じゃがいも収穫と保存の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

じゃがいも収穫と保存の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

じゃがいもは春に植える方法と秋に植える方法の二種類があります。育てやすい品種はメイクイーンや男爵、キタアカリなどが挙げられます。どの品種も馴染みのある品種であり、収穫後の料理もしやすいのが特徴です。温暖な地域であれば8月下旬から9月下旬に植えておくと11月から12月頃に収穫が可能なやり方もあります。1年を通して収穫し、さまざまな使い方が可能なのが魅力なのです。家庭でも60センチ以上の深さがあるプランターを用意すれば適切な方法とやり方で栽培が可能になります。じゃがいもは栽培の流れの中で「まし土」を頻繁に行う作物です。

じゃがいも収穫保存の方法概要

栽培の手順には「まし土」という方法が必要になります。 芽が出て、葉が成長するに伴って葉が埋まる少し手前まで土を足す方法です。収穫までに15センチほどのまし土が必要になります。 従って最初に植える時はまし土のことを考えて、土をプランターの淵よりも低めに植えることをお勧めします。 また、プランター以外の栽培方法として袋栽培も可能です。栽培用の土が入って売られている袋などを利用して栽培が可能なため、栽培後のプランターの置き場に困らなく、まし土にも必要な高さを確保できるため、ベランダ栽培にむいているやり方です。

じゃがいも収穫保存の手順・方法01

じゃがいもを栽培するときに必要になるのがたねいもです。 スーパーマーケットで購入したいもでは、ウイルス性の病気にかかりやすいとされているため、ホームセンターなどで、たねイモとして販売されているものを購入することをおすすめします。 ホームセンターで購入する場合は1キログラム単位で売られている場合が多く、家庭栽培では量を持て余してしまう場合があるため、なるべくバラ売りしている場所を探すといいでしょう。 バラ売りがない場合は、苗で販売しているホームセンターもあるため苗から育てるのもお勧めの方法です。 使用する種イモは専用のものであることが美味しいじゃがいもを収穫するコツになります。

じゃがいも収穫保存の手順・方法02

植える手順の一つとして大きめのものは、半分に切っておき、小さめのものは頭頂部を切っておくことで、発芽しやすくなります。 切った後の流れとして、まずは切り口を陰干しして乾かします。その後、芽のある部分を上にして、切り口を土側にして植えます。 最初にプランターなどにいれる土はまし土に備えて少な目にいれておくのがコツです。 植える時期にもよりますが、発芽までは2週間から3週間程度かかります。 発芽までは水やりは控えめにするのがポイントになります。 乾燥を好み、水のやりすぎは根腐れや種イモを腐らせてしまうため、注意が必要です。

じゃがいも収穫保存の手順・方法03

栽培の手順の流れの中で大切な項目の一つとして、芽かきがあります。 発芽後から2週間から3週間すると種イモから5本から6本程度芽が成長してきます。 その中で、10センチから15センチ程度に成長している元気な芽だけを1本から2本残して、残りは取り除きます。 取り除くときは、種イモを傷つけないように土を種イモまでかき分けて、手で取るか、種イモのギリギリまでハサミを使用して切り取ります。 そうすることによって、栄養が残りの2本に集中して大きく育っていきます。 芽かき後肥料と土を少し足してまし土の1回目をしておくと良いでしょう。

じゃがいも収穫保存の手順・方法04

"芽かき後にまし土をしてから、2週間から1か月ほどで2回目のまし土を行います。 この時にプランターなどの容器の淵のぎりぎりまで土を入れます。 2回のまし土で合計15センチから20センチ程度の土を足します。 春植えの場合は5月ごろに白い花が付きます。気温が上がるとともに茎や芽がぐんぐんと成長してきます。 必要に応じて支柱を用意しましょう。 春植えの場合は6月頃に葉っぱが黄色くなってくるため、こうなったら収穫の合図です。 収穫までの間はアブラムシなどの病害虫が付きやすいため、注意が必要です。 アブラムシは見つけ次第、捕殺することで被害拡大を防げます。"

じゃがいも収穫保存の手順・方法05

まちにまった収穫は茎を引っ張って行います。 茎を引き抜くとコロコロとしているじゃがいもがくっついてきます。 栄養の状態や栽培環境によって、大きさはまちまちですが、小さいものから大きなものまで、一つの茎から5個程度収穫が可能です。 多くのイモが種イモの上にできるため、収穫時には意外と浅いところから採れるのが特徴です。 この特性のため、まし土を2回必要とするのです。 大きなものも小さなものも使い方次第で美味しく食べられるため、沢山栽培して上手に収穫保存することをおすすめします。 栄養も豊富で常備菜の代表であるため、家庭栽培は大変おすすめです。

じゃがいも収穫保存の考察

一度に収穫できる量が多いのも嬉しい特徴です。 また、長期保存が可能なため、上手に収穫保存してしばらく楽しみましょう。 収穫保存のやり方として、一番適しているのは、新聞紙などにつつんで冷暗所に保存する方法です。 最適保存の温度は5度前後と言われています。 じゃがいもは光に反応して、皮が緑になる「緑化」が進むため、とにかく暗い場所で保存しておくのがポイントです。 夏場は暑すぎる場合は、冷蔵庫を利用するのもおすすめです。 その際も、乾燥を防ぐために新聞紙に包んでから保存しましょう。 また、冬場であれば屋外での保存も可能ですが、段ボールに新聞をかけるなどして、光を遮断することをおすすめします。

じゃがいも収穫保存のまとめ01(使い方や注意点など)

収穫保存したものの使い方はさまざまです。 採れたてを蒸してホクホクのまま、食べるのもお勧めの方法です。また、煮物やグラタンなどの料理バリエーションも豊富なため、さまざまな食べ方で楽しみましょう。 栄養素としてビタミンCやビタミンB1,ビタミンB2,食物繊維やカリウムが豊富です。 じゃがいものビタミンCは熱に強く壊れにくいため、加熱調理に向いています。 さまざまな栄養素で構成されているため、がん予防や高血圧予防、心筋梗塞予防などの働きもあり、美容にも働きかけてくれるため、沢山収穫して食卓に取り入れたい野菜の一つなのです。

じゃがいも収穫保存のまとめ02(使い方や注意点など)

栽培に適している培養土はホームセンターで手に入ります。 予め、野菜栽培用にブレンドされている土を購入するのが手軽ですが、自分で作る場合は赤玉5:砂2:バーミキュライト3、石灰を10?当たり10グラム混ぜ込みます。 そこに化学肥料も混ぜて培養土の完成です。 栽培中に行う追肥は野菜専用のものがお勧めです。液体のものもあるため、使用しやすい肥料を予め用意しておくことをおすすめします。 2回のまし土を行う際に追肥も行うのを忘れずにしましょう。 追肥を行うことで、作物が大きく育ち収穫量も増えるため、忘れずに行うことがポイントです。

じゃがいも収穫保存のまとめ03(使い方や注意点など)

まし土や芽かきなどの、少しのコツで簡単に栽培、収穫保存出来るじゃがいもは家庭菜園にお勧めです。 大きな畑がなくてもベランダのプランターでもすくすく育つため、子供のいる家庭の食育にも向いています。 芽が出てから収穫までの過程を身近に観察することで、食べ物が出来る仕組みや自然の恵みのありがたさを感じることができます。 収穫後も長期保存が可能なため、沢山収穫しても困ることがない野菜でもあります。 家庭菜園では栽培する作物によって、沢山採れすぎて困る場合もありますが、じゃがいもに関してはこうした心配は無用といえるでしょう。 以上のことから、じゃがいもは家庭栽培に大変お勧めの作物といえるでしょう。

m001-322

風邪を早く治す方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

一旦風邪にかかるとなかなか治らないという人もいるでしょうし、鼻水が出たり喉の痛みであったり頭痛や咳など様々な症状を伴う事...

m001-1007

WINDOWSバージョンアップの方法・やり方・手順や使い方

WINDOWSといえば、皆さん言わずもがな語損なものであるかと思います、パソコンを日常から扱っている方ならなおさらでしょ...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【交通誘導】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについ...

日本の道路には歩行者用や自動車用の信号機というものが設置されており、赤の時には停止して青の時には進むという決まりになって...

Travel and photo sharing technology background

画像保存の方法・やり方・手順や使い方

ペイントソフトでイラストを作成すると、複雑であればあるほど、サイズが大きければ大きいほどそのデータ量は大きくなり重くなり...

m001-1268

画像印刷の方法・やり方・手順や使い方・流れ

ペイントソフトで作成したイラストが、なぜか印刷するとまるでモザイクを掛けたようになってしまったことがあると思います。それ...

m001-301

きくち体操の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

日本には健康増進のために色んな体操がありますが、その中できくち体操というものが中高年の女性の間で利用率が高くなっています...

m001-0730

あやとりの方法・やり方・手順や使い方

あやとりのコツですがまずは毛糸が重要です。あまり細くないものがとてもやりやすいです。また色は濃い方が見やすいため、とても...

m001-0522

PSA検査の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

前立腺は男性だけが持ち、精液の一部をつくる働きを持っています。骨盤を形づくる骨の1つである恥骨の裏側にあり、栗の実のよう...

m001-1211

源泉徴収票作成の方法・やり方・手順や使い方・流れ

源泉徴収票作成は、給与や退職菌や年金等を支払う者(源泉徴収義務者)が行うことになっています。給与の源泉徴収票には、1年間...

m001-0844

契約書の袋とじの方法・やり方・手順や使い方

契約書袋とじについてですが、袋とじにしないと、全ページにページにまたがるように押印する必要があるります。そこで、多ページ...

m001-0694

ナスの剪定の方法・や...

夏の代表的な野菜であるナスは剪定をすることにより、品質の...

s

【体幹トレーニング】...

さまざまなダイエット方法がメディアなどで紹介される中、よ...

m001-0655

遺産分割協議書の作成...

身内が亡くなった場合には、相続人間で遺産分割協議をする必...

m001-307

お祓いの方法・やり方...

日本には厄除けや縁起のためにお祓いという儀式を行う習慣が...

m001-439

ツイッター非公開の方...

ツイッターは、投稿者が今思っていることを140文字以内に...