国旗掲揚の方法・やり方・手順や使い方・流れ

国旗掲揚の方法・やり方・手順や使い方・流れ

世界には200前後の国旗が存在していますが、国旗掲揚においては起立することが最低限のマナーです。直立不動でピクリとも動いてはいけない、とまでは言えません。しかし、掲揚中に周囲の人とおしゃべりするなどは国際マナー違反ですし、周囲をキョロキョロ眺めるのも失礼です。基本的には、掲揚される国旗を各個人が起立して黙って見守ることがマナーです。もしも座ったまま無駄話をしていたり、明らかに国旗以外のものに視線を向けていたりするのは、その国に対する侮辱だと受け止められてしまうと考えるべきです。国旗は、公の場では絶対に軽視してはいけません。

国旗掲揚の方法概要

まず、国旗自体ですが、きれいな物を使いましょう。古いものは非公開の場で焼却します。公衆の面前で燃やすことは国際マナーに反します。国旗掲揚は日の出から日没までに行い、雨天の場合は屋外に掲揚しません。屋内でスペースの関係から国旗を縦に掲揚せざるを得ない場合には、旗竿部分を上にします。縦の場合は、カントンと呼ばれる星条旗の星の部分がある国旗は、カントンが左上にくるようにするのが一般的です。カントン部分が無い国旗は、国ごとルールがあり、注意が必要です。縦の掲揚は禁止という国もあります。三脚を使って国旗を設置する場合も注意が必要です。三脚の使い方は、旗が地面に触れないように高さを調節することが肝心です。

国旗掲揚の手順・方法01

建物の内側から見て右から、国連方式のアルファベット順に並べます。国旗の大きさは同一にします。旗竿の高さは同一にします。これは坂の上に複数のポールがあると、長さが一定でも高さが違ってしまうからです。掲揚する順番は、建物の内側から見て右側の旗から順番に掲げます。降ろす順番はその逆に、最初に掲揚した旗を最後にします。重大なマナー違反としては、一つの旗竿に複数の国旗を上下に配置することがあります。下の国は属国扱いになるので、とんでもない侮辱です。その他、国旗と団体旗は併揚しないことなどがあります。国連旗だけは例外です。旗をしまう時も決まった手順がありますので、慎重に敬意を持って取り扱いましょう。

国旗掲揚の手順・方法02

 国際的な交流の場面では、歴史、文化、言語などの違いから、誤解や不信が生じやすくなります。相手への敬意とすべての国を平等に扱うことを基本とするプロトコールは、お互いを認め合い、心地よいコミュニケーションを図るための共通認識として重要となります。そして、無用な誤解や争いを避け、外交を円滑に進め、国の関係発展・信頼構築に重要な環境作りとなる大切なものです。 その中の一つである、国旗の掲揚は重要な一つであり、細かい原則があります。国旗の扱い方・使い方の重要性や掲揚の詳しい手順等を下記にて具体的に説明していきます。

国旗掲揚の手順・方法03

 国旗は国の象徴であり、国旗に敬意を表すことは国際社会の基本的なマナーです。そこで、外国からのお客様をお迎えする際、国旗掲揚についての国際マナーが存在します。基本原則として「右上位」で、日本で賓客をお迎えして両国の国旗を掲揚する場合、日本ではお迎えした相手国の旗を上位と捉えるため、通常右(向かって左)に外国国旗、左(向かって右)に日本国旗を掲揚します。その他にも日本国旗と外国国旗を同時に掲げる場合は国旗の大きさとポールの高さを同一にするなどのルールがあります。 国際社会での共通する基本的なルールやマナーを理解し、実践することが、お互いを尊重しながら国際交流・国際理解が進む一助となるのです。

国旗掲揚の手順・方法04

自分の国以外の国旗掲揚をする場合においてのマナーとして、他国の文化も合わせて尊重することが大切な要素となっています。手順として自分の国の文化との違いを事前認識したうえで、相手の国の文化や習慣を守ることも大切です。自分の国では大丈夫でも相手の国では禁止事項というケースは多いので、その点については十分に配慮をすることが大切です。また国旗を同時に掲げる場合においては、外側から見て左側の国が上位という意味合いがあります。そのため使い方として自国に招く場合には国旗を左に設置して、逆に招かれるケースについては右側に配置される流れとなります。

国旗掲揚の手順・方法05

 セレモニーなどで国旗を掲げる場合ににおいて、国際マナーとして基本的に汚してはいけないというルールがあります。具体的には土を付けることは禁止事項となっており、地面に付かない高さに国旗を設置していく流れとなっています。また晴天ではなく雨天の場合においても、外に掲げておくと雨で濡れてしまうので屋外には掲げないルールがあります。複数の国旗を掲げる場合においても、どの国のものも高さについては公平にする必要があります。また1本の旗竿に2つ以上の国旗を掲げる行為については、マナー違反となってしまいます。国旗を掲げることは色んなマナーがあるので、国民として覚えておくことはとても重要となります。

国旗掲揚の考察

国旗というものはその国を象徴するものであり、国際社会においてその国の存在を示すものです。国内においては国や行政が運営する教育機関や官庁において掲揚されており、国民や国際機関に対して公機関であることを証明することにもなります。掲揚されている国旗に対してはどの国であっても市民は敬意を表することが国際マナーであり、国旗に対する侮辱行為はその国や国民に対する無礼になると言われています。それほど掲揚されている国旗は重要なものであり、尊いものであると言えます。掲揚されていない国旗は公機関のものではない為、その扱いは個々の判断に任せられています。

国旗掲揚のまとめ

国旗掲揚は上記で記述した公機関だけではありません。例えば、国際機関の事務所のビル前や、各国に駐在する大使館の前の他、日本で言えば各国の大統領や首相、大臣級の訪日に合わせて空港や訪問先のビルなどで掲揚する場合もあります。その他、国際競技大会などで好成績になった選手を称え、その選手の住む国の国旗を掲揚したり、国際音楽コンクールなどでも掲揚します。これらも国際マナーの一貫であり、人物に対する敬意は国旗を掲揚することで示すことができます。訪日などの場合、自国の国旗より上に他国の国旗を掲揚する場合もあります。そうすることで更に高い敬意を示すことになります。

国旗掲揚で使った言葉の意味・使い方

駐在する国において大規模な災害や重大な事件、元首の崩御及び逝去があった場合、通常の掲揚位置より下に下げて掲揚する場合があります。これを半旗と言います。各国大使館は半旗を必ず行う必要はなく、基本的には大使及び本国により自主的に行われる場合が多いです。しかし、国際マナーに準ずれば、上記の件であれば通常行うことが多いです。その駐在する国の国民と共に弔意の気持ちを共有する意味でも必然的なことです。国旗は敬意を表するものであり、弔意を表するものでもあります。その扱いは十分に気を付ける必要があり、たとえそれが一般市民が持つ小型のものであっても大切に掲揚しなければなりません。

国旗掲揚の方法の注意点

国旗はその国を象徴するものです。外国からお客様をお迎えした時には国旗に対して敬意を表すのは基本的な国際マナーであり、敬意を表す方法として、日本では起立し、男性は帽子を取り姿勢を正すのが一般的です。 また、国旗掲揚では右側(向かって左側)に外国の旗が見えるように掲揚する「右上位」がルールとされています。テーブルの上などに国旗を並べる際も、右上位がルールとなっています。上座下座やプレスの位置によって変更されることはありますが、基本的には右上位です。 一つ間違えば国際問題ともなりかねません。ルールとマナーを守って、気持ちよく外国のお客様をお迎えしたいものです。

m001-0666

ヤフーメールアドレス取得の方法・やり方・手順や使い方

メールアドレス取得のためには、ヤフージャパンのIDを作成しなければなりません。作成はとても簡単です。まずは、ホームページ...

m001-0702

ディアンシーの入手方法・やり方・手順や使い方

ディアンシーは幻のポケモンのため、通常のゲームプレイでは入手できず、イベントによる配布によってのみ入手できます。ディアン...

m001-0941

タスクバー移動の方法・やり方・手順や使い方

Windows7でタスクバー移動を行なうには、まず最初にタスクバーを右クリックします、右クリックしたらコンテキストメニュ...

m001-012

【苔を取る】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについ...

日々の生活の中では、「目障りな苔を取り除きたい」と考えている人は多いものです。そして、実際に自分で苔を取る人もいます。そ...

Vintage silverware

銀を磨く方法・やり方・手順や使い方

銀は酸性やアルカリ性に弱く、こまめな手入れが欠かせません。ここではその手入れに使う身近な道具の紹介をします。銀製品の黒ず...

Web Design Content Creative Website Responsive Concept

ホームページ更新の方法・やり方・手順や使い方

ブログのない時代はホームページ(略してHP)を作成しないと発信できませんでしたが、今はアドレスを持たないツイッターやEU...

m001-374

玉ねぎ保存、吊るし方の方法・やり方・手順や使い方・流れなどに...

玉ねぎは収穫後に乾燥させてから出荷されています。他に同じような出荷方法をするのはニンニクがあります。これらの種類の野菜は...

m001-222

座敷わらしに会う方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

座敷わらしについては、東北地方にその逸話が多くあります。子供の姿をした霊が出るという話には歴史の中での悲しい事実がありま...

Alarm clock

眠気を覚ますツボの方法・やり方・手順や使い方

眠気を覚ますツボは、まず目頭とその下のツボを押すことです。これは眠気がある時に目を擦る人が多いですが、ここにはツボがある...

m001-0576

医療費確定申告の方法・やり方・手順や使い方

自分を含む家族の医療費、またその通院にかかった交通費などの合計が10万円を超える場合、確定申告によって税金の一部が控除さ...

m001-0488

アンドロイドのアップ...

アンドロイドのソフトというものは、基本的にグーグルがオリ...

m001-331

地鎮祭の方法・やり方...

地鎮祭はとこしずめのまつりとと読むのが正式な読み方となり...

m001-094

収納の方法・手順・使...

収納のスペースを確保する方法としておすすめなのはS字フッ...

a hair styling

編みこみの方法・やり...

編みこみヘアーはある程度の髪の長さがあればショートヘアー...

m001-0712

スプーン曲げの方法・...

一番基本的なスプーン曲げのやり方です。まず一本のスプーン...