田起こしの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

田起こしの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

春が近ずいてくると田起こしを行って、一番最初の田植えの準備を行います。これは道具を使い田圃を起こすことにより田圃に豊かな酸素を取り入れ、その後に続く代掻きという作業を効率的にできるようにするための作業です。この作業はコメを作るための重要な作業であって、この作業を怠ると田植えができなくなるばかりではなく、その年のお米もできません。またコメの品質にも大きな差ができてしまう作業です。田起こしのやり方によりその後の作業に影響が出るばかりでなく、品質や収量にも大きな差が出てくる作業です。丁寧に行わなければなりません。

田起こしの方法概要

実際に田を起こすといっても、実際クワ一つで作業が可能です。田圃の土を起こすだけの作業になりますからクワ一つだけであっっても十分に作業はできます。ですがクワ一つでやると作業の限界があります。小さい面積の土地の田起こしなら十分にクワ一つで可能ですがその土地が広大になってくると、クワ一つでというわけにはなりません。何らかの機械を導入して田圃を起こす方法を考えなければなりません。またクワ一つでやろうと思うのであれば何人かの人を用意して、集団でこの作業に取り組まなければ短時間でこの作業を終わらせることはできません。

田起こしの手順・方法01

このようにクワ一つでは広大な農地での、田起こし作業は可能ですが大変時間のかかる作業になってしまいます。そこでクワに代わる機械であら起こしをしなければなりません。その機械が耕運機と呼ばれています。田畑を、エンジン動力により耕す機械です。この機械にはロータリーという回転することで、土を耕す機能を持った器具が装着されており、それをエンジン動力で引っ張って土を耕していきます。 人間は耕運機の動く方向を調整するため、耕運機の後方からクラッチやブレーキの操作でこの機械についていく方法でこの機械を操らなければなりません。

田起こしの手順・方法02

この耕運機の登場で田起こし作業は大変楽になりました。クワでおこなっていたその作業よりも10倍20倍の速さで作業ができるようになりました。また体力的にもクワを振りかざすという作業がないので大変楽になりました。ただ単に耕運機の後を操作しながらついていくという手順だけで起こすことが可能になったので、多くの人がこの耕運機を購入して使用し始めました。 またクワよりも小さく土が砕けることから、その後の作業も大変やりやすくなりました。このようにあら起こしは機械を導入して効率的にするという作業の流れになってきました。

田起こしの手順・方法03

効率的に田を起こすことが可能になった反面、まだ日本には排水機能が大変悪い水田が存在しています。この田圃ではいつまでも水が排水できないためいつもぬかるんだ土地を機械で耕さなければなりません。耕運機で効率的にやったとしても機械がはまってしまったり、操作をする人自体がはまったりしてこのような土地での作業は大変効率の悪い作業となっています。また少しの雨で作業自体ができなくなるような場所にある土地も数多く存在しこれらの作業の足かせになっています。土地改良等でこれらの土地の、改良を行っていかなければなりません。

田起こしの手順・方法04

水はけのよい田圃での田を起こす作業は比較的に簡単にできます。また短時間で作業が終わってしまいます。うえで書いたような水はけの悪い水田では作業者自体が水田にはまってしまうことが多く、田圃のぬかるみから足を上げることに大変な力を要しています。マイペースでの作業ではなく機械についていかなければならないのですから、機械のスピードに合わせてぬかるんだ泥の中から足を素早く引っこ抜かなければなりません。このような作業状態が続くと、大変に体力を消耗してしまいます。また体力の消耗により長時間に及ぶ作業の中断も考えなければなりません。

田起こしの手順・方法05

このように耕運機での田起こし作業が進んでいく中で、耕運機よりももっと効率的な方法で田を起こすことができないかと考え開発された機械にトラクターがあります。これは耕運機のように機械に人間がついていくものではなく機械に人間が乗って操作することで田を起こすことができるという画期的な機械です。 人間が乗って作業をするので体力的な消耗がほとんどなく、短時間で作業することができあまり汚れることなく作業ができるようになり、爆発的に売れました。今ではほとんどの農家がこのトラクターを使用して春先の田起こし作業を行っています。

田起こしの考察

トラクターで田を起こす方法はトラクターの後方でロータリーを引っ張り、人間がこのトラクターを運転して耕す深さや、泥の大きさの調整をすることによりこの作業を進めていきます。調整する場所も少なく座ったままで機械の調整ができますので人間の力はあまり必要とはしません。 農地の大型化とともに田を起こすために使用する機械の大きさもどんどんと大型化していくという流れになってきています。またその使い方もどんどんと簡素化され今では手先ひとつで後ろに取り付けてあるロータリーが上下するような機能を持った機械も登場してきています。

田起こしのまとめ01(使い方や注意点など)

トラクターを使って田を起こすというやり方によって、大変なこの作業の時間の短縮ができるようになってきました。トラクターの使い方や作業手順によってはますますの作業時間の短縮ができるようになります。広大な土地の場合は数台のトラクターを同時に稼働するというやり方でもっともっと時間の短縮がで来ます。 また土地が大型化することによりメーカーはその土地の大きさに見合った大型の馬力を有した機械を開発しており、土地が大型化するたびにその土地では大型の機械が導入されるという流れになるものだと思われます。ただし条件としてその大型機械の導入に見合った収入がなければ導入は難しいのですが。

田起こしのまとめ02(使い方や注意点など)

田植えをする際はいろいろな作業の手順をふんで行わなければなりません。田起こしもその手順の一つです。土地が大型化するとともに、作業の短時間化と効率化が求められます。土地が広くなっていけば広くなっていくほど大型の機械が求められてきます。ですがその大型の機械を導入するだけの収入がなければ作業の効率化ができる機械の導入を図ることはできません。 また農作業者の高齢化により機械の使い方もわかりやすくしなければなりません。誰が使用してもその使い方がわかるという機械がメーカー統一という形で出てきてくれればうれしい限りです。

田起こしのまとめ03(使い方や注意点など)

大型機械の導入で大規模な農地の田起こしは大変簡単になってきました。またその後に続く作業も大変作業がしやすくなっています。現在の農業で大変問題になっているのは作業者の高齢化と、なかなか中小の農地が集約できないということです。集約できないということは土地の大型化ができないという意味で、集約できない土地を持っている人は以前と同じ状態の非効率な農作業を続けていかなければならないということです。またコメの生産による収入も期待できるものではなくなってしまいます。 このような問題が今の農業には、いろいろと渦巻いています。

m001-1036

Gメールアカウント削除の方法・やり方・手順や使い方

Gメールアカウント削除の仕方がありした方がいいという場合もあります。URLが気に入らないという場合もあるわけですから削除...

Computer ,laptop , tablet , smart phone on wood table

フェイスブック企業登録の方法・やり方・手順や使い方・流れなど...

フェイスブックで企業登録をする手順としましては、まずはフェイスブックの個人アカウントを登録する必要があります。個人アカウ...

m001-016

【足を長くする】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

足を長くする方法には実は多彩な方法があります。また、答えは一つではありません。つまり、やり方、方法、また道具の使い方によ...

m001-1181

MCAFEEアンインストールの方法・やり方・手順や使い方

MCAFEE製品の削除方法は2つあります。ひとつはコントロールパネルの「プログラムと機能」(または「プログラムのアンイン...

m001-061

【シーネ・固定】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

人が長い一生を生活するうえで、一度も骨折や捻挫といった怪我をしたことがない人というのは、おそらく存在しないはずです。 ...

m001-0951

スマホ画面をテレビで見る方法・やり方・手順や使い方

スマホの画面をテレビで見るには、無線LANなどを利用することで可能です。 その他にも携帯自体に画面をテレビに映し出すミ...

m001-135

とびだせどうぶつ森・無限増殖の方法・手順・使い方、メリットデ...

とびだせどうぶつの森の情報サイトを見ていると、よく目にする無限増殖。これはゲームのデータのちょっとした隙間、俗に言うバグ...

m001-403

ヘッドスピードを上げる方法・やり方・手順や使い方・流れなどに...

ゴルフを始めたばかりのころは、やり方や手順、ましてや周りの空気の流れなど気にせず、ただひたすらクラブを振り回すだけだった...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解約の方法・やり方・手順や使い方

携帯の手続きの仕方はまず、各メーカー代表的なので言えばDOCOMO、ソフトバンク、auなどのコールセンターに連絡をし本人...

m001-0613

新にんにくの保存方法・やり方・手順や使い方

新にんにく保存は水分が多いため常温での保存は避けた方がいいです。すぐに使ってしまう場合は冷蔵庫に保存するのがいいですが、...

m001-389

りんごの保存方法・や...

りんごを沢山貰った時や購入した時に腐らさない様に、適した...

m001-1249

水子供養自宅の方法・...

水子供養自宅でする際に大事になる事は続けることです。供養...

m001-025

【視力検査】方法・手...

学校や会社の健康診断では視力検査ということを行う決まりが...

m001-283

だいこん保存の方法・...

そのまま生でも炒めても、煮てもおいしいだいこんは料理用途...

m001-341

生産性向上の方法・や...

会社の業務などで、時間や手間がかかるものがあるかと思いま...