パタカラ体操の方法・やり方・手順や使い方

パタカラ体操の方法・やり方・手順や使い方

「パ」は唇をしっかり閉じる練習になるので唇をしっかり閉じた後に開き空気を口腔内から出して発音します。「タ」は舌先に力を入れて発音をしやすくする練習になるので上あご前歯の後ろに舌先を置いて力を入れ口を開きながら発音します。「カ」は食べ物を喉に送り込む時の舌の動きの練習になるので舌を口の奥の方で持ち上げて喉の奥の方から空気を出して発音します。「ラ」は舌が食べ物をまとめる動きの練習になるので舌先を上に上げて発音します。発音は出来るだけハッキリと大きく一音ずつ発音していきます。パタカラ体操はただ発音するだけではなく好きな歌に乗せて発音すると口ずさみやすくなります。

パタカラ体操の方法概要

パタカラ体操はパタカラの各言葉を発音する運動です。各音を発音するにはコツがあります。パの音を発音する場合に必要になるのは、発音ををした後で口をしっかりと閉じた口の使い方をすることです。ただ単にパと発音するのではなく、この口を閉じるという動作までが一連の手順です。ものを噛みしめる筋肉を鍛えられるように、口を動かすのがポイントです。次にタの発音をする場合にもポイントがあります。タの発音をする場合には口の内部にある舌の動きに注意することが必要です。普通にタと発音するのではなくて、舌を口の天井につけるように発音します。

パタカラ体操の手順・方法01

カの発音をする場合にもコツがあります。カの発音をするときの一番のポイントは喉の状態を意識しながら発音することです。カの発音をする場合には喉に自然と力が入って、喉が閉じた状態になりますが、この動きを意識することがカの発音では重要になります。食べ物を飲み込む時を意識するような感覚でカの発音をします。最後にラの発音ですが、ラの発音をする時に大切なのは舌の位置を意識することです。通常のラの発音ではなくて、舌を前歯の裏の部分にくっつけながらラと発音します。普通にラと発音するのではなく、舌を動かして発音します。

パタカラ体操の手順・方法02

パタカラ体操で口腔内の筋力アップを目指せば、年を取った時に口腔内の衛生も保たれるでしょう。筋力があれば、お年寄りでも食べ物を喉に詰まらせることなく、唾液の分泌も促進されるためです。体操の基本手順は、「パ」「タ」「カ」「ラ」とそれぞれ発音するだけです。しかし、それぞれの発音方法にコツがあります。「パ」は破裂音です。発音する時にしっかりと唇を閉じ、勢いよく破裂させて発音するのがポイントです。これにより、唇周りの筋肉が鍛えられ、口の締りを良くします。「タ」は舌の動きがポイントです。しっかりと舌を上顎に付け、発音の際は下顎に向かって舌を投げつける感覚です。

パタカラ体操の手順・方法03

「パ」と「タ」は食べ物をこぼさず口の中で咀嚼するための発音練習ですが、「カ」と「ラ」は、その後食べ物を食道へ運ぶための発音練習です。「カ」と発音する時は、喉の奥に力を入れましょう。喉を一度締め、パッと開けるイメージで発音すると良いでしょう。食べ物を一旦息を止めて飲み込み、喉の奥へ送るための発音です。「ラ」は、舌を上の歯の根元にしっかりと付け、勢いよく下へ運ぶのがポイントです。「タ」と似ていますが、こちらは舌を丸める細かい動きの練習がメインです。舌の使い方を意識し、食べ物をしっかり飲み込むことをイメージして発音しましょう。発音は、一度に一分程度、毎食前に行うとより効果的です。

パタカラ体操の手順・方法04

 パタカラ体操というのをご存じでしょうか。介護職などにつかれていいる方は馴染みがあると思いますが、使い方手順はいたって簡単で、「パ」「タ」「カ」「ラ」と大きく口を開けて発音するだけの体操です。 高齢になると、筋肉の衰えから、物を上手く飲み込めなくなるという嚥下障害が起こりやすくなり、唾液も減ってきますので、食事をスムーズに食べやすくするために、口腔ケアの一つとして用いられます。介護施設では、食事の前に軽く体操を行っている処もありますね。やり方は簡単ですし、家で介護されている方も覚えておかれ、実際にやってみてはいかがでしょうか。

パタカラ体操の手順・方法05

 元々は高齢者向けの口腔ケアでしたが、高齢者に限らず、滑舌を良くするためや、いびきや歯ぎしりをなくすために行う人もいます。口の中に入れて使うパタカラという器具も売られているくらいです。 また、「パ」「タ」「カ」「ラ」を発音することで、表情が豊かになり、肌のシワやたるみの改善、ほうれい線アップといった美容の面でも効果があるようで、女性にはうれしいですね。 そして、介護施設では、カラオケの歌詞を「パ、タ、カ、ラ、」に置き換えて歌うことで、脳の活性化にもつながり、口腔機能の向上と同時に、注意分割機能のトレーニングにつながるそうです。楽しみながら体操ができてよいですね。

パタカラ体操の考察

誤嚥は、唾液や食物が誤って気管に入ってしまうことです。特に、高齢者や、脳卒中のために嚥下障害を有してしまった方に多いです。誤嚥をすると、その誤嚥してしまった唾液や食物に含まれる細菌が気管を通して肺に入ることで誤嚥性肺炎を発症してしまいます。普通、気管に唾液や食物が誤って入ってしまえばむせてしまい、咳をすることで誤って入ってしまったものが排出されます。しかし、高齢者や嚥下障害の方は、感覚低下のために、気管に誤って唾液や食物が入ってしまっても気づかずに咳をしなかったり、咳をしても咳をする力が弱く排出できないことが多々あります。そのため誤嚥を防ぐような対策をしていかなくてはいけません。

パタカラ体操のまとめ01(使い方や注意点など)

誤嚥の予防に有効なのは、呼吸、発音、首や口、舌のトレーニングです。呼吸のトレーニングでは、腹式呼吸を練習することで深い呼吸が可能となります。呼吸機能を高めることで誤って食物が入ってしまっても排出しやすくなります。次に発音のトレーニングです。発音の練習では、パ、タ、カ、ラ、マなどの発音を練習することで食べるときと同じ器官を使うので、口唇、舌の前後の器官を鍛えることができます。よくパタカラ体操と言われています。そして、首や口、舌のトレーニングをすることでそれらの周辺の緊張を取りリラックスすることで飲み込みやすくなります。

パタカラ体操のまとめ02(使い方や注意点など)

嚥下障害とそれによる弊害を防ぐためには食事や衛生面にも気をつける必要があります。食事の取り方は、椅子に深く腰掛け正しい姿勢で食べること、テレビや音楽などを消し食事に集中できる環境を作る、急がずにゆっくり食べることです。食物の形態では、パサパサしたものや噛み切りにくいものは避け、汁気の多いものにはトロミをつけるなど工夫が必要です。そして、食事だけではなく口腔内の衛生に気をつける必要があります。口腔内を不衛生にしてしまうと細菌が増えてしまいそれを誤嚥することで肺炎になってしまいます。これらの食事や衛生面に気をつけ、首や口のトレーニング、パタカラ体操を併用することは誤嚥の予防に有効です。

パタカラ体操のまとめ03(使い方や注意点など)

口腔機能訓練である「パタカラ体操」の方法を紹介します。まず初めに「パ」という言葉を唇をしっかりと閉じて発音します。次に「タ」を舌を上あごにしっかりとつけて発音します。また、舌全体が上あごについていることが重要となります。次に「カ」を喉を締めて発音します。この際、喉の奥に力を入れます。最後に「ラ」を舌をしっかりと丸めて発音します。この際舌の先は上の前歯にしっかりとつけて発音します。この体操を毎食前に行うことでより効果が期待できます。また、毎食前が難しければ1日1回から2回行うことが望ましくなります。

m001-451

ショートヘアの簡単アレンジ方法・やり方・手順や使い方・流れな...

おしゃれな女性の間で、ショートヘアが人気を集めています。ショートヘアというと、セシルカットなどのベリーショートを思い浮か...

m001-1072

BAIDUIME削除の方法・やり方・手順や使い方

BAIDUIME削除を行う手順を紹介します。先ずはスタートメニューをクリックして、コントロールパネルを開きます。そして表...

m001-0981

ガンマGTPを下げる方法・やり方・手順や使い方

ガンマGTPは、肝機能の指標とされていて、普段からお酒を飲みすぎたり運動不足であれば、数値が上昇します。成人男性で10か...

C

OFFICEプロダクトキー確認の方法・やり方・手順や使い方

マイクロソフトのOFFICE製品を利用している場合に、そのプロダクトキー確認をする必要がでてくることがあります。その方法...

m001-059

【シフォンケーキ・ラッピング】方法・手順・使い方、メリットデ...

シフォンケーキはシンプルなケーキですが実に奥の深いケーキです。 どの家庭にもある基本的な材料で作ることができます。 ...

m001-1207

親綱ロープ使用の方法・やり方・手順や使い方・流れ

親綱ロープを使用するのに必要なことがいくつかあります。目で見てたわんでいないか確認して、わずかにたわむ程度に人力で張りま...

w

ガス抜きの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ガスが溜まってしまうと、苦しくて辛いですね。ガスが溜まるのには、きちんと理由があります。まず、長時間座っていたり、ストッ...

m001-1001

アイスマッサージの方法・やり方・手順や使い方

認知症は、食べ物を認識できず嚥下障害(食べ物を飲み下すこと)が起こるケースがある。それに対して有効なのが、アイスマッサー...

Woman legs

足首柔らかくする方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

意外と気にしていないと気付かないことですが、足首が硬く回りづらくなってる人が増えています。普通だと思っていても、整体師さ...

Man using tablet

【ウイルスチェック】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

パソコンやスマートフォンなどを使用している際、注意しなければならないことにウィルスへの感染があります。ウィルスに感染した...

m001-1299

トウモロコシ保存の方...

まずトウモロコシを生のままで保存する際においては皮付きの...

m001-202

生花の方法・やり方・...

日本には伝統芸術の一つに生花というものがあり、昔から行わ...

b

貸し倒れ引当金計算の...

まず、財務諸表から貸し倒れ引当金を設定すべき、売上債権を...

m001-398

マニュアル作成の方法...

職場では、多くのスタッフが一緒になって仕事をすることにな...

裾上げ

裾直しの方法・やり方...

最近では、ネットで洋服を購入する機会が多いようです。その...