止血の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

止血の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

包丁やカッターなどの刃物で指や足などを切ってしまった場合に、応急処置として怪我をした所を止血することがあります。応急処置を行って血が出ることを止める理由として、さらに怪我を悪化させないことが大きな要因となっています。この処置を行わないと出血がさらにひどくなるだけでなく、傷口にバイ菌が入ってしまうことがあります。バイ菌が入ると症状についてもさらに悪化してしまうため、それを予防や防止する意味合いも含まれています。こういった意味合いを持っていることから、怪我をしたらすぐに血を止めるための応急処置を行っていきます。

止血の方法概要

病院のような医療機関や施設ではなく一般家庭で出血や怪我をした場合には、応急処置として止血をすることが多いです。そこでその場合における血の止め方にやり方や手順について調べていくと、多くの場合には消毒をしてから行うことが多いです。ドラックストアなどで販売されている薬の中に、怪我をした時のための消毒薬というものが販売されています。基本的にスプレーもしくは霧状になっているため、傷口に1回振りかけて消毒をしていきます。その後絆創膏を傷口にあれば血は止まる事が多く、これが一般家庭での手順や流れとなっています。

止血の手順・方法01

一般家庭では主に応急処置として傷口の止血を行うことが多いですが、次に病院で行う場合の方法について紹介します。病院でも基本的に道具の使い方や方法については同じであり、傷口の消毒を最初に行うことが多いです。ただ傷口の深さや症状のひどさによっては異なる場合があり、応急処置では完治出来ない時には手術を行います。これが一般家庭での処置と大きく異なっている点となっており、怪我の大きさによって臨機応変に対応出来るのがポイントです。しかし手術をした場合については大怪我であることが多いため、ケースによっては入院する必要性が生じることもあります。

止血の手順・方法02

通常であれば怪我をした際には専用の応急処置道具などを使って対応をしますが、場合によってはそれが出来ないケースもあります。そこで自分の周辺に応急処置道具がない場合の対処方法を調べていくと、傷口を圧迫することを最初に行います。この作業を行うことで傷口からの出血を最低限に抑えられるため、道具がない場合でも簡単に行うことが出来ます。またその作業が終了したらハンカチを巻くことも重要であり、こうすることで自分一人でも処置を行うことが出来ます。なおハンカチやタオルも用意出来ない場合においては、傷口を圧迫するだけでも問題ないです。

止血の手順・方法03

傷口が深い時であっても浅い場合であっても必ず止血をする必要があり、やり方や流れについて基本的に共通しています。しかしこの応急処置を行うにはさらに共通した理由があり、それは傷口にバイ菌が入るのを予防する役割があります。通常であれば傷口がない状態であるため、指や足などにバイ菌が入ることはないです。ですが傷口があるとそこから化膿することがあり、それによって傷の治りが遅くなったり新しい病気を発症することがあります。こういった症状を予防または防止するためにも、怪我をしたらすぐに血を止めるための処置を行っていきます。

止血の手順・方法04

通常時であれば傷口の消毒や止血を行うなどの応急処置を行いますが、これは基本的に症状を悪化させないために行います。そこでこういった処置を行わなかった場合には、一体どうなってしまうか説明をしていきます。この処置を行わないことによって傷口からバイ菌が入りやすくなり、自然治癒力や新しい病気を引き起こす要因となります。それだけでなく傷口からの出血量も多くなってしまって、より体調が悪化してしまう経過につながっていきます。特に大きな怪我をした場合においては意識を失うことにもつながるため、すぐに応急処置を行うことは症状を悪化させないために不可欠となります。

止血の手順・方法05

人は刃物などで切ってしまったり傷ついてしまうことで出血をすることがありますが、応急処置をすることでこれを止めることが出来ます。そこでどのような理由で傷口から血を止めることが出来るか、その人体の仕組みについて説明をしていきます。血液には赤血球や白血球といった成分がありますが、これ以外にも血小板という成分があります。この血小板には出血をした際の止血効果があり、この成分があるため応急処置をすれば血が止まるようになっています。すなわち人体に血小板という成分が存在する限り、適切な処置をすることで出血を抑えられる仕組みになっています。

止血の考察

消毒薬や絆創膏などの使い方として傷口の出血やバイ菌を抑える役割があり、症状を悪化させないための重要な対応策でもあります。そこでその際における注意事項について説明をしていくと、無闇に傷口に触れてはいけないという点があります。消毒をした状態でも基本的には傷口が開いている状態であるため、やたら触れるとそこからバイ菌が入ることになります。特に絆創膏が準備出来ない環境においては注意が必要であり、傷口悪化させない工夫が不可欠となります。また片方の指先を怪我した場合においては、もう片方の腕を使って作業などを行う必要もあります。

止血のまとめ01(使い方や注意点など)

趣味で運動やスポーツをすることは体や健康に良い方法として知られていますが、同時に怪我をする確率についても高くなります。そのためそんな場合に備えて応急処置道具を用意することによって、万が一の時でも安心して対処をすることが出来ます。部活動やスポーツセンターなどでは医務室や保健室が近くにありますが、公園などではこういった設備もないのが現状です。そこで絆創膏や消毒薬といった道具で良いので、予め用意しておくのがオススメとなっています。道具の使い方や手順については違いはないため、いざという時の備えとして持っておくと良いです。

止血のまとめ02(使い方や注意点など)

人間には血小板という止血作用がある成分が血液にあり、それによって怪我や出血をした場合でも血が止まるようになっています。そこで止血方法とは少し話の角度が異なりますが、人間と血液の関係についてここで少し紹介していきます。成人の体は体重の約6割が水分で出来ている構造となっており、そのうちの13分の1程度が血液となっています。その内の2割を失うと意識がもうろうとすることがあり、ショック状態となって意識を失うこともあります。さらに3割以上失うと生命の危険を左右する結果となり、早急に輸血を行う必要がある状態へとなってしまいます。

止血のまとめ03(使い方や注意点など)

人が怪我などをして止血した場合の対処にやり方として、消毒薬と絆創膏を順番に使用する流れとなっています。これには傷口の消毒と出血を抑える効果があり、怪我を必要最低限に抑えることが可能となっています。その際に無闇に傷口に触るとバイ菌が広がってしまうため、出来るだけ手や物を触れないように注意が必要です。また人間の血液には血小板という成分が入っており、これによって出血や怪我をした時でも血を止めることが可能となっています。ですが血液を3割以上失うと生命を落としてしまうことがあるため、そうなる前に応急処置や輸血などのケアが必要となります。

m001-362

骨盤底筋体操の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

妊娠、出産を経験するとそれまで知らなかった言葉がたくさん出てきます。そのひとつに、骨盤底筋というものがあります。出産する...

m001-210

車のフロントガラス交換の方法・やり方・手順や使い方・流れなど...

車を所有している人で、何等かの影響によってフロントガラスにひびが入ってしまったり、かなり汚れてしまった場合には、当然のこ...

Desktop computer with small cpu the important office equipment

WINDOWS7復元の方法・やり方・手順や使い方

WINDOWS7の動作が不安定になってシステムの復元を行う場合、気を付ける点があります。この作業を行うと指定した時点まで...

m001-186

抵当権抹消の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

何十年もの間コツコツ返済してきた住宅ローンを完済すると、一気に肩の荷が下りた感じがします。これからは今まで返済に回してい...

m001-1145

すずめ撃退の方法・やり方・手順や使い方

すずめを撃退するには、以下のような対策グッズの使用が有効です。アニマルリペラーは、天敵である猛禽類の鳴き声を再現した威嚇...

Printer with blank paper on a wood table

プリンター接続の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

人間の記憶に頼って作業をしていると、多くのミスをする事になります。人間の脳は映像や画像を効率的に保存できますが、完全な状...

m001-1144

スピーカー修理の方法・やり方・手順や使い方

スピーカー修理はケンリックサウンドがおすすめです。中古ショップをおとずれて買うよりもこのようなところで頼んだ方がいいと思...

m001-0755

餅踏みの方法・やり方・手順や使い方

餅踏みとは赤ちゃんが生まれて初めて迎える1歳の誕生日に一升餅を踏む行事のことです。主に九州地方でよく行われています。一升...

m001-205

水道水のカルキを抜く方法・やり方・手順や使い方・流れなどにつ...

金魚や熱帯魚にとって、水道水のカルキが有害なのは、常識といっても過言ではないでしょう。水道水のカルキを抜かずにそのまま水...

m001-1146

スクショの方法・やり方・手順や使い方

"スクリーンショット(スクショ)は、好きな画面をそのまま画像として保存しておける機能です。例えば気に入ったホームページや...

m001-0471

カビ取りの方法・やり...

湿気や雨の多い日本では、家の室内に多くの場所でカビが発生...

m001-0926

トマト接ぎ木の方法・...

昨今家庭菜園を始める方が増えていると思われますが、その中...

Online business

スマホ写真をパソコン...

携帯電話で保存している写真と言うものはパソコンなどにバッ...

m001-0592

筆算の方法・やり方・...

筆算とは紙に書いて行う計算のことで、足し算、引き算、そし...

m001-500

あさり砂抜きの方法・...

あさり砂抜きをするなら大きい網カゴで余裕を持ってやると失...