ビーズ刺繍の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ビーズ刺繍の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

ビーズ刺繍は大人の女性を惹きつけます。子供の頃に遊んだ思い出があり懐かしさと共にこんなおしゃれなものだったんだと改めて感じさせてくれます。服や小物にビーズ刺繍が施されているだけで魅力的に感じます。それだけ、あの小さいなビーズには力と魅力があります。そのビーズを使った刺繍をマスターしてみましょう。手持ちの服や小物の印象がこの刺繍をするだけでガラリとその雰囲気を変えることができます。簡単なものから始めて、徐々に難易度を挙げていけばマスターしやすい技術です。色とりどりのビーズを布に刺していくのは楽しい作業です。

ビーズ刺繍の方法概要

刺繍を始めるさいに取り揃えておきたい道具類があります。ビーズ専用針と糸、あると便利なのがビーズ用トレーです。これはビーズを種類毎に入れておくケースです。作業の最中に使うビーズを分けて入れておくと作業がはかどります。ビーズはできるだけ種類が多ければ多いほど作るものの幅が広がります。ついでにスパンコールやパールなども取り揃えておくといいでしょう。迷ったら、自分の好きな同系色で取り揃えてみましょう。切れ味のいいハサミも必要になります。裁縫用の糸切りバサミや裁ちバサミで十分です。針は必ずビーズ用の針を使用しましょう。裁縫用の針だとビーズの穴に針が通らないので注意しましょう。

ビーズ刺繍の手順・方法01

ビーズを縫い付ける土台が必要になります。布であれば何でもいいのですが、フェルトを土台にするのがお勧めです。フェルト生地は少し固めのほうがやりやすいでしょう。小さなビーズを種類ごとに分けて収納できるケーもあると便利です。チャコペンシルも下書きするときには必要になります。安く取り揃えたいときは100円ショップがお勧めです。大抵のものは売られているので安く取り揃えることができます。手芸店に行く前に少しのぞいてみましょう。これらの道具類が取り揃えておきたい道具類です。ぜひ、始める前に取り揃えておきましょう。道具類を取り揃えてから作業を始めるとスムーズに作業を進めることができます。

ビーズ刺繍の手順・方法02

ビーズには基本の刺し方があります。まず、1粒のビーズを刺繍していく方法を覚えましょう。手順は生地から針を出して、ビーズ1粒を針と糸に通しそのビーズの幅に合わせて針を右に刺します。次につけるビーズの位置から針を出してビーズを1粒通します。右へ右へと刺していきます。違うやり方として、生地から針を出して、ビーズ1粒を針と糸に通し、ビーズの幅に合わせて今度は左側に針を刺していきます。2粒目のビーズを刺す位置から針をだして、ビーズの幅に合わせて左側に針を刺していきます。左へ左へとビーズを刺していくのではなく、ビーズを刺す方向は右へ右へと刺していく方法です。

ビーズ刺繍の手順・方法03

基本はこれだけではなく他にも色々とあります。基本はビーズを刺していくのですが、スパンコールを入れたりクリスタルをいれたりするときもあります。そのときはスパンコールやクリスタルの縫い付け方をする必要があります。WEB上では基本の縫い付け方などを図解入りで紹介しているサイトがたくさんあります。これらのサイトを参考に縫い付け方刺繍のやり方や手順を覚えていきましょう。動画でも丁寧に解説されているものも数多くあるので動画も参考にしてみましょう。また、趣味でブログにやり方や手順をアップしている人も数多くいますので検索してみましょう。

ビーズ刺繍の手順・方法04

初心者さんにお勧めなのがキットです。必要な材料がすべてセットされているものです。これだとビーズ選びに迷うことなく作ることに専念することができます。また、技術の向上に合わせて難易度も上げていくことができます。キットは初心者レベルから上級者向けまで様々な難易度のものが販売されています。初心者さんは最初はこのようなキットを購入してチャレンジしてみましょう。もちろん、一番優しいものから始めてください。いきなり難易度の高いものにチャレンジすると挫折の原因になります。まずはキットの説明書どおりの手順で作り作品を完成させましょう。

ビーズ刺繍の手順・方法05

ビーズ刺繍をしているうちにもっと、その奥深さに触れたくなったら教室に通ってみましょう。教室には同じ趣味の人たちがいます。話も合うしはずみます。また、技術を講師から直接教えてもらうことができます。わからないときにすぐ、聞くことができるので技術の習得が速くなります。また、近くに有名な先生の教室があるならぜひ通ってみましょう。その先生のセンスや技術を学ぶことができます。これは本などでは学べないことです。独学もいいですが、同じ趣味の仲間づくりもかねて教室を探してみましょう。気になる教室を見つけたら見学させてもらいましょう。

ビーズ刺繍の考察

近くに通いたい教室がないときは通信講座の受講を考えてみましょう。WEBで検索をかければいくつかの講座がヒットします。期間や習得できるレベルは講座ごとに違いがあります。自分が学びたいレベルの講座を探しましょう。多いのは初心者向けの講座です。期間は半年程でキットがついており、添削があるものとないものとに分かれます。技術の習得を目指すなら添削がついている講座がお勧めです。疑問点や不明点には答えてくれる講座が多いです。費用は添削指導がついている場合は9万円ほどになります。プロ講師を養成しているコースを設けている通信講座もあります。

ビーズ刺繍のまとめ01(使い方や注意点など)

アクセサリーを作るのも人気があります。ヘアゴムやブローチなどの作り方をアップしている人も多くいます。それらのサイトを参考にしながら、材料を自分で買いそろえれば自分好みのヘアゴムやブローチを作ることができます。デザインも凝ったものから初心者向けまで様々です。丁寧に解説しているサイトもあります。取りそろえる材料から手順や流れなどを写真と文章で丁寧に説明されています。このようなサイトを参考にすれば作りやすいでしょう。また、最後の仕上げの流れも参考になるでしょう。自己流で仕上げていた人は参考にしてみましょう。

ビーズ刺繍のまとめ02(使い方や注意点など)

光をうけるとビーズはきらきらと煌めきます。宝石には遠く及ばないもののその煌めきは多くの女性を虜にしています。ファッションでもビーズがほどこされた服は人気があります。首回りに流れるようにほどこされたビーズ刺繍に心惹かれる女性は多いです。また、ワンポイントの刺繍としてもビーズ刺繍は人気があります。ビーズの色味は無限にあるので様々な色味のビーズ刺繍をすることができます。無地の服でもすこしビーズ刺繍がほどこされているだけでとっておきの1着へと昇格します。ただ、ビーズ刺繍がついている服の取り扱いには注意が必要です。特に洗濯のさいにはビーズが落ちないように丁寧な方法で洗いましょう。

ビーズ刺繍のまとめ03(使い方や注意点など)

ビーズ刺繍には色々な技法があります。しかし、まずは基本をしっかりと身につけておきましょう。基本の技術を身につけるだけでも様々な表現をすることができます。そこがビーズ刺繍の魅力でもあります。同じ刺し方をしても使うビーズにより色々な表情を楽しむことができます。まずは基本の刺し方で色々なビーズを使用しましょう。ビーズの使い方には決まりがないので、自分の好きな形のビーズを使ってみましょう。刺し方は同じでもビーズの種類や使い方により表情が変わります。ビーズの使い方を色々と工夫して刺繍してみましょう。きっと、自分オリジナルの作品を仕上げることができます。

m001-174

鼻うがいの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

空気中には、ウイルスや細菌などが漂っています。人間は酸素をエネルギーとするために呼吸をしていますが、この呼吸によって、空...

SONY DSC

縄跳び練習の方法・やり方・手順や使い方

縄跳び練習をするには誰にもぶつからない広い所で行いましょう。まず、縄跳びを使わないで飛ぶ練習をします。その場でジャンプを...

Bodybuilding couple against black background

筋肉量を増やす方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

筋肉量を増やしたいと思ったら、何をしたらいいかご存知でしょうか。引き締まった体を手に入れるために、筋肉量を増やすことを考...

パソコン

アイフォン5バックアップの方法・やり方・手順や使い方・流れな...

今やiPhone 6/6 Plusがリリースされ、型落ち製品として使われるようになったアイフォン5。使わなくなったアイフ...

Cropped image of male doctor checking female patients blood pressure in clinic

ためしてガッテンの血圧を下げるの方法・やり方・手順や使い方・...

全国、数千万人が抱えていると言われているのが高血圧で、機械測定したら数値が高く、血圧計の使い方が間違っているのではないか...

f

イベントの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

最近、若い世代から中高年の世代の間で行われるようになっているのが婚活イベントへの参加です。昔では考えられなかったものです...

m001-386

胃腸を強くする方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

現在、胃腸の調子が悪くて悩んでいる人が大勢います。便秘をしたり、下痢気味であったり、またはその両方を繰り返すという人もか...

m001-205

水道水のカルキを抜く方法・やり方・手順や使い方・流れなどにつ...

金魚や熱帯魚にとって、水道水のカルキが有害なのは、常識といっても過言ではないでしょう。水道水のカルキを抜かずにそのまま水...

m001-410

フラフープの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

フラフープの遊び方の基本と言えば、腰で回すやり方です。腰で回す事が出来るようになるまでは練習が必要です。しかし、やり方や...

BLD035034

おむつ交換の方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについ...

おむつというと赤ちゃんの頃からある程度の年齢まで親が変えてあげなくては行けませんね。スムーズに変える上で大切なことをいく...

m001-0707

タイムラインの削除方...

まずLINEで消したいと考える対象となる自分の投稿をタッ...

m001-202

生花の方法・やり方・...

日本には伝統芸術の一つに生花というものがあり、昔から行わ...

h

表示の方法・やり方・...

食品表示とは日本農林規格法により義務付けられたものです。...

m001-1154

シーツ交換の方法・や...

毎日使っていると布団には、シーツが使われていると思います...

m001-0924

なぜなぜ分析の方法・...

なぜなぜ分析とはある一つの問題とその問題に対する対策に関...