ

定格消費電力計算の方法・やり方・手順や使い方・流れ

定格消費電力とは、家電の機能を全て使用した場合に消費する電力量で、表したもので、テレビの明るさによっても消費電力は変わってきます。計算方法は、電気の量×量あたりの単価となります。電気代は、消費電力×時間=電力量を算出します。次に、電力はキロワットアワーで算出しますので、ワットアワーに換算し、式はWh÷1000=Kwhになります。最後に、Kwh×ご契約プランの1Kwhあたりの電力量料金で、電気代が算出できます。Kwh×1Kwhあたりの電力量料金=電気代になります。これらは電化製品の電気代の算出法ですが、その他にも算出法があります。

定格消費電力計算の方法概要

定格消費電力とは電機機器を定格電圧で正常稼働した際の消費電力を指し、電気機器が正しい使い方をされた場合の消費電力の目安として表記される数値です。多くの電気機器に置いては最大消費電力とほぼ同等の数値となるため、説明書等での表記には最大消費電力は記載されないという特徴がありますが、機器によっては2つの消費電力の値に大きな差があるものもあり、その場合は両方の数値が併記されている場合もあります。具体的にはモーターを使用する、冷蔵庫や電動工具、ポンプ、コンプレッサーなどは10倍以上の差があり、照明器具なども2倍以上の差があります。

定格消費電力計算の手順・方法01

具体的に定格電圧がAC100Vとなる電気機器の場合の計算の手順としては、3パターンあります。まず、具体的な定格電圧の下での消費電力が「~W」とワット単位で記載されている場合、「~」の値がそのまま定格の消費電力値となります。「INPUT(入力)AC100V~A」といったようにアンペア単位で記載されている場合、アンペア数である「~」の数値に100を掛けてワット単位に換算した値が定格の消費電力値です。「INPUT(入力)AC100V~VA」といったようにボルトアンペア単位で記載されている場合、ボルトアンペアの値である「~」の数値がそのまま定格の消費電力値となります。

定格消費電力計算の手順・方法02

家庭で使用する総合的な電気量を算出する場合には、電化製品に記載されている定格消費電力を参考にするケースも多いです。ですが、実際に使用されている電気量はこの消費電力の約9割程度となっています。ですので、表示されている量で電気量の計算をすると、実質的な消費量よりも多くなるわけです。こういった点を押さえておくと、お得な電気プランやブレーカーの規格を選ぶ際には役立ちます。このような表示は、使用する電気量がオーバーしないようにするための一つの安全策でもあるわけです。ですので、消費電力をチェックする際には表示の内容を見る習慣を付けた方が良いと言えます。

定格消費電力計算の手順・方法03

やや紛らわしい表示の仕方になっていることで、実際様々な電気の試算でも戸惑うケースが増えています。例えば最近関心が高まっている省エネ効果の算出です。このような試算の際に、定格電力量の使い方を誤ると時に省エネの効果が実際よりも多く算出されることがあります。実質的には表示されている量の約9割しか消費されていないことになるため、誤った数値がはじき出される可能性があるのです。ですので、このような場合にも消費電力の表示の違いには気を配る必要があります。普段から気を付けて電化製品の表示をチェックするようにすれば、見方や算出の手順にも徐々に慣れてくると考えられます。

定格消費電力計算の手順・方法04

定格消費電力を知りたい場合には手順にそって計算をする事で、その電化背品の消費電力を知る事が可能です。電化製品を使用した時の最大の消費電力が定格電力になるため、定格電力を調べたい時には電化製品の全ての機能を最大限に使用した状態の消費電力を測定する事が必要です。定格電力を調べる事により配線に過剰な電流を流す事がなくなり、安全性が高まりブレーカーの容量も決まります。電化製品の多くが消費電力は一定ですが、家電製品でもホットプレートのように一定の温度を保つ製品は、状態に応じて消費する電力が違ってきます。そういった時に定格の消費電力を知っておく事でその製品の消費電力がわかるのです。

定格消費電力計算の手順・方法05

最新の電化製品は待機電力や使用最大電力など消費電力を細かく記載されている事が多く、消費電力を気にする人が多いです。そのため電化製品の最大使用時の消費電力を知っておく事で、電気代を気にする事なく電化製品を使用する事ができるため役立ちます。定格の消費電力は電化製品が安全に使用できる電力になっているため、電化製品の使い方としては機能を最大にして使用しても安全です。照明などの電化製品は定格電力の90%程度の消費電力になっており、どんな状況でも定格の消費電力を超える事はないように設計されています。エアコンには定格の消費電力が記載されていない事が多いので注意が必要です。

定格消費電力計算の考察

電化製品の消費電力量は使用条件によって異なります。仕様書に記載されている定格消費電力という数値は、電化製品を最大の条件で使用したときに消費する電力量のことです。日常的に使用する分には、この消費電力量を超えない設計になっています。電気代を概算したい場合、この数値から概算できます。消費電力量=電力量(W)×使用時間(h)÷1000、という計算式からkWhという単位に換算できます。この数値に、1kWhあたりの電気料金をかけることで、電気代を見積もることができます。但し、算出された電気代はこの数値を最大値と見積もるもので、通常使用時の電気代を正確に算出するものではないという点で注意が必要です。

定格消費電力計算のまとめ

 定格消費電力とは、家電ごとに設定されている、安全に使うことができる1時間の電力の最大出力でW(ワット)で表します。 よく、混同されるものに消費電力がありますが、これはその時間の瞬間に家電製品が消費しているの電力です。従って、たいていの場合は、定格出力と消費電力は違った値になります。 年間の消費電力は、定格出力から計算すると、各家電の定格電力と年間の使用時間を掛けたものの合計になります。 もし、定格電力が100Wの家電製品を定格電力が60Wのものに代えた場合は、年間の消費電力は、40W減ったので、40Wに年間使用時間をかけた電力が削減され、その分省エネしたことになります。 

定格消費電力計算で使った言葉の意味・使い方

抵抗などで消費する電力は中学、高校などで学んだ方法だと電流×電圧で求まります。ただし、家庭などで使用している電化製品はこの計算では定格消費電力は求まりません。その理由として前述の算出方法は直流の場合だからです。家庭に来ている電気は100Vの交流のため、電流と電圧が常に変動しています。そのため、正しく消費電力を算出するには有効電力を調べる必要があります。式としては電流×電圧×力率となります。力率は製品の種類ごとに違う値になりますので調べる必要があります。なお、単に電流×電圧で算出される値は単位がワットではなくボルトアンペアになります。

定格消費電力計算の方法の注意点

「どの家電製品がどのくらい電力を消費しているのか」を数値にしようとした際に、ひっかかる単語「定格消費電力」。一番よく見かけるこの単語は、誤解されやすいのですが「通常運転」による消費電力ではなく、その家電の機能を最大限使用した場合における消費電力を指しています。そのため、単純な消費電力を計算することは可能ですが、エアコンや冷蔵庫といった消費電力に幅のある製品については、正確な電気代を算出するのは難しくなります。消費電力を表す方法として、メーカーのカタログに目安となる数値が記載されていますので、こちらからだいたいの数値を算出するようにしましょう。

m001-174

鼻うがいの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

空気中には、ウイルスや細菌などが漂っています。人間は酸素をエネルギーとするために呼吸をしていますが、この呼吸によって、空...

m001-0829

桜の挿し木の方法・やり方・手順や使い方

ソメイヨシノの桜を挿し木する方法を紹介します。桜挿し木には必須の活力剤は、メネデール、バイオゴールドなどが最適です。桜の...

m001-0744

痰を切る方法・やり方・手順や使い方

水分を多く摂取すると痰を柔らかくする事が出来ます。固い痰は喉に絡まりやすく出しづらいので痰を出したい時は水を多めに飲むよ...

Student withdrawing cash at an ATM

ゆうちょ銀行ATM振込の方法・やり方・手順や使い方

ネットショッピングなどで銀行振込をする場合、振込先の銀行を選択します。そんな時最寄りの銀行が近くに無い場合、一般の銀行へ...

m001-1036

Gメールアカウント削除の方法・やり方・手順や使い方

Gメールアカウント削除の仕方がありした方がいいという場合もあります。URLが気に入らないという場合もあるわけですから削除...

m001-1349

日本語入力の方法・やり方・手順や使い方・流れ

パソコンでは、ローマ字から日本語のかな入力に切り替える場合、Altキーと「カタカナひらがな/ローマ字」キーを押すと、入力...

m001-1040

GMAIL設定の方法・やり方・手順や使い方

"無料で様々な機能を使うことが出来るメールサイトの一つにGMAILというものがあります。 このサービスは自分が使いやす...

Construction site worker building house with crane

玉掛の方法・やり方・手順や使い方・流れ

玉掛とは、クレーンなどにより荷物を吊り上げるために、ワイヤーなどの吊り用具をクレーンのフックに正しく設置する作業のことを...

m001-1118

ヤマボウシ剪定の方法・やり方・手順や使い方

ヤマボウシ剪定は、落葉期にあたる2月頃に行います。太い枝を切り落としてしまうとその後切断面から細い枝が沢山生えて樹形が崩...

m001-434

ナメクジ駆除の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

庭の一部を家庭菜園にして、野菜を育てている人がたくさんいます。自分で作った野菜であれば多少変な形をしていたとしても、美味...

m001-0808

消火栓の使用の方法・...

消火栓使用のやり方はどうするかというと消防士の人しか取り...

s

【筋肉・トレーニング...

筋肉を鍛えるトレーニングのやり方は色々とあり、鍛えたい部...

m001-0495

アップヘアの方法・や...

アップヘアをする場合にしっかりまとまらなかったりすること...

m001-1147

スキルマップ作成の方...

仕事や学習をする時などに、その人やそのグループなどの出来...

m001-367

脂肪肝改善の方法・や...

肝臓に脂肪が過剰に溜まっている状態のことです。(血液の流...