【白湯ダイエット】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

【白湯ダイエット】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて


白湯ダイエットとは白湯を飲むだけのダイエット方法です。水をいったん沸かしてお湯にしてから、冷まして飲みます。お湯を冷ました物を湯冷まし、もしくは白湯と呼びます。いったん沸騰させ、冷ましてから飲むだけです。熱湯のまま飲むわけではありません。しっかり沸かしてから冷まして飲みます。飲み過ぎるとむくみの原因になりますので、1日に多くても一リットル程度に止めるようにしましょう。たくさん白湯をのめば早く痩せるというわけではありません。コップ1杯程度を1日に五杯から六杯程度、時間を空けて飲むようにしましょう。



白湯ダイエットの方法概要

白湯ダイエットによって得られる効果は痩せるだけではありません。痩せやすい体質になるだけでなく、他の効果も期待することができます。白湯を飲むことによって体内の巡りがよくなります。内臓の働きもスムーズになりますので、体内の老廃物の排出もスムーズになり、便秘の解消にも役立ちます。痩せやすい体質になることは基礎代謝が上がるということにも繋がります。基礎代謝が上がることで脂肪が燃えやすくなるだけでなく、新陳代謝がアップするなどの効果も期待できます。巡りがよくなることによってデトックスの効果も得ることができますし、冷え性改善や夏バテ予防の効果も期待できます。

白湯ダイエットの手順・方法01

白湯ダイエットの手順としては、まずはお湯を沸かすということが必要です。やかんに水を入れてしっかりと沸騰させてお湯を作ります。沸騰したら、そこから火を弱めて十分程度、沸騰させ続けましょう。沸騰させ続けることで水の中に入ってる余分なものを飛ばしてしまうことができます。沸騰させ続けたお湯を、今度は冷まします。人肌よりも少し高い温度、四十℃から五十℃程度を目安にして白湯を作ります。この白湯を一杯程度、一度に150cc程度を目安に飲みます。朝や食事中、寝る前など何度かに分けてのみ、1日に五杯から六杯程度を飲むようにします。

白湯ダイエットの手順・方法02

白湯ダイエットは簡単にできる方法ですが、やり方を間違えてしまうと効果が薄れてしまいます。間違ったやり方で効果を薄めてしまわないように、正しい方法で行うようにしましょう。白湯を作ったら、冷まし過ぎないことが大切です。流れとして冷ますことは必要ですが、体温よりも低くなってしまうと体を温めてくれたり、老廃物を流してくれたりする効果が薄れてしまうからです。流れとして、冷めてしまわないうちに十分程度を目安に白湯を飲むようにすると良いです。またやり方として、白湯の飲み過ぎも逆効果です。1日一リットル程度にとどめ、飲み過ぎには注意しましょう。

白湯ダイエットの手順・方法03

ダイエットを成功させる白湯の使い方として、飲むタイミングも意識すると良いです。効果的なタイミングとしては、朝起きてすぐと眠る前、食事中などがあげられます。朝起きてすぐ、朝食を食べる前に白湯を飲むことで胃腸の働きを助けて体の働きをスムーズな流れにしていくことができます。食事中の飲み物として白湯を飲むのも使い方としてはお勧めです。無理なく飲むことができますし、代謝を上げて食べた物の消化や消費をスムーズにすることができます。寝る前に飲むのも効果があります。副交感神経を刺激して、リラックスした状態で眠りにつくことができます。

白湯ダイエットの手順・方法04

白湯ダイエットは、すぐに結果が出るタイプのダイエットではありません。手順も使い方も簡単な分、継続することがとても大切です。簡単に、お金をかけずに痩せやすい体質にすることができますが、継続しないとなかなか結果に繋げることができません。毎回、お湯を沸かすという手順は大変ですが、逆にお湯を沸かすという手順を踏めば、後は白湯を飲むだけという簡単なダイエットです。試してみたけれど結果が出なかった、と、簡単に諦めてしまうのは勿体ないです。白湯を飲むだけの方法ですから、習慣化できるくらい継続するほうが効果を上げることができます。

白湯ダイエットの手順・方法05

簡単にできるダイエットなだけに、結果を目に見える形にするまでには時間がかかります。早い方ですと一週間程度で結果を実感できるようになりますが、元々が健康的な生活を送ってきた方の場合、目に見えるような結果が出てくるまでには時間が必要です。結果がわかるようになるまでにかかる期間は1ヶ月程度が目安です。まずは1ヶ月を目安に継続してみると良いです。やり方は簡単ですから、焦って結果を求めないことです。痩せないまでも便秘の改善や冷えの改善など、何らかの効果が出てきたのなら、体質は変化してきていると受け止めたほうが良いです。

白湯ダイエットの考察

白湯ダイエットを正しく行うことによって得られる効果としては、体温が上がる、血行がよくなる、循環がよくなり脂肪が燃えやすくなる、余分な水分を排出することができる、などのことがあげられます。体温が上がってきたり、むくみが改善されてきたら、効果が出てきたと考えてよいです。食事の量を減らしたいときには、白湯を食事の前に飲むようにすると良いです。白湯を飲むことはダイエットに良いだけでなく、脳卒中や動脈硬化の予防にもなりますので、痩せないからといすぐに止めてしまうのは勿体ないです。目に見える結果が無かったとしても継続したほうが良い結果が期待できます。

白湯ダイエットのまとめ

白湯を作るときに、やかんではなく、電子レンジを使うという方法もあります。いったん沸騰させることが必要ですが、いちいちやかんを使ってお湯を沸かすのが面倒という方は、電子レンジを使ったやり方を試してみるとよいです。電子レンジを使うときには、水道水ではなく、ミネラルウォーターを使います。水道水には塩素などが含まれているため、しっかりと沸騰させることが必要です。しかし、ミネラルウォーターにはそのような心配がないので電子レンジで温めるだけでも白湯を用意することができます。電子レンジに四十℃から五十℃にするか、500wで一分半程度温めれば白湯を作ることができます。

白湯ダイエットで使った言葉の意味・使い方

白湯ダイエットの場合には、食べ物の量を心配する必要がなくダイエットができます。1日三食、キチンと食べることは大切ですが、カロリー計算などの手間はかけずにダイエットができます。体の芯を温めることができますので、冷え性の方にとっては、冷えの改善もできます。冷えが改善でき、循環もよくなりますのて、自然にデトックスも行うことができます。体を温め、消化を高める効果があるため、便秘の解消や乾燥肌の改善にも繋がります。手間のかからないダイエットにも関わらず、痩せるだけの効果だけでなく、美肌などの効果も得ることができます。

白湯ダイエットの方法の注意点

簡単にできる白湯ダイエットですが、やり方を間違えてしまえば思うような効果は得られません。水道水を電子レンジで温めた白湯を飲んでも、効果がどの程度得られるかは分かりませんので、正しく行うことを心掛けましょう。また、白湯の飲み過ぎには注意しましょう。取り過ぎはむくみの元になります。白湯を冷ます温度も注意が必要です。四十℃から五十℃と体温よりも少し高めの温度が良いです。冷まし過ぎると、かえって内臓を冷やすことになってしまいます。それでは思うような効果が得られません。結果が出なくなってしまいますので、適温で飲むことを心掛けましょう。



SONY DSC

スイカ摘心の方法・やり方・手順や使い方

スイカは摘心をすることにより大きくて味の良いものが収穫することができます。植えつけてからしばらくすると盛んにツルが伸びて...

R

ボイパの方法・やり方・手順や使い方・流れ

ボイスパーカッションは初めに普通のマイクを使用し、比較的低い声で「ドォ」と発声し口を閉じることから始めます。安定する音が...

m001-147

コンクリートの打設方法・手順・使い方、メリットデメリットなど...

自宅の敷地に、駐車場,駐輪場やアプローチなどのために、diyでコンクリート打設を行いたい方は多数いらっしゃると思います。...

m001-049

【ハンドマッサージ】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

自分もしくはプロのエステティシャンなどにハンドマッサージを行ってもらう理由として、体の疲れや美容効果を得るためとなります...

SONY DSC

飯盒炊爨の方法・やり方・手順や使い方

飯盒炊爨でお米を上手に炊く方法です。まずは飯盒でお米を計ります。飯盒のふたには外ぶたと中ぶたがあり、外ぶた1杯は約3合、...

Laboratory glassware

苛性ソーダ購入の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

苛性ソーダとは何かというと、水酸化ナトリウムに関連するもので、塩を電気分解することによって得ることの可能な強アルカリ性物...

m001-1003

アースの方法・やり方・手順や使い方

アースは、漏電を予防する為、また雷などが落ちた時、家電製品に蓄電して壊れてしまわないよう予防するためのものです。必ず床に...

Closeup on business woman using calculator

比率計算の方法・やり方・手順や使い方・流れ

比率計算の内、パーセント表記は単純です。個々の値を合計の値で割れば算出できます。100%内に割り当てていけばいいだけです...

m001-290

しじみ砂抜きの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

味噌汁か、御吸い物か。汁物の具としてのイメージしか無い人も多いしじみですが、その小さい体に詰まった栄養素は人間にはとても...

m001-0466

ギターのチューニング方法・やり方・手順や使い方・流れなどにつ...

ギターには、大きく二つの種類に分けることができます。その二つとは、エレキギターと、アコースティックギターというものです。...

m001-219

傘のラッピング方法・...

ラッピングの知っておくとお得な情報としては、お祝い時の包...

m001-0694

ナスの剪定の方法・や...

夏の代表的な野菜であるナスは剪定をすることにより、品質の...

m001-1358

プラグ交換の方法・や...

自転車プラグ交換をしたいという場合どうすればいいか悩んで...

m001-1315

オルタネーター点検の...

オルタネーター点検は、エンジンをかけた状態でテスターを使...

m001-374

玉ねぎ保存、吊るし方...

玉ねぎは収穫後に乾燥させてから出荷されています。他に同じ...