パタカラ体操の方法・やり方・手順や使い方

パタカラ体操の方法・やり方・手順や使い方

「パ」は唇をしっかり閉じる練習になるので唇をしっかり閉じた後に開き空気を口腔内から出して発音します。「タ」は舌先に力を入れて発音をしやすくする練習になるので上あご前歯の後ろに舌先を置いて力を入れ口を開きながら発音します。「カ」は食べ物を喉に送り込む時の舌の動きの練習になるので舌を口の奥の方で持ち上げて喉の奥の方から空気を出して発音します。「ラ」は舌が食べ物をまとめる動きの練習になるので舌先を上に上げて発音します。発音は出来るだけハッキリと大きく一音ずつ発音していきます。パタカラ体操はただ発音するだけではなく好きな歌に乗せて発音すると口ずさみやすくなります。

パタカラ体操の方法概要

パタカラ体操はパタカラの各言葉を発音する運動です。各音を発音するにはコツがあります。パの音を発音する場合に必要になるのは、発音ををした後で口をしっかりと閉じた口の使い方をすることです。ただ単にパと発音するのではなく、この口を閉じるという動作までが一連の手順です。ものを噛みしめる筋肉を鍛えられるように、口を動かすのがポイントです。次にタの発音をする場合にもポイントがあります。タの発音をする場合には口の内部にある舌の動きに注意することが必要です。普通にタと発音するのではなくて、舌を口の天井につけるように発音します。

パタカラ体操の手順・方法01

カの発音をする場合にもコツがあります。カの発音をするときの一番のポイントは喉の状態を意識しながら発音することです。カの発音をする場合には喉に自然と力が入って、喉が閉じた状態になりますが、この動きを意識することがカの発音では重要になります。食べ物を飲み込む時を意識するような感覚でカの発音をします。最後にラの発音ですが、ラの発音をする時に大切なのは舌の位置を意識することです。通常のラの発音ではなくて、舌を前歯の裏の部分にくっつけながらラと発音します。普通にラと発音するのではなく、舌を動かして発音します。

パタカラ体操の手順・方法02

パタカラ体操で口腔内の筋力アップを目指せば、年を取った時に口腔内の衛生も保たれるでしょう。筋力があれば、お年寄りでも食べ物を喉に詰まらせることなく、唾液の分泌も促進されるためです。体操の基本手順は、「パ」「タ」「カ」「ラ」とそれぞれ発音するだけです。しかし、それぞれの発音方法にコツがあります。「パ」は破裂音です。発音する時にしっかりと唇を閉じ、勢いよく破裂させて発音するのがポイントです。これにより、唇周りの筋肉が鍛えられ、口の締りを良くします。「タ」は舌の動きがポイントです。しっかりと舌を上顎に付け、発音の際は下顎に向かって舌を投げつける感覚です。

パタカラ体操の手順・方法03

「パ」と「タ」は食べ物をこぼさず口の中で咀嚼するための発音練習ですが、「カ」と「ラ」は、その後食べ物を食道へ運ぶための発音練習です。「カ」と発音する時は、喉の奥に力を入れましょう。喉を一度締め、パッと開けるイメージで発音すると良いでしょう。食べ物を一旦息を止めて飲み込み、喉の奥へ送るための発音です。「ラ」は、舌を上の歯の根元にしっかりと付け、勢いよく下へ運ぶのがポイントです。「タ」と似ていますが、こちらは舌を丸める細かい動きの練習がメインです。舌の使い方を意識し、食べ物をしっかり飲み込むことをイメージして発音しましょう。発音は、一度に一分程度、毎食前に行うとより効果的です。

パタカラ体操の手順・方法04

 パタカラ体操というのをご存じでしょうか。介護職などにつかれていいる方は馴染みがあると思いますが、使い方手順はいたって簡単で、「パ」「タ」「カ」「ラ」と大きく口を開けて発音するだけの体操です。 高齢になると、筋肉の衰えから、物を上手く飲み込めなくなるという嚥下障害が起こりやすくなり、唾液も減ってきますので、食事をスムーズに食べやすくするために、口腔ケアの一つとして用いられます。介護施設では、食事の前に軽く体操を行っている処もありますね。やり方は簡単ですし、家で介護されている方も覚えておかれ、実際にやってみてはいかがでしょうか。

パタカラ体操の手順・方法05

 元々は高齢者向けの口腔ケアでしたが、高齢者に限らず、滑舌を良くするためや、いびきや歯ぎしりをなくすために行う人もいます。口の中に入れて使うパタカラという器具も売られているくらいです。 また、「パ」「タ」「カ」「ラ」を発音することで、表情が豊かになり、肌のシワやたるみの改善、ほうれい線アップといった美容の面でも効果があるようで、女性にはうれしいですね。 そして、介護施設では、カラオケの歌詞を「パ、タ、カ、ラ、」に置き換えて歌うことで、脳の活性化にもつながり、口腔機能の向上と同時に、注意分割機能のトレーニングにつながるそうです。楽しみながら体操ができてよいですね。

パタカラ体操の考察

誤嚥は、唾液や食物が誤って気管に入ってしまうことです。特に、高齢者や、脳卒中のために嚥下障害を有してしまった方に多いです。誤嚥をすると、その誤嚥してしまった唾液や食物に含まれる細菌が気管を通して肺に入ることで誤嚥性肺炎を発症してしまいます。普通、気管に唾液や食物が誤って入ってしまえばむせてしまい、咳をすることで誤って入ってしまったものが排出されます。しかし、高齢者や嚥下障害の方は、感覚低下のために、気管に誤って唾液や食物が入ってしまっても気づかずに咳をしなかったり、咳をしても咳をする力が弱く排出できないことが多々あります。そのため誤嚥を防ぐような対策をしていかなくてはいけません。

パタカラ体操のまとめ01(使い方や注意点など)

誤嚥の予防に有効なのは、呼吸、発音、首や口、舌のトレーニングです。呼吸のトレーニングでは、腹式呼吸を練習することで深い呼吸が可能となります。呼吸機能を高めることで誤って食物が入ってしまっても排出しやすくなります。次に発音のトレーニングです。発音の練習では、パ、タ、カ、ラ、マなどの発音を練習することで食べるときと同じ器官を使うので、口唇、舌の前後の器官を鍛えることができます。よくパタカラ体操と言われています。そして、首や口、舌のトレーニングをすることでそれらの周辺の緊張を取りリラックスすることで飲み込みやすくなります。

パタカラ体操のまとめ02(使い方や注意点など)

嚥下障害とそれによる弊害を防ぐためには食事や衛生面にも気をつける必要があります。食事の取り方は、椅子に深く腰掛け正しい姿勢で食べること、テレビや音楽などを消し食事に集中できる環境を作る、急がずにゆっくり食べることです。食物の形態では、パサパサしたものや噛み切りにくいものは避け、汁気の多いものにはトロミをつけるなど工夫が必要です。そして、食事だけではなく口腔内の衛生に気をつける必要があります。口腔内を不衛生にしてしまうと細菌が増えてしまいそれを誤嚥することで肺炎になってしまいます。これらの食事や衛生面に気をつけ、首や口のトレーニング、パタカラ体操を併用することは誤嚥の予防に有効です。

パタカラ体操のまとめ03(使い方や注意点など)

口腔機能訓練である「パタカラ体操」の方法を紹介します。まず初めに「パ」という言葉を唇をしっかりと閉じて発音します。次に「タ」を舌を上あごにしっかりとつけて発音します。また、舌全体が上あごについていることが重要となります。次に「カ」を喉を締めて発音します。この際、喉の奥に力を入れます。最後に「ラ」を舌をしっかりと丸めて発音します。この際舌の先は上の前歯にしっかりとつけて発音します。この体操を毎食前に行うことでより効果が期待できます。また、毎食前が難しければ1日1回から2回行うことが望ましくなります。

m001-368

血管を丈夫にする方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

私たちは普段何気なく活動していますが、それは血管によって全身に血液が流れているおかげなのです。血液がスムーズに全身を巡る...

m001-141

タイピングを早くする方法・手順・使い方、メリットデメリットな...

パソコンで文字を入力するのが苦手、時間がかかってしまう、それらを早くする方法はないかとお悩みの方は多いのではないでしょう...

m001-1234

風量測定の方法・やり方・手順や使い方・流れ

風の量というものはその時々によって大きく変わるものです。特に天候が不順な時などには風量が逐次変わるものとなっています。そ...

snake

蛇退治の方法・手順・使い方、メリットデメリットなどについて

夏になると山や川に出かけたり、田舎に帰って夏野菜を獲りに畑や家庭菜園にいくことが増えます。そこで出くわす蛇。よくある光景...

m001-0882

ヤフーメール登録の方法・やり方・手順や使い方

メール登録については、ヤフートップページにあるメールのコンテンツから簡単に登録することが可能です。新規メールアカウントの...

m001-0943

ダイヤモンド富士撮影の方法・やり方・手順や使い方

日本一の山として名高い富士山ですが、その中でもダイヤモンド富士は人気が高く、多くのカメラ愛好家たちが撮影にチャレンジして...

m001-0930

テレビ配線の方法・やり方・手順や使い方

現在のテレビは地上デジタルに移行したことにより多くのチャンネルを持っているようです。テレビの性能も格段に上がり、機能の充...

c

ピアスを隠す方法・やり方・手順や使い方

簡単に出来るピアスを隠す方法を紹介します。用意するものは、自分の皮膚の色、特に耳の色に近いファンデーションだけです。そし...

m001-0618

小切手換金の方法・やり方・手順や使い方

小切手換金の方法は、とても簡単です。自分の銀行口座をもつ銀行に小切手と自身の銀行取引印鑑を持参するだけで手続きができます...

m001-0637

骨ストレッチの方法・やり方・手順や使い方

骨ストレッチとは、通常のストレッチとは違い、骨を意識しながら行うストレッチ法で、正式名称は、芯動骨整体といいます。このス...

m001-0975

グーグルクロームダウ...

グーグルクロームダウンロードした方がいいのは世界的にこち...

m001-290

しじみ砂抜きの方法・...

味噌汁か、御吸い物か。汁物の具としてのイメージしか無い人...

m001-0643

経管栄養の方法・やり...

経管栄養とは経口摂取が不可能または不十分な患者や治療上、...

s

【筋肉・トレーニング...

筋肉を鍛えるトレーニングのやり方は色々とあり、鍛えたい部...

m001-1294

ナフサ価格算出の方法...

ナフサとは、原油を常圧蒸留装置によって蒸留分離して得られ...