くるみを割る方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

くるみを割る方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

一口にくるみと言っても、世界中には様々な種類があります。それぞれに固さや大きさ、それに形などが微妙に違います。その当然の結果として、割りやすさも違ってくるのです。極端なことを言ってしまうと、歯でカリッと噛んだだけで割れてしまうような種類だってあるのです。このように、割ることについては難易度の違いがあります。

そんな中、最も割りにくい種類の一つに和くるみ(別名、鬼くるみとも言う)があります。それはどちらかと言うと小粒の実ですが、とにかく殻が固くて丈夫なのです。それゆえ、これを上手に割ることができれば他の種類のものも簡単に割れることでしょう。

くるみを割る方法概要

世の中には便利な道具が沢山あります。くるみを割るための道具も、世界中にあります。たとえばハサミやペンチのような形状のもの、ハンマーのようなもの、他にも万力のようなものまであり、インターネットなどで探せばさまざまなものが見つかります。 しかし、それらの全ての道具に共通して言えることがあります。それは、どんなに手軽で便利そうな道具でも、上手に使いこなすためにはテクニックが必要であり、そのためにはある程度のキャリアを積む必要があるということです。 道具の使い方それ自体は簡単でも、上手に割って中身を綺麗に取り出すのは簡単ではないのです。

くるみを割る手順・方法01

どんなに殻が固くて割りにくい和くるみでも、便利な道具を使えば誰にでも比較的簡単に割れます。しかし、テクニックのない人が割ると、大切な中身が潰れてしまったり、砕けたりするのです。 また、テクニックを使わずに力任せに強引に割ったりすると、固い殻の破片が実に混ざったりしてしまい、食べる時に非常に困った事態になってしまうこともあります。それゆえ、やはりテクニックを用いて割らなければならないというのが一つの結論なのです。 実際、高度なテクニックによって本当に上手に割った場合は、中身を無傷のまま取り出すことも可能なのです。

くるみを割る手順・方法02

道具の使い方で最も大切なことは、安全第一であるということです。ハサミのような道具にしろハンマーのような道具にしろ、使い方を間違えると思わぬ怪我をしてしまったり、痛い思いをしてしまうことになります。 ですから自分は不器用なタイプだと思う人ほど、道具の取り扱いには十分に注意することです。いい加減な気持ちで不注意に道具を使うと、殻の破片が飛び散って回りの人の目に入って大怪我をする危険さえあるのです。 このように道具を使う際には、危険防止の概念が不可欠なのです。道具とは確かに便利なものではあるのですが、危険とも隣り合わせなのです。

くるみを割る手順・方法03

殻を上手に割るためには、道具を使いこなす熟練のテクニックが必要です。しかし、全ての人が熟練の域に達することができるわけではありません。基本的に初心者はみんな未熟ですし、人によっては何度やってもなかなか上達しない人もいるのです。そんな場合は、何か工夫をすれば未熟なテクニックをカバーすることもできます。 たとえば殻の境目に沿って綺麗に割れずに破片が出てばかりの人は、破片が飛び散らないようにビニール袋などの中で作業をするのです。そうすれは安全です。このような工夫をすることは、特に危険防止にとっては大切なことです。

くるみを割る手順・方法04

くるみを上手に割るためには、さまざまな裏技もあります。たとえば、焦がさない程度にフライパンなどでじっくりと乾煎りすると割りやすくなるとか、オーブントースターなどで加熱するなどの方法です。他にも、水やぬるま湯などに一晩漬けておくと殻が少し柔らかくなって殻の口の部分も開きやすくなるなどの方法もあります。 このような創意、工夫は、他にも色々な方法があることでしょう。それは先人の知恵として、きっと世界のさまざまな地域において受け継がれているに違いありません。ですから、身近にいるお年寄りなどに相談するのも一案です。

くるみを割る手順・方法05

経験者なら誰でも知っていることですが、固い殻を割るのは確かに大変ですが、それに優るとも劣らないほど大変なのが、中身を綺麗に取り出すことです。何しろ中身を美味しく頂くことこそが究極の目的なのですから、それも当然です。結局、くるみ割り作業で一番大切なこととは、綺麗な中身なのです。 綺麗な中身を取り出すことにおいては、まずは無傷がベストです。しかしそのやり方は、簡単ではありません。それこそ高度なテクニックが必要なのです。そのためには相応のキャリアも必要となります。ですから、無傷だけにこだわるのは現実的ではないでしょう。

くるみ割る方法の考察

中身を無傷で取り出せない場合は、次の作戦としては少しでも綺麗にほじくり出すことになります。その具体的なやり方は、少し長目の竹串が手軽で便利です。爪楊枝サイズの長さでも可能ではありますが、もう少し長いほうがやりやすいのです。 ただし竹串にしろ爪楊枝にしろ、先が尖っているので自分の指を指さないように注意しましょう。竹串なども道具の一種ですので、その取り扱いには気を付けなければなりません。 とにかく、中身をほじくり出すのも簡単ではありません。乱暴なやり方ですと中身が粉々になってしまいますので、それなりのテクニックが必要なのです。

くるみ割る方法のまとめ01(使い方や注意点など)

人にはそれぞれ、得手不得手があります。それはくるみ割り作業においても同じです。割るのが得意な人もいれば苦手な人もいます。同様に、中身をほじくり出すのが得意な人もいれば苦手な人もいるのです。 そんな時には、それぞれ自分の得意とする分野の作業に集中して、みんなで協力して流れ作業を行うのが効率的です。こうした流れ作業ならば、自分一人で全部作業するよりもテクニックは必要ではなくなります。 また、みんなで行う作業は楽しいものです。そして楽しい共同作業であれば、きっと時間の経つのも忘れます。流れ作業にはこうしたメリットもあります。

くるみ割る方法のまとめ02(使い方や注意点など)

から割り作業や中身をほじくり出す作業は、単に綺麗に行うことだけが大切なのではありません。なぜならどんなに綺麗な仕事をしたとしても、一個中身を取り出すだけで何分もかかってしまえば、数が沢山ある場合は作業終了までに何時間もかかってしまう場合もあるからです。 ですからこうした作業は、ある意味では時間との戦いと考えるべきです。短時間で手早く作業するためには、作業手順の全てを効率化させなければなりません。手順が適切でないと、それだけ余計な時間がかかってしまいます。くるみの数が多い時ほど、作業手順を効率化させましょう。

くるみ割る方法のまとめ03(使い方や注意点など)

取り出した中身を美味しく頂くためには、全ての作業が終了した後の掃除や片付けも重要です。とにかく数が多いほど殻などのごみも多くなります。しかも殻は固いし尖った部分もあります。また、殻の破片は意外に鋭いので指に刺さって怪我をしてしまう心配もあります。 それに、ごみ袋に一度に沢山の殻を入れると袋が破けて大変なことになります。大量の殻が部屋中に飛び散ってしまい、せっかく掃除したのに無駄になってしまうのです。 くるみを美味しく頂くためには、とにかく最後のごみの後始末が終わるまでは気を抜けません。何事も最後が肝心なのです。

m001-034

【巻き髪ミディアム】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

風になびくサラサラのロングヘアは、女性であれば一度はやってみたいと憧れるヘアスタイルの代表格ですが、男性目線から見ても、...

m001-1271

ワイヤークリップ使用の方法・やり方・手順や使い方・流れ

ワイヤークリップの使用における注意点は大きく分けて4つあります。まず1つ目はループを使ったワイヤーの短いほうがクリップの...

SONY DSC

縄跳び練習の方法・やり方・手順や使い方

縄跳び練習をするには誰にもぶつからない広い所で行いましょう。まず、縄跳びを使わないで飛ぶ練習をします。その場でジャンプを...

m001-1069

PC初期化の方法・やり方・手順や使い方

PC初期化作業をおこなう場合、前準備が非常に重要です。まずは初期化する為のリカバリメディアと必要なソフトが揃っている事で...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ごぼうのささがきの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについ...

根菜類は、食物繊維が豊富なので、健康のためによく食されています。食物繊維には、肉類などに含まれている脂肪分を、体に吸収さ...

m001-1162

エクセル掛け算の方法・やり方・手順や使い方

今回は列を5列使用して、問題作成をしてみましょう。列はA列からE列までを使用するのがいいでしょう。A列C列には数字をB列...

パソコン

グーグルツールバー表示の方法・やり方・手順や使い方

グーグルツールバー表示の仕方はどうすればいいかというと、これは消えてしまう場合があります。誤って消してしまった場合どうす...

m001-0555

点呼の方法・やり方・手順や使い方

人数の確認のために人員を横一列に並ばせて右側から番号を言っていくのが点呼です。よく消防や警察、自衛隊の点検等で使用されま...

m001-1121

もち木剪定の方法・やり方・手順や使い方

もち木剪定は、枝の生育が落ち着く梅雨時期に行います。順序としては、まず最初に樹木の上部の枝を剪定していきます。この際には...

Welder

アルミ溶接の方法・やり方・手順や使い方・流れ

アルミニウムのTIG溶接は交流溶接で行います。電極にタングステンを使い、材料から一定の隙間を開けて溶接しなければならず、...

m001-0663

ゆる体操の方法・やり...

運動には様々な種類がありますが、その中の一つにゆる体操が...

m001-1235

皮下点滴の方法・やり...

皮下点滴とは何なのか知らない人も多いと思います、このよう...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テーラーメイドR1調...

テーラーメイドのR1調整の一つであるロフト調整を行うには...

h

表示の方法・やり方・...

食品表示とは日本農林規格法により義務付けられたものです。...

SONY DSC

消火訓練の方法・やり...

防災訓練は、日頃の安全対策として大変重要です。ですから、...