短距離練習の方法・やり方・手順や使い方

短距離練習の方法・やり方・手順や使い方

私の短距離練習法を子供が試したらどれくらい速くなるのか、試したところうまくいけば距離により変わりますが、三秒は縮められます。まずは、子供は前屈みが多いいので胸を張ること。あとは手をグーにしてよくふること。脇をしめること。後ろをみないこと。犬が嫌いなら犬が後ろを追いかけてくるのを想像することです。小さくても一生懸命手をふればそれだけで、速くなります。あと上記の約束を守りなれるまで毎日すれば運動会のかけっこや競技では、必ず上位を狙えるはずですよ。1度試してみてください。思った以上にタイムが伸びますよ。

短距離練習の方法概要

短距離を走る時に、少しでも速くと思うなら、体を真っ直ぐにして走る、という練習がとても重要です。そんなことはいつもやってる、と思っているのかもしれませんが、これが意外に難しく、大抵はアゴが上がっていたり、左右のどちらかに傾いていることが多いのです。それを矯正する手順としては、まず仰向けに寝そべってください。その状態を覚えておき、立ち上がってみます。できれば、誰かに見てもらえれば良いですが、無理なら全身が映る鏡などがあるなら利用しましょう。この時の注意点としては、アゴを軽く胸の方に引き寄せておく、ということです。

短距離練習の手順・方法01

垂直に立って、軽く膝を曲げます。左右どちらでも良いですが、踏み出す方の足を引きます。これは運動会の徒競走などで見るスタートのやり方です。陸上選手がやる、いわゆるクラウチングスタートの場合も、基本的には同じで、ここから地面に両手をついて腰を下ろすことになります。いずれにしても、構えたら視線を低くしておくことが大切です。スタートしたら徐々に体を起こしていくのですが、猫背にならないように気をつけましょう。手は握りしめてしまいがちですが、軽く開いておきます。よく指も手の平も真っ直ぐにピンと張っている人がいますが、力が入り過ぎてしまうのでやめておきましょう。

短距離練習の手順・方法02

腕の使い方も速く走るためには重要となります。目安としては、アゴの下あたりまで上げて、後ろまでしっかりと引きます。手や肘ではなく、イメージとしては腕全体、できれば肩甲骨まで豪快に動かすといった感じです。次に太ももですが、よく高く上げなさい、という指導をしているのを見るのですが、それでは浮き上がってしまう場合もあるので、そのような時は、前に出すように直してあげると、簡単に改善できることもあります。あとは力まないようにするためには、歯は食いしばらない方が良く、肩が上がると自然と全身に力が入るので、下げるように意識しておきましょう。

短距離練習の手順・方法03

足の速い人のフォームを見ていいると、いかにも体が軽そうで、スムーズであることがわかります。それはなぜかというと、走っているというよりは、どちらかというと「弾んでいる」といった表現の方が近い状態だからなのかもしれません。膝を軽く曲げておき、姿勢を良くしておくと、効率良く前へと体を運ぶことができます。ところが、体が右へ左へと倒れたり、背中が曲がっていたり、膝の角度が深すぎると、反動を吸収してしまい、体が重そうに見えてしまうのです。これは単なる目の錯覚ではなく、見た目が軽やかなら、自ずとタイムも上がってくるものなのです。

短距離練習の手順・方法04

走るためには、右足と左足を交互に入れ替えるということです。これを素早くできればそれだけ速くなるというわけです。頭では百も承知していることではあるのですが、実際にやるとなるとこれがなかなか難しいものです。そこで、太ももをこすり合わせるといったイメージで足を動かしてみましょう。これはあくまでも感覚なので、実際にやる必要はありません。もしもこれではわかりにくいとうのなら、他の表現でも良いです。とにかく自分や教える相手にとって、足を動かすために一番適した感じを、植え付けてあげられるようにするのが大切だということです。

短距離練習の手順・方法05

弾むように走ると良いと先にも説明したのですが、そのために必要なものは、地面を強く蹴る、ということがもっとも大切です。一見すると簡単に思えるのですが、これはタイミングがズレてしまうと、せっかくスピードに乗ったとしても、ブレーキがかかってしまうことになりかねません。真下に押すように、触れるのではなく、しっかりと足で地面を捉えている感覚を覚えましょう。初めはうまくできないかもしれませんが、続けていれば体が覚えてくるので、やがて自然とできるようになってきます。それから、ストップウォッチでタイムを計っておきましょう。それが目標や励みになります。

短距離練習の考察

"短距離で結果を出す為には、まずは脚力を鍛えるトレーニングが必要となり、足腰のバネを使って走るスタンスで、色々と練習方法などでも工夫を凝らしたトレーニングが行われます。 基本的に足腰を鍛えるスクワットなどで筋力をアップさせる事など考えば、足腰が鍛えられる所として、短い距離に強い筋力を作り上げる事が出来ます。筋肉の付き方などもやはりスプリントであればある程度瞬発力の力がいる事となる為、まずはトレーニングでそれをしっかりと発揮出来る状況として考えながら色々なトレーニングを取り入れる事も良い状況となります。"

短距離練習のまとめ01(使い方や注意点など)

短距離走で速く走るための練習として欠かすことができないのが腕振りのトレーニングです。走る際に重要なのは、きれいなフォームで走るということです。腕の振り方がしっかりしていないと、フォームが悪くなり速く走ることができません。腕の振りを大きくすることでストライドが伸び、腕の振りをすばやくすることでピッチを高めることができます。腕の振り方の注意点として挙げられるのは、後ろに引いた肘は伸ばさずに曲げること、脇をあけないで振ること、力みすぎて体が左右にぶれないようにすることなどです。また、腕を後ろに動かす筋肉を柔らかくするのもトレーニングの1つです。

短距離練習のまとめ02(使い方や注意点など)

みなさんこんにちは短距離走の効率の良い練習の仕方は、何回も走るのではなく、自分の体と相談して走ることが大切になってきます。夏の暑い時にひたすら走ることは良いことではありますが、自分が帰って疲れて効率が落ちてしまうということになりかねません。なので、休憩してはしって疲れたら休憩してまた走ってのサークルが大事になってくると思います。冬は暑さに負けることはないので、疲れとかのみ気にした上でやっていだだければ十分だと思います。まあ何より大事なことは無理をせずにいかに効率よくやるかだと思います。人それぞれ個人差はありますが、そこらへんは四分のやりたいやり方でやればよいでしょう。

短距離練習のまとめ03(使い方や注意点など)

短距離のトレーニング方法は、第一にしっかりとしたフォームを身に付けることす。正しいフォームを身に付けると無理なく力を出すことができ結果良いタイムに結び付くというわけです。次にスタートダッシュの練習で、これも正しいフォームの一貫です。まずこの2つを重点的に行いましょう。次に上半身も鍛えなければいけません。しっかり腕をふり安定したフォームを作るには、上半身の筋力が必要になります。腕立て伏せや腹筋、背筋、バーベルでの筋力トレーニングを中心になるべく上半身全体を意識して行いましょう。正しいフォームと上半身の筋力トレーニング、まずはここから始めましょう。

m001-043

【ヤフー・プレミアム会員解約】方法・手順・使い方、メリットデ...

オークションでの出品や無料クーポンなどの特典があるヤフープレミアム会員ですが、毎月の支払いも必要なため不要となった場合は...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

郵便局留めの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

インターネットの普及で、現代はSNSなど多くの方法で人との交流が可能になりました。ネット上でのやりとりは時に危険もありま...

m001-1144

スピーカー修理の方法・やり方・手順や使い方

スピーカー修理はケンリックサウンドがおすすめです。中古ショップをおとずれて買うよりもこのようなところで頼んだ方がいいと思...

m001-0538

IPAD操作の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

現在、タブレット端末が非常に人気になっています。パソコンよりも操作が直観的で持ち運びしやすく、価格もかなり安価なものとな...

m001-0910

ハンドフルートの方法・やり方・手順や使い方

ハンドフルートの基本的な音の出し方は以下のようになります。まず、両手を組んで手のひらの付け根をしっかりと付けます。次に、...

m001-204

数字パズルの方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

数字パズルは誰でも手軽に挑戦する事ができる知能パズルです。一見すると簡単にチャレンジして解くことができるパズルゲームのよ...

m001-1119

ヤマダ電機ポイント確認の方法・やり方・手順や使い方

通常は購入した際のレシートにポイント残高が記載されています。ポイントカードにもカードの表面にポイント残高が刻印されていま...

m001-177

搬送の方法・やり方・手順や使い方・流れなどについて

運輸企業は荷主から依頼を受けて荷物を目的地へと運び、その見返りとして代金を受けとります。これは個人が宅配便で荷物の配達を...

m001-0526

LINE既読にならない方法・やり方・手順や使い方・流れなどに...

LINEアプリでメッセージを送る方法は、簡単な反面、使い方次第で思わぬトラブルや誤解を生む流れになることがあります。アプ...

m001-0592

筆算の方法・やり方・手順や使い方

筆算とは紙に書いて行う計算のことで、足し算、引き算、そして掛け算に割り算も、このやり方で行えます。計算だけなら暗算でもで...

C

NTT西日本MYビリ...

NTT西日本MYビリング登録は無料で行えるサービスで、一...

Domestic printer and paper

IPADプリントアウ...

IPADプリントアウトという方法がありアイパッドから簡単...

m001-0604

体位変換の方法・やり...

体位変換は、介護においては知っておくべき知識であり、コツ...

Desktop computer with small cpu the important office equipment

WINDOWS7復元...

WINDOWS7の動作が不安定になってシステムの復元を行...

m001-213

事故証明書取得の方法...

事故証明書というものがあるのをご存知でしょうか。実際に発...