菌の黒汁使用の方法・やり方・手順や使い方・流れ

菌の黒汁使用の方法・やり方・手順や使い方・流れ

野菜や花といったものを毎年栽培していると、連作障害を起こしてしまうことがあります。その連作障害の対処として菌黒汁使用方法を紹介します。菌黒汁は強力な浄化作用を持つ光合成細菌を含んだ菌体資材です。使用方法は植物を植える一週間前に、肥料と一緒に原液を500倍に薄めたものを、1坪辺り希釈液2Lを目安にジョウロなどで与えます。そして植物の植え付け時にも同量を与え、その後は収穫までに3~4回を目安に与えます。これで連作障害を防ぐことができます。菌黒汁のメリットは多少大雑把な使用方法でも、効果を発揮することです。手軽な使用方法で連作障害を防いでくれます。

菌黒汁使用の方法概要

作物に連作障害の怖れがあるときには菌黒汁を使います。菌黒汁使用方法と手順を説明します。先ず作物を植え付ける一週間前に、土地に牛糞堆肥と元肥を与えます。牛糞堆肥は土壌を改良して土を柔らかくしてくれます。また牛糞堆肥は熟成されたものの方が良く、店舗で購入するときには古いものを探して購入すると良いです。一坪辺りに使う量は3kgほどになります。元肥は追肥では与えられない、根っこに近い部分などに与える肥料で、鶏糞堆肥や米ぬかなどいろいろな種類があります。なので育てる作物にあった肥料を定量、土に与えて牛糞堆肥と一緒に混ぜ込みます。

菌黒汁使用の手順・方法01

土と堆肥などをよく混ぜ込んだら菌黒汁を用意します。使い方は500倍希釈液をジョウロなどで直接与えるというもので、一坪辺り2リットルの目安で与えます。希釈液の作り方は、水10リットルにキャップ1杯の菌黒汁を投入して作ります。このときに濃さが多少濃くなっても作り直す必要はなく、そのまま与えて問題ありません。その後は一週間から二週間に一度、500~1000倍希釈液を与え、収穫までに3~4回与えるようにします。すでに植え付けが終了している作物に与える場合には、一週間毎に500倍希釈液を二度ほど与えて様子を見ます。

菌黒汁使用の手順・方法02

菌黒汁は光合成細菌を含む菌体資材で、連作障害を改善し、植物の成長を促進するために開発されたものです。毎年同じ場所に同じ科の植物を植えると、土中の栄養素に偏りができることやその植物からでる毒素や特定の病気で連作すると障害が起こるようになります。菌黒汁は、自然界で浄化作用をもつ光合成細菌の中でも特に活発な働きをするものを培養してあり、土に入れると急速に増殖して病害菌を駆除し、生育に障害のある物質を分解除去するため連作障害に効果があるのです。使い方は簡単で安全性が高く、2~3週間で効果を発揮し、製品に有効期限もないため無駄にならず経済的です。

菌黒汁使用の手順・方法03

菌黒汁使用の手順は、種や苗の植え付け1週間前に牛糞堆肥と元肥となる油かすや鶏糞などの有機肥料を土に混ぜて、しっかり耕したら菌黒汁の500倍希釈液を1坪あたり2リットル撒きます。希釈液は500倍よりも濃くなっても濃度障害は起きないので、神経質にならずに作れます。種まきや苗を植えた後、500倍希釈液で水やりします。その後は1~2週間に1回、500倍から1000倍の希釈液を収穫までの間に3~4回与えます。根もとから根が広がっている周辺にたっぷり与えますが、同時に植物にかけると、葉や茎がいっそう元気になります。

菌黒汁使用の手順・方法04

念願の田舎暮らしを始め家庭菜園も軌道にのった頃、直面したのが連作による土壌のやせの問題でした。実際こういった問題があることにこれまで気がつかなかったため、年々悪くなる作物の出来に内心疑問を感じていたのです。隣家の方が、おそらく連作障害が起きているのだろと教えてくれたので、何か良い方法がないかと思案していた所、ある広告で菌黒汁という液剤があるのを知りました。この液剤は純粋な細菌の力で土壌を改良するという説明がされており、作物にも悪影響を与えないということでした。そのため体にも安心と思い早速注文してみることにしたのです。

菌黒汁使用の手順・方法05

菌黒汁が届いてまず驚いたのが、そのシンプルな外観です。キャップ式の使いやすい入れ物に入っており、すぐに手元で使用することが出来ます。使い方の手順を読んだ所、適度に薄めて土にかけるだけという手軽さでした。早々にじょうろを用意して、液剤を垂らし、水で薄めてみました。この時点では菌黒汁使用の効果に半ば半信半疑でしたが、とりあえず指示通りにやってみることにしたのです。菌黒汁を散布して数週間後、作物の様子を見に行くと、何となく根元がしっかりとしてきたような気がしました。聞くところによるとこの菌黒汁は、効き目が早いという特徴があるそうです。

菌黒汁使用の考察

菌黒汁使用で植物の連鎖障害を防ぐことが出来ます。連鎖障害とは、花や野菜などに起こる現象で、毎年同じ場所で同じ種類の野菜や花を育てると栽培の管理をいくら厳しくしても作物が育ちにくくなり病気にかかって枯れてしまうことです。連鎖障害を防ぐには土壌に含まれる養分の偏りや土壌に含まれる病原菌の蓄積を防ぐ必要が有ります。その栄養分の偏りや土壌に含まれる菌に対して有効なのが菌墨汁なのです。菌墨汁に含まれる光合成細菌という菌が作用することによって連鎖障害を防ぐことが可能になり、植物の成長が安定するようになります。

菌黒汁使用のまとめ

無農薬でバラ栽培をしています。無農薬ですとどうしても黒点病、うどん粉病に悩ませらられることになりますが、週に1度菌黒汁使用し、水やりの際に与えていた今年はいつもの年ほどバラに病気が出なかったように感じます。葉にもかけるようにしていましたらが、特にうどん粉病にはてきめんに効果があると感じました。バラだけに与えていましたが、周りの宿根草なども例年になく生き生きとしていていますので、やはり菌のおかげで庭の土が元気になっているのを実感します。庭植えのバラもそうですが、特に鉢のバラに菌黒汁の使用は、無農薬栽培に必須と感じました。これからも継続して使っていきたいと思っています。

菌黒汁使用で使った言葉の意味・使い方

"菌黒汁使用に関して安全性は極めて高いものと言えます。 なぜなら、原材料は水と光合成細菌、光合成細菌を増殖させるための牛糞だからです。 そのため、誤飲や肌に直接ついてしまっても影響がない成分となっています。 このことから、野菜に直接かかってしまっても安心して食すことができます。 また、特殊肥料登録品で有機JIS規格も取得しているため、信頼して使用することができます。 それに加え、牛糞を使用している肥料であるにもかかわらず、無臭であるため、大変扱いやすい肥料です。 そのため、連作障害などに悩んでいる方には大変有効的な肥料と言えます。"

菌黒汁使用の方法の注意点

連作障害を防ぐのには菌黒汁を使用するのが有効です。その菌黒汁使用方法を紹介します。先ず作物の植え付け前の場合には、菌黒汁を使用する前に土に牛糞堆肥と元肥を与えて、土を良く混ぜます。そうしたら濃度を500倍に薄めた菌黒汁をジョウロなどで与えます。与える量の目安は一坪(約3.3平方メートル)辺り2リットルです。種まきや定植はそれから一週間後に行います。そして種まきの際にも希釈液を与え、それ以降は作物の様子を見ながら、一週間から二週間に一度の頻度で収穫までに3,4回与えます。すでに植え付けてある作物に使用する場合には、500倍希釈液を様子を見ながら一週間に二度ほど与えます。

fresh ginger root. plant

生姜の芽出しの方法・やり方・手順や使い方

生姜芽出しの準備として、プランターなどの容器と土を用意します。まず、容器の半分程度に土を入れて平にならし種生姜を等間隔に...

m001-1052

3DS修理の方法・やり方・手順や使い方

3DSが壊れるまで使っている人はそんなにいないと思いますが、壊れてしまったときには修理にけっこうお金がかかります。でもわ...

m001-1334

MINECRAFTバージョンアップの方法・やり方・手順や使い...

MINECRAFTは家でできるオンラインゲームの一つで人気が出てきています、バージョンアップの方法なども覚えておくといい...

m001-0751

妖怪ウォッチ合成の方法・やり方・手順や使い方

妖怪ウォッチの合成でおすすめされるのが、序盤からともだちにできる、ぜっこう蝶とゼッコウ蝶の組み合わせです。ウォッチランク...

Closeup mid section of a fit woman with stomach pain against tree in green field

腹式呼吸の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

合唱や歌を楽しさ時において腹式呼吸という言葉がよく登場しますが、元々これはどういう呼吸法であるか調べていきます。これは主...

m001-0694

ナスの剪定の方法・やり方・手順や使い方

夏の代表的な野菜であるナスは剪定をすることにより、品質の良い大きなものが収穫することができます。本柱から出てきた側枝を3...

m001-133

田んぼのトラクター代掻き方法・手順・使い方、メリットデメリッ...

お米を作るためには田んぼが必要です。田んぼを耕しその土地にお米の苗を植え大切に管理をして育てなくてはなりません。お米を作...

m001-0998

アドエア250ディスカス使用の方法・やり方・手順や使い方

アドエア250ディスカス使用時に発生する薬の副作用の一つに声枯れがあります。 その副作用を効果的に防ぐには、使用方法に...

m001-1203

発達障害検査の方法・やり方・手順や使い方・流れ

生まれつきの障害である発達障害というものは、見かけ上や通常の生活を送る上では目立つことが少ないものがあると言われています...

m001-1293

ハイフラ防止取り付けの方法・やり方・手順や使い方・流れ

ウインカーをLED化した場合、ハイフラ防止取り付けをする必要があります。ハイフラとは、ハイフラッシャー現象の略で、高速点...

P

【体重を減らす】方法...

まず体重を減らすを落とすう事は脂肪を落とすという事になり...

m001-192

太鼓さん次郎の方法・...

太鼓さん次郎とは、一体どういうものなのでしょうか。一言で...

D

グラウト施工の方法・...

グラウトとは、建設工事において空洞や隙間などを埋めるため...

m001-011

【断乳】方法・手順・...

子育てを経験した人が誰でも通る「断乳」。断乳とは親の都合...

s

パソコンメールの方法...

パソコンメールを利用したいという方は、パソコンのメールソ...