シャコバサボテン管理の方法・やり方・手順や使い方

シャコバサボテン管理の方法・やり方・手順や使い方

シャコバサボテンの管理で最も大切なのが摘心です。株のバランスを整えて、花を咲かせるための作業です。主に行う季節は春と秋の2回であり、春の摘心は関東では3月下旬から4月上旬頃に行います。秋の摘心は9月下旬頃から、10月下旬頃が最適な季節です。方法は葉の先を指でつまんで、くるっと回すように取ると簡単に行えます。暑さや多湿を嫌う植物であるため、直射日光の当たらない風通しの良い場所で栽培するのがポイントです。また冬場は凍結すると枯れてしまうため、日当たりのよい窓際に置くのがよいでしょう。水遣りは土が乾いたらたっぷりとあげ、夏場は土が乾いてから2日ほどしてから行うのがコツです。

シャコバサボテン管理の方法概要

シャコバサボテンの管理に特別な道具は必要ありませんが、土の入れ替えの時のために赤土玉、腐葉土、軽石、レンガ、液体肥料を用意しておきましょう。日常の手入れの技術にピンチと呼ばれる菜摘があります。菜摘は株をバランスよく仕立て、花を咲かせるためには必要な作業です。春と秋の年に2回は適度に葉の茎をつまんで形がよくなるように仕立てます。春の菜摘は株の形をバランスよく仕立てるためと、新芽を増やし成長を促すために行います。春の菜摘では土から3節ほど残して上部の2から3節の部分を摘み取るようにします。株の形をきれいに保ち、花をたくさん咲かせるためにも菜摘の作業は丁寧に行うようにしましょう。

シャコバサボテン管理の手順・方法01

秋に行う菜摘は花をきれいに咲かせるために行います。花は成熟した葉の先にしか咲かないので、小さな新芽やそれ以外の葉は菜摘により摘み取っておきましょう。秋の菜摘では小さな新芽や花のつかない葉を摘み取ることで開花時期を整え、全体に花が咲きやすくなります。菜摘を行った後は2週間程度は水やりを控えるようにします。これは花芽のつかない葉の成長を抑えるために行います。菜摘の後に花芽が確認できるようになったら、今度は土が乾かないように定期的な水やりを行うようにしましょう。ただし、水やりは土が完全に乾いてから行うようにしましょう。

シャコバサボテン管理の手順・方法02

花の時期が終わり、冬になったら水やりは控えるようにします。冬になると休眠状態となるので、それほど水を必要としません。土が十分に乾燥してから水やりを行うようにします。水やりは、おおよそ1ヶ月に2回から3回程度行えば十分でしょう。あまり頻繁に水やりを行うと根腐れの原因となるので注意しましょう。一般的にサボテン類は暖かい場所を好むと思われがちですが、この花は極端な寒暖や湿度、乾燥を嫌う植物です。あまり暖かい気温が続くと根や葉が徐々に弱ってくるので、冬場でも常に暖房などで温かくなっている部屋で管理するのは避けるようにしましょう。

シャコバサボテン管理の手順・方法03

根が伸びてきたときは、鉢の入れ替えが必要になります。鉢の入れ替えを行う際には、それまで使っていた鉢よりも一回りほど大きなものを用意するようにしましょう。鉢を用意したら、まずは古い鉢からシャコバサボテンを取り出しましょう。鉢から取り出す際に羽を傷つけないように慎重に作業を行います。鉢から取り出したら、根に絡まっている土を落とし傷んでいる根を切り落としましょう。鉢を入れ替える際に、株をあまり大きくしたくない場合は根を3分の1程度に切り詰めておきます。根を切り詰める作業を行っておけばそれ以上大きくはならないので、好みの大きさに仕立てることができます。

シャコバサボテン管理の手順・方法04

根の切り詰め作業が終わったら、鉢に植え替える作業に移ります。鉢の一番底には鉢底ネットを張り、次に軽石を2cmから3cm程度入れておきます。軽石を入れ終わったら株を中に入れ、赤玉土と腐葉土を混ぜた土を入れていきます。土をある程度まで入れたら、根がしっかりと土の中に広がるように棒などを使って根を広げておきましょう。ある程度、根を広げたら残りの土を加えていきます。土を鉢にしっかりと入れたら、用意したレンガを組み上げて、鉢の下の風通しが要くなるようにします。レンガの組み上げができたら、水やりをしておきましょう。水やりの際は鉢の底から水が流れ出るまでしっかりと水やりを行います。

シャコバサボテン管理の手順・方法05

シャコバサボテンは暑さや多湿、乾燥を嫌います。管理を行う際はレンガの使い方などを工夫してできるだけ熱気や湿気が溜まらないようにしましょう。また感想を嫌う植物ですが、水のやりすぎは根腐れの原因となります。株を長持ちさせるには、時期に合わせて適切な水やりを行うことが大切です。また肥料のやりすぎも根腐れの原因となります。液体肥料などは生育期の5月から7月の間までとし、それ以降は肥料を与えないようにして管理しましょう。以上がシャコバサボテンの管理手順となります。育てるのが難しい植物ですが、以上の手順を参考にして上手に育ててください。

シャコバサボテン管理の考察

シャコバサボテンを育てるには、日常の管理が重要です。その管理において大切な作業と言われているのが、葉摘みです。葉摘みは文字通り葉を摘むもので、株をバランスの良い形に育て、花をきれいに咲かせるために必要な作業です。葉摘みは、春と秋の年2回行います。春の葉摘みは、株をバランスの良い形に育てることと、新しい葉を増やして成長を促すことが目的です。時期は3月下旬から4月上旬の頃、気温は10度以上の暖かい日が最適とされています。冬を超えたシャコバサボテンは茎節の長さがバラバラなため、地面から伸びる茎節の3から5節だけ残し、あとの葉は全て摘み取ります。株が丸く収まるようにすると良いでしょう。

シャコバサボテン管理のまとめ01(使い方や注意点など)

秋に行う葉摘みは、花をきれいに咲かせるのが目的です。時期は、9月下旬から10月下旬の頃、かなり気温が落ち着いた涼しい時期がベストです。ちなみにシャコバサボテンの花は、成熟した葉の先にしか咲きません。そのため、色が薄いものや小さな新芽や茎節は全て摘み取ってしまいます。こうすることで残った葉全てに花がつきやすくなり、開花時期も揃いやすくなるのです。なお、葉摘みの方法はハサミ等の道具は特に必要なく、指でつまんで軽くひねるとキレイに節から取ることができます。この植物は高温や多湿を嫌い、直射日光に弱いと言われています。そこで、できれば風通しの良い、日中は半日陰のような場所が生育場所としてはベストです。

シャコバサボテン管理のまとめ02(使い方や注意点など)

この植物の水やりは、基本的に土の表面が乾いたらたっぷりとやるという方法を取ります。ただし、夏と冬、それと葉摘みの後は通常と違う水やりをします。夏は水やりを控えめにし、土が乾いてさらに1日から2日おいて与えます。これは新芽の発生を抑えることと、夏は成長が衰えるため水を必要としないからなのです。なお、水をやり過ぎると根腐れを起こし、枯れてしまう可能性が高くなります。冬も夏同様、成長しない時期なため、水やりは控えめにします。だいたい月に1回か2回で充分です。春と秋の葉摘み後は、10日から2週間は水やりをしません。これも、新芽の発生を抑えるためです。

シャコバサボテン管理のまとめ03(使い方や注意点など)

シャコバサボテンの管理場所季節により異なります。 まず春には戸外に置き、夏には明るい日陰で風通しの良い場所に、秋の11月ごろまでは再び戸外へ、11月以降から春までは室内で栽培します。 また、水を行う方法としては春と秋には土が乾いたら水やりを行います。しかし、夏場には土が乾いてから数日後に水やりをし、冬場には1か月に1回から2回の水やりを行います。 それに加え、春には葉摘みを行った後に戸外へ出します。また、秋にも葉摘みを行った後に戸外へ出します。この秋の葉摘みの後には水をすぐには行わないことが重要となります。

m001-226

好きな人がわかる方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

人はなぜ人を好きになるのか考えた時に、人は自分自身が好きだからということも1つにあります。自分自身をもっと良い気分にさせ...

m001-085

【足が速くなる】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

子供の頃から運動会などで徒競走は必ず経験します。子供は鬼ごっこなど、普段の遊びの中で足の速さは大切ですね。運動会などのイ...

m001-0889

マルチディスプレイの方法・やり方・手順や使い方

普段使っているパソコンにもう1台モニターを追加して、マルチディスプレイにして使うには、難しいと思われがちですが、パソコン...

m001-0992

エアコンガスチャージの方法・やり方・手順や使い方

エアコンガスチャージはプロに依頼する方法と、個人で行う方法があります。取り付け方法に間違えがなければ、専用のガスを充填し...

m001-283

だいこん保存の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

そのまま生でも炒めても、煮てもおいしいだいこんは料理用途が広く、日本人の好みにあった野菜の一つだと言えます。特に冬の旬の...

SONY DSC

顔マッサージの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

美容のためにマッサージを習慣づけたいけど、面倒臭そうと感じている人も多いかもしれません。確かに、エステでやってもらうよう...

m001-0752

妖怪ウォッチなまはげの入手方法・やり方・手順や使い方

妖怪ウォッチでなまはげ入手が可能になるタイミングは、第10話のクリア後になります。「赤信号バスターズ」というサブミッショ...

ミニトマト

ミニトマトの肥料の方法・やり方・手順や使い方

ミニトマトを栽培する時、ミニトマト肥料には最初から土に混ぜる元肥と後から与える追肥があります。肥料の種類は基本の窒素・リ...

m001-1256

源泉徴収税額計算の方法・やり方・手順や使い方・流れ

源泉徴収税額計算は基本的に、源泉徴収税率と消費税額(現在は8パーセント)、そして収入から割り出すことができます。源泉徴収...

m001-0605

草木染めの方法・やり方・手順や使い方

草木染めの方法は、まず染料を用意する必要があります。染料として利用することが出来るのは木の皮や枝、花などがあります。用意...

M

女性のメイク方法・手...

開放的な気分になる季節。今年の夏は、透明感あふれるメイク...

m001-1104

固結びの方法・やり方...

数ある結び方の中でも、最もシンプルで使い勝手がよいのが固...

m001-029

【血管を強くする】方...

血管を強くする方法、やり方の中でまず気をつけるべきは食事...

m001-366

減価償却費をエクセル...

固定資産は、勘定科目の体系上は「有形固定資産」、「無形固...

m001-0986

かがり縫いの方法・や...

かがり縫いの用途は布端のほつれ防止やフェルトを縫い合わせ...