わかめ保存の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

わかめ保存の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

海藻類は、海で育つため磯独特の良い風味があり、食材として人気があります。また、食物繊維とミネラルとが豊富なことから、風味を楽しむだけでなく、健康のためにもよく食されています。さらに海藻類には、独得のぬめりもあります。このぬめりは、食物繊維の一種なのですが、感染症やガンの予防効果があるため注目されています。加えて海藻類は、低カロリーな食材としても知られています。多く食べても摂取カロリーが少ないので、肥満になることが防がれます。整腸作用によって体内の老廃物が排出されやすくなるので、肥満防止効果だけでなく痩身効果も期待できます。

わかめ保存の方法概要

そのため海藻類は、おいしさを味わうためにも、健康のためにも、ダイエットのためにも有効な食材と言えます。遺跡で発見された土器にも付着していたことから、海藻類は縄文時代には既に食材とされていたと考えられています。また、奈良時代には海藻類が税として納められていたという歴史的事実もあります。そのくらい、海藻類は古くから重宝されていたのです。 その海藻類の中でも、特によく食されているのがわかめです。1950年代に本格的に養殖が始められてからは、一層食されるようになりました。現在は、養殖が始まる前の数倍もの消費量になっているくらいです。

わかめ保存の手順・方法01

しかし、野菜や果物と同じように、わかめにも旬の時期があります。養殖とはいっても、基本的に旬の時期に収穫することになるので、その時期以外では新鮮なわかめは入手しにくいです。 わかめの旬の時期は、具体的には3月から5月までの約2ヶ月間です。この時期のわかめは、風味が良い上に栄養価が高いことから、特に人気があります。 わかめというと、乾燥してあるものを購入して調理に使う人も多くいます。しかし、旬の時期の生のわかめを調理に使った方が、良い香りや味を楽しみながら、しっかりと栄養補給をすることができると言えます。

わかめ保存の手順・方法02

しかし先述したように、旬の時期の生のわかめは、約2ヶ月間しか入手することができません。ところが、うまく保存することで、良い状態を数ヶ月ほど保ち続けることができます。旬の時期に購入した生のわかめを、次の旬の時期が来るまで、味わい続けることができるのです。 わかめ保存の具体的な方法や手順としては、まずは生のわかめを適度な大きさにカットします。乾燥わかめはあらかじめカットされていますが、生のわかめは通常はかなりの大きさです。幅は50センチほどありますし、長さは1メートル以上あるのです。中には2メートルを超える長さのわかめもあります。

わかめ保存の手順・方法03

さらにわかめには、葉の部分と茎の部分とがあります。食材としてよく使うのは葉の部分なので、茎の部分を除去することも必要です。 手順としては、まずはこの茎の部分に沿って調理バサミで切ることで、葉と茎とを分けます。調理バサミは、工作用のハサミで紙を切る場合と同じ使い方をします。そして分けた葉を、さらに調理バサミで切って、適度な大きさにしていくのです。 カットしたわかめは、塩を入れた水の中でしっかりと洗います。わかめは海の中で育つので、水に塩を混ぜて海水に近い状態にしてから洗うことで、鮮度が保たれやすくなるのです。"

わかめ保存の手順・方法04

"わかめを洗っている間に、大きめの鍋でお湯を沸かしておきます。沸騰したら、その中に洗ったわかめを入れます。水の状態から鍋に入れて加熱すると、色が鮮やかにならないので、先に沸騰させてから入れるという流れはとても大事です。 そして塩をひとつまみ入れてから茹でると、わかめがどんどん明るくきれいな緑色になっていきます。それ以上加熱すると、逆に色が悪くなるので、きれいな色になったら急いで火を止めます。そしてわかめをザルに入れてお湯を切り、ザルのまま冷たい水の入ったボウルに入れて冷やします。このやり方で急いで冷やすことで、きれいな色が失われずに済みます。

わかめ保存の手順・方法05

わかめが十分に冷めたら、水気をしっかりと切った上で、塩をかけます。そして、わかめ全体に塩をなじませるように混ぜます。塩は、ボウル1杯のわかめに対して、拳で掴み取れるほどの量を使うことが目安です。 塩をたっぷりと使って、しっかりと混ぜることで、わかめから余分な水分が抜けていきます。水分は腐敗の原因となるので、わかめ保存をうまくおこなうには、塩の使い方が肝心と言えます。 また、塩をふった後のわかめは、重石などを乗せた状態で一晩放置しておきます。そうすると、塩と重石によって、水分がより一層多く抜けていくようになるのです。

わかめ保存の考察

一晩置いた後、わかめをギュッとしぼって、さらに水分を抜きます。その上で、もう一度塩をふって混ぜてから、重石を乗せて放置し、翌朝になったらしぼります。この手順を繰り返すことで、わかめはすっかり水分が抜け、保存しやすい状態になります。 この状態で、塩と一緒に食品保存用のビニール袋などに入れ、口をしばってから冷蔵庫に入れておきます。まだ水分が出てくる場合もあるので、時々チェックして、水分が出ているようなら袋の口を開けてから抜きます。そして再度塩を加えてから、口をしばるのです。 この流れを繰り返していると、だいたい2~3ヶ月ほどは冷蔵庫で保存することができます。

わかめ保存のまとめ01(使い方や注意点など)

また、冷蔵保存以外に冷凍庫で保存するという方法もあります。 冷凍保存の場合は、ビニール袋ではなく、冷凍専用の袋を用意する必要があります。十分に水分が抜けた後のわかめを、塩と一緒にその袋に入れ、口を閉じる前に、軽く押しつぶすようにします。このやり方だと、袋から余分な空気が出ていくので保存状態が一層良くなります。さらに、全体的に平らになるので、冷凍庫の中に十分なスペースがなくても、隙間に入れるようにして冷凍保存できるようになるのです。 冷凍した場合の保存期間は、半年から1年ほどですから、多く保存しておけば、次の旬の時期まで使うことができます。

わかめ保存のまとめ02(使い方や注意点など)

冷蔵保存をしたわかめは、柔らかいので、袋から取り出せばそのままの状態ですぐに調理に使うことができます。加熱せずに、そのままサラダなどにして食べることも可能です。ただし、塩が全体についているので、流水で塩を洗い流し、軽くしぼるという手順が必要になります。 冷凍保存をした場合は、解凍してから調理に使います。常温での自然解凍でも良いですが、流水解凍だと、水の流れによって解凍と塩分の除去とを同時におこなうことができます。 ただし煮物など長時間加熱する料理に使う場合には、わかめが溶けてしまうことがあるので、解凍せずに使うというやり方が良いです。

わかめ保存のまとめ03(使い方や注意点など)

また、わかめ保存の最初の段階で取り除いた茎も、調理に使うことができます。茎の部分には、葉の部分以上に多くの食物繊維やミネラルが含まれています。そのため、捨てずに食べた方が体には良いですし、食材を無駄にしないという意味で経済的です。 使い方は簡単で、筋張っているので細かく刻んでから、煮込んだり炒め煮にしたりするだけです。やや濃い味をつけて十分に加熱することで、しっかりとした歯ごたえのある、おいしい煮物やふりかけになります。 このように旬の時期の生のわかめは、保存することで葉を長く使い続けることができますし、簡単な方法で茎からも栄養補給ができるので、とても便利な食材と言えます。

m001-0721

カラスの捕獲方法・やり方・手順や使い方

まず、捕獲をするために効率の良い大きな箱を罠に使います。縦3m、横2m、高さ3mほどの大きさがあれば十分です。そして、こ...

m001-0821

耳抜きの方法・やり方・手順や使い方

まず口から少しだけ空気を吸い空気が口から漏れないように口を閉じます。次に鼻をつまみます。鼻をつまむ際は空気が漏れないよう...

m001-1299

トウモロコシ保存の方法・やり方・手順や使い方・流れ

まずトウモロコシを生のままで保存する際においては皮付きのまま新聞紙などで包み、冷蔵庫の野菜室にて立てた状態で保管します。...

m001-1178

wi-fi設定の方法・やり方・手順や使い方

初めて自宅でインターネットを利用する場合はwi-fi設定(無線LAN接続)が必要不可欠ですが、思った以上に簡単に接続する...

SONY DSC

金なる木の挿し木の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについ...

植物に興味を持っている人であれば、何回かは、挿し木や挿し芽を行ったことがあるでしょう。挿し木や挿し芽は、植物を効率よく増...

m001-151

ガジュマル植え替えの方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

ガジュマルは日本では沖縄に自生しており、「幸せを呼ぶ木」「幸せを見守る樹木」などと呼ばれている独特の姿で人気のある観葉植...

m001-367

脂肪肝改善の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

肝臓に脂肪が過剰に溜まっている状態のことです。(血液の流れが肝臓の重量比が肝細胞の30%以上に中性脂肪が確認されたひとは...

Concentrated businesswoman using computer monitor in the office

圧縮データの解凍方法・やり方・手順や使い方

メールを送る際、多数のファイルを添付したい場合があります。添付するするファイルが多いとデータ容量が大きくなり、送受信とも...

m001-1127

ミモザ剪定の方法・やり方・手順や使い方

ミモザ剪定は、花芽が出る夏前に行います。剪定の際には、その後の樹形を整えるために生えたばかりの短い枝は残すようにします。...

Woods road

アスファルト舗装施工の方法・やり方・手順や使い方・流れ

アスファルト舗装施工の手順としてはブルドーザーやモーターグレーダーで均してローダーで転圧し路床を作ります。プルーフローリ...

m001-450

ジョリパット施工の方...

今回は、diyで塗り壁門柱を造りたいという方のために、塗...

m001-288

しゃっくりを止める方...

普段普通に生活をしていると突然しゃっくりが発生することが...

m001-1285

フロン管理の方法・や...

フロン排出抑制法を前提とした場合、フロン類の漏えい防止対...

m001-145

しその保存方法・手順...

しそは、赤紫蘇と青紫蘇があるように2種類に分けられます。...

c

耳の水抜きの方法・や...

ティッシュでこよりを作って水を抜く方法です。やり方はとて...