パタカラ体操の方法・やり方・手順や使い方

パタカラ体操の方法・やり方・手順や使い方

「パ」は唇をしっかり閉じる練習になるので唇をしっかり閉じた後に開き空気を口腔内から出して発音します。「タ」は舌先に力を入れて発音をしやすくする練習になるので上あご前歯の後ろに舌先を置いて力を入れ口を開きながら発音します。「カ」は食べ物を喉に送り込む時の舌の動きの練習になるので舌を口の奥の方で持ち上げて喉の奥の方から空気を出して発音します。「ラ」は舌が食べ物をまとめる動きの練習になるので舌先を上に上げて発音します。発音は出来るだけハッキリと大きく一音ずつ発音していきます。パタカラ体操はただ発音するだけではなく好きな歌に乗せて発音すると口ずさみやすくなります。

パタカラ体操の方法概要

パタカラ体操はパタカラの各言葉を発音する運動です。各音を発音するにはコツがあります。パの音を発音する場合に必要になるのは、発音ををした後で口をしっかりと閉じた口の使い方をすることです。ただ単にパと発音するのではなく、この口を閉じるという動作までが一連の手順です。ものを噛みしめる筋肉を鍛えられるように、口を動かすのがポイントです。次にタの発音をする場合にもポイントがあります。タの発音をする場合には口の内部にある舌の動きに注意することが必要です。普通にタと発音するのではなくて、舌を口の天井につけるように発音します。

パタカラ体操の手順・方法01

カの発音をする場合にもコツがあります。カの発音をするときの一番のポイントは喉の状態を意識しながら発音することです。カの発音をする場合には喉に自然と力が入って、喉が閉じた状態になりますが、この動きを意識することがカの発音では重要になります。食べ物を飲み込む時を意識するような感覚でカの発音をします。最後にラの発音ですが、ラの発音をする時に大切なのは舌の位置を意識することです。通常のラの発音ではなくて、舌を前歯の裏の部分にくっつけながらラと発音します。普通にラと発音するのではなく、舌を動かして発音します。

パタカラ体操の手順・方法02

パタカラ体操で口腔内の筋力アップを目指せば、年を取った時に口腔内の衛生も保たれるでしょう。筋力があれば、お年寄りでも食べ物を喉に詰まらせることなく、唾液の分泌も促進されるためです。体操の基本手順は、「パ」「タ」「カ」「ラ」とそれぞれ発音するだけです。しかし、それぞれの発音方法にコツがあります。「パ」は破裂音です。発音する時にしっかりと唇を閉じ、勢いよく破裂させて発音するのがポイントです。これにより、唇周りの筋肉が鍛えられ、口の締りを良くします。「タ」は舌の動きがポイントです。しっかりと舌を上顎に付け、発音の際は下顎に向かって舌を投げつける感覚です。

パタカラ体操の手順・方法03

「パ」と「タ」は食べ物をこぼさず口の中で咀嚼するための発音練習ですが、「カ」と「ラ」は、その後食べ物を食道へ運ぶための発音練習です。「カ」と発音する時は、喉の奥に力を入れましょう。喉を一度締め、パッと開けるイメージで発音すると良いでしょう。食べ物を一旦息を止めて飲み込み、喉の奥へ送るための発音です。「ラ」は、舌を上の歯の根元にしっかりと付け、勢いよく下へ運ぶのがポイントです。「タ」と似ていますが、こちらは舌を丸める細かい動きの練習がメインです。舌の使い方を意識し、食べ物をしっかり飲み込むことをイメージして発音しましょう。発音は、一度に一分程度、毎食前に行うとより効果的です。

パタカラ体操の手順・方法04

 パタカラ体操というのをご存じでしょうか。介護職などにつかれていいる方は馴染みがあると思いますが、使い方手順はいたって簡単で、「パ」「タ」「カ」「ラ」と大きく口を開けて発音するだけの体操です。 高齢になると、筋肉の衰えから、物を上手く飲み込めなくなるという嚥下障害が起こりやすくなり、唾液も減ってきますので、食事をスムーズに食べやすくするために、口腔ケアの一つとして用いられます。介護施設では、食事の前に軽く体操を行っている処もありますね。やり方は簡単ですし、家で介護されている方も覚えておかれ、実際にやってみてはいかがでしょうか。

パタカラ体操の手順・方法05

 元々は高齢者向けの口腔ケアでしたが、高齢者に限らず、滑舌を良くするためや、いびきや歯ぎしりをなくすために行う人もいます。口の中に入れて使うパタカラという器具も売られているくらいです。 また、「パ」「タ」「カ」「ラ」を発音することで、表情が豊かになり、肌のシワやたるみの改善、ほうれい線アップといった美容の面でも効果があるようで、女性にはうれしいですね。 そして、介護施設では、カラオケの歌詞を「パ、タ、カ、ラ、」に置き換えて歌うことで、脳の活性化にもつながり、口腔機能の向上と同時に、注意分割機能のトレーニングにつながるそうです。楽しみながら体操ができてよいですね。

パタカラ体操の考察

誤嚥は、唾液や食物が誤って気管に入ってしまうことです。特に、高齢者や、脳卒中のために嚥下障害を有してしまった方に多いです。誤嚥をすると、その誤嚥してしまった唾液や食物に含まれる細菌が気管を通して肺に入ることで誤嚥性肺炎を発症してしまいます。普通、気管に唾液や食物が誤って入ってしまえばむせてしまい、咳をすることで誤って入ってしまったものが排出されます。しかし、高齢者や嚥下障害の方は、感覚低下のために、気管に誤って唾液や食物が入ってしまっても気づかずに咳をしなかったり、咳をしても咳をする力が弱く排出できないことが多々あります。そのため誤嚥を防ぐような対策をしていかなくてはいけません。

パタカラ体操のまとめ01(使い方や注意点など)

誤嚥の予防に有効なのは、呼吸、発音、首や口、舌のトレーニングです。呼吸のトレーニングでは、腹式呼吸を練習することで深い呼吸が可能となります。呼吸機能を高めることで誤って食物が入ってしまっても排出しやすくなります。次に発音のトレーニングです。発音の練習では、パ、タ、カ、ラ、マなどの発音を練習することで食べるときと同じ器官を使うので、口唇、舌の前後の器官を鍛えることができます。よくパタカラ体操と言われています。そして、首や口、舌のトレーニングをすることでそれらの周辺の緊張を取りリラックスすることで飲み込みやすくなります。

パタカラ体操のまとめ02(使い方や注意点など)

嚥下障害とそれによる弊害を防ぐためには食事や衛生面にも気をつける必要があります。食事の取り方は、椅子に深く腰掛け正しい姿勢で食べること、テレビや音楽などを消し食事に集中できる環境を作る、急がずにゆっくり食べることです。食物の形態では、パサパサしたものや噛み切りにくいものは避け、汁気の多いものにはトロミをつけるなど工夫が必要です。そして、食事だけではなく口腔内の衛生に気をつける必要があります。口腔内を不衛生にしてしまうと細菌が増えてしまいそれを誤嚥することで肺炎になってしまいます。これらの食事や衛生面に気をつけ、首や口のトレーニング、パタカラ体操を併用することは誤嚥の予防に有効です。

パタカラ体操のまとめ03(使い方や注意点など)

口腔機能訓練である「パタカラ体操」の方法を紹介します。まず初めに「パ」という言葉を唇をしっかりと閉じて発音します。次に「タ」を舌を上あごにしっかりとつけて発音します。また、舌全体が上あごについていることが重要となります。次に「カ」を喉を締めて発音します。この際、喉の奥に力を入れます。最後に「ラ」を舌をしっかりと丸めて発音します。この際舌の先は上の前歯にしっかりとつけて発音します。この体操を毎食前に行うことでより効果が期待できます。また、毎食前が難しければ1日1回から2回行うことが望ましくなります。

m001-232

検索の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

コンピュータが一般家庭に導入されるようになった事で、作業や仕事が効率化されています。効率化が果たされているのは、アプリケ...

m001-0712

スプーン曲げの方法・やり方・手順や使い方

一番基本的なスプーン曲げのやり方です。まず一本のスプーンを用意し左手の親指と人差し指でスプーンの首の辺りを持ちます。相手...

m001-1359

バックスラッシュ入力の方法・やり方・手順や使い方・流れ

バックスラッシュの入力は、IME等の文字ソフトを起動させた状態で、キーボードに「¥」や「ろ」と刻印されているキーを押した...

テレビ映像イメージ

DVD録画の方法・やり方・手順や使い方・流れ

テレビの番組を普段録画するとき、たいていハードディスクに録画するのですが、気に行ったドラマ等有るときは、全話録画し合いの...

Redhead hair and hairdresser's tools - Stock Image

髪の毛セットの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

男女共に髪毛のスタイルを色々変えておしゃれを楽しむことがあります。その日の気分で、好きなスタイルにセットして出かけること...

m001-1301

ダスト舗装施工の方法・やり方・手順や使い方・流れ

グラウンドをダスト舗装する際には「石灰ダスト」と呼ばれる最大粒径2.5mm以下という非常にきめ細かい資材を使った舗装作業...

m001-061

【シーネ・固定】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどに...

人が長い一生を生活するうえで、一度も骨折や捻挫といった怪我をしたことがない人というのは、おそらく存在しないはずです。 ...

m001-410

フラフープの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

フラフープの遊び方の基本と言えば、腰で回すやり方です。腰で回す事が出来るようになるまでは練習が必要です。しかし、やり方や...

Concentrated businesswoman using computer monitor in the office

画像透過の方法・やり方・手順や使い方・流れ

イラストの画像透過処理をおこなうには、それに対応しているソフトの使用が必要となってきます。透過に対応しているデータ形式と...

m001-1127

ミモザ剪定の方法・やり方・手順や使い方

ミモザ剪定は、花芽が出る夏前に行います。剪定の際には、その後の樹形を整えるために生えたばかりの短い枝は残すようにします。...

m001-0932

デュアルブートの方法...

普通のパソコンは1つのOSで動いています。OSというのは...

m001-0536

IPHONEメール一...

IPHONEには初期状態から、メールのアプリがダウンロー...

Beautiful Sleeping Woman

【熟睡できる】方法・...

熟睡できる方法はいろいろあります。現代人はあまり睡眠時間...

m001-245

暗算の方法・やり方・...

暗算は頭の中で計算をするのですが、これを素早くすることに...

m001-301

きくち体操の方法・や...

日本には健康増進のために色んな体操がありますが、その中で...