【発声練習】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

【発声練習】方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

発声練習の具体的な方法は、世の中には数え切れないほど沢山あると言っても過言ではありません。実際、インターネットで検索すれば様々な方法が出てきます。
しかし、それらの全ての方法に共通していることは、「これを実践すれば一発で発声が良くなる」とか、「このやり方なら、即、歌が上手くなる」などという即効性のある発声練習法などは一つも無いということです。
発声練習とは、基本的に地道な反復練習だと考えて間違いありません。毎日コツコツと練習して努力を積み重ねて、悪いところを少しずつ改善していくのです。楽して一足飛びに改善することなどできないのです。

発声練習の方法概要

そんな数多くの練習法の中から、まずは自分に合うと思われるものをピックアップします。そして、それらの中から更に最適と思われるものを取り出して、最終的なものに絞り込むのです。 その際、自分の好みだけで一つを選ぶのは賢明ではありません。できるかぎり専門家の意見を聞いて選ぶべきです。なぜなら自分の好みには客観性が乏しく、自分に最適なものは選びにくい傾向があるからです。 この傾向は、音楽やボイス・トレーニングなどの経験や基礎知識が不足している人ほど顕著です。自分が好むやり方は、自分に最適とは限りません。むしろ、安易な方向へ流れてしまう危険があります。

発声練習の方法その1

自分のレベルを正しく把握するには、自分自身の目よりも専門家の目のほうが確かであることは言うまでもありません。しかし頼れる専門家が身近にいないなら、それに近い人のアドバイスでも参考にはなります。ですから家族や友人などに相談して練習法を決めることにも、一定の効果はあります。 そのようにして発声練習の具体的なやり方が決まったら、一回の練習の手順や流れ、一回当たりの所要時間などを検討します。その際、無理のない計画を立てることが大切です。発声やボイトレなどは、長時間やれば良いというものではありませんし、無理をすると喉を痛める危険があります。

発声練習の方法その2

どんなに素晴らしい練習プログラムも練習用具も、使い方を間違えると逆効果になります。それはスポーツなどでも同じです。発声やボイトレなどでも、是非、そのことを肝に銘じましょう。 たとえば発声には割り箸やペットボトルなどを用いた独自のものもありますが、それらの使い方を間違えると思わぬ怪我などの危険もあります。練習の手順や流れなどは、念には念を入れて確認しておきましょう。 とにかく何か用具を用いる際には、安全第一です。特にその練習に慣れないうちは、自分なりの適当なやり方などは厳禁です。決して油断せず、一つ一つの手順を入念に確認します。

発声練習の方法その3

どんな発声やボイトレにも、その人の年齢に応じた最適な方法があります。たとえばヨガの呼吸法を取り入れたボイトレには独特な深呼吸がありますが、深呼吸一つ見ても大人と子供とでは全然違います。深呼吸の回数や量などには、年齢によって大きな差があるのは当然です。 そもそも練習には対象年齢があります。特に発声やボイトレにおいては、実に幅広い年齢層の人たちを対象としています。歌唱力を向上させたり上手にアナウンスができるようになりたいなら、ただ何となく闇雲に練習しても効果は薄くなります。自分の年齢や体力に相応しい練習が不可欠なのです。

発声練習の方法その4

発声やボイトレは、一人でも練習できますし複数でも練習できます。どちらにもメリットとデメリットがありますが、可能であれば両方の練習を適宜に使い分けるのがベストです。 たとえば一人の練習がマンネリになったら、仲間と練習すればリフレッシュできてお互いに良い影響を与え合えます。また、普段から合同練習ばかりしていると、時には各自のレベル差などで物足りなさを感じることもあります。そんな時には個人での練習も併用すると効果がアップします。 とにかく、発声やボイトレには単調な反復練習も多いので、飽きの来ないように変化を付けて少しでも楽しく続けることが大切です。

発声練習の方法その5

発声やボイトレにおいては、絶対に外すことのできない二つの大きな目的があります。それは、声量のアップと滑舌の向上です。ですからどんな練習においても、常にその二点だけは意識しておきたいものです。その二点こそは練習の原点であり、原点を見失ってしまえば練習は無意味となります。 また、それ以外にも各自の課題や弱点などが必ずあるはずです。それらを克服するためにも、発声やボイトレの練習は必要なのです。その際に重要なポイントは、各自の課題克服のために目的感を明確にすることです。練習の目的とするゴールを明確に見据えているほど、練習効果が上がるのです。

発声練習の考察

発声やボイトレは、まずはストレッチなどから開始することが基本です。発声は喉や口だけではなくて体全体で行うのですから、それは当然です。ですから、適度に肉体を鍛えることも大切なのです。特に水泳やジョギングなどは、筋肉を鍛えると共に肺活量も増やせるので効果的です。運動も練習の一連の流れの中に組み込みたいものです。 しかし、メンタルを鍛えることの大切さも忘れてはなりません。たとえばアナウンサーや歌手を思い浮かべると、人前で上手に歌ったり話したりしなければならないのです。それは、メンタルが弱ければ絶対に務まらない仕事です。

発声練習のまとめ1

歌を歌ったりアナウンスをするということは、聞かせる相手が存在するということを意味します。その相手の人数が多ければ多いほど、人は誰でも緊張します。この緊張が曲者です。緊張とは、伸びやかで美しい発声にとっての天敵と言えます。 実際、発声練習で歌唱力を磨き上げたのに本番舞台で緊張して歌が上手に歌えなかったというような話は、世の中には幾らでもあるのです。せっかく練習して上達したのに、こんなにもったいないことはありません。 ですから普段の発声練習やボイトレにおいては、メンタル・トレーニングも常に意識しておかなければならないのです。

発声練習のまとめ2

多くの発声練習においては、メンタル・トレーニングが不足しています。腹式呼吸、筋トレ、正しい姿勢、鼻腔共鳴、滑舌、音程、抑揚など、フィジカル面の練習は実に充実していますが、その反面、メンタル面は不足しがちです。 しかし、練習でどんなに上手にできても、本番で上手くできなければ意味がありません。それはプロの歌手でも素人のカラオケ歌いでも、基本的には同じことです。ですからメンタルを鍛えずにフィジカルばかり鍛えても片手落ちです。 確かに人前でも全然緊張しない人ならメンタル強化は必要ないでしょう。しかし、そんな人は間違いなく少ないのです。

発声練習の方法の注意点

喉の使い方で大切なことは、リラックスです。リラックスした時こそ、喉は最大限の実力を発揮するのです。逆に緊張状態ですと、喉は実力を発揮できません。それは喉だけに限った話ではなくて、実は体全体においても言えることです。 人間の肉体は緊張すればするほど、実力を発揮できなくなります。それは誰もが経験していることではないでしょうか。ですから発声やボイトレにおいても、本番舞台でもリラックスできるようにメンタルを鍛えることが大切なのです。 そのためには、自分なりの緊張克服法を身に付けることも一案です。その土台ができてこそ、発声練習も活かされるのです。

m001-0687

パソコンバックアップの方法・やり方・手順や使い方

パソコンバックアップの方法は基本的に2つあり、リカバリディスクを作成する方法と、データを別の記憶デバイスに移す方法があり...

m001-062

【ぎっくり腰・治す】方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

人間が一生を生活していく中で、ぎっくり腰をはじめとした、腰痛を経験しない人はいないといわれるほどに、腰痛は我々の生活に非...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レートウォン計算の方法・やり方・手順や使い方・流れ

韓国旅行の前にレートウォン計算をする際、1円が何ウォン、逆に1ウォンで何円、とその都度自分で考えると話がややこしくなるの...

m001-225

高齢者体操の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

いつまでもアクティブに、そして何よりも自立したライフスタイルを送るためにも、60代・70代・80代となる高齢者にとって、...

m001-075

【白湯ダイエット】方法・手順・使い方、メリットデメリットなど...

白湯ダイエットとは白湯を飲むだけのダイエット方法です。水をいったん沸かしてお湯にしてから、冷まして飲みます。お湯を冷まし...

m001-205

水道水のカルキを抜く方法・やり方・手順や使い方・流れなどにつ...

金魚や熱帯魚にとって、水道水のカルキが有害なのは、常識といっても過言ではないでしょう。水道水のカルキを抜かずにそのまま水...

Group therapy in session sitting in a circle with therapist

ジョハリの窓の方法・やり方・手順や使い方

ジョハリの窓という言葉をご存知でしょうか。自分の事を、自分や他人がどのように認識しているかを確認するための、2×2の4マ...

White smartphone on wooden table

IPHONE初期化の方法・やり方・手順や使い方

スマートフォンを売却したり、他人に譲渡する場合は、完全にリセットしてから渡すことが望ましいと言われています。スマートフォ...

m001-0885

ミントの保存方法・やり方・手順や使い方

ミント保存には3種類の保存方法があります。まず1つ目は冷蔵庫での保存です。この冷蔵庫での保存の際は濡らしたキッチンペーパ...

塩レモンの仕込み

塩レモン保存の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

塩レモンとは、レモンを塩に漬けて発酵させた食品のことで、そのまま食べることもできますし、調味料としても使うことができます...

暗証番号

ゆうちょ銀行ATM操...

日本には数多く銀行がありそこではお金に関する手続きが行え...

m001-0921

ハードル練習の方法・...

初心者向けのハードルの練習方法を紹介します。まずより早く...

m001-251

ヤスデ駆除の方法・や...

これは一般的に考えた場合、都心部に住んでいる人と言うより...

Closeup portrait of a woman using smartphone

LINEメールを消す...

LINEの未読や更新通知というものは、即座に知る必要があ...

m001-0547

2台パソコンをつなぐ...

パソコンを複数台持っていると、お互いに情報を共有して管理...